雪晒し

雪晒し・型紙シェード。

曇りがちな青空の下で、
晴れ間は3時間くらい。

雪晒しの効果は
それでも大きい。

3-22+

濃かった茶色が、


3-22++

うっすらと。


天然漂白のお浄め。


★ 手 順 ★

→ほぐせるものはほぐす。
 洋服はそのまんまでも。
 (布が重なった部分は漂白されにくい)

→いつも通りに洗濯。

→脱水して濡れたままの状態で、
 雪の上に平らに並べる。

→朝に並べて夕方前に取り込む。


*木綿と麻だけ。

*自動車の排気ガスなどで
 雪が汚れている場所は、
 避けて下さい。

*汗染みや汚れだけ漂白されます。

*昔は布団カバーなど大きなものも、
 この時期にまとめて漂白したそうな。

*織元さんが雪晒しを行う最盛期は、
 2月末〜3月初旬の雪融け頃。
 晴れた日にだけ作業します。


3-22

機械織り?
でも、先染め糸の絣。

昨日はいっとき晴れ間がのぞき、
この布を並べたものの、

曇天5時間では、
さすがに効果がありませんでした。

しばらく雨マーク…




3-22*****

細かくて小さな切り込みから
光を通したくて、

伊勢型紙のランプシェード。


3-22******

とても、簡単な仕組み。

型紙を丸めて、
クリップでとめただけ。


3-22****

電球が触れないように、
内側に少し太めのアルミワイヤー。


3-22---

反物が巻いてあった芯が
ちょうどよかったので、

それにワイヤーを
クルクル巻き付け、

コイル状になったら、
すぽんと外す。

両手で円錐状に広げたら、
裸電球を通し、

伊勢型紙をクルリ巻き付ける。


3-22***

形を通して広がる影
(木漏れ日など)に弱く、

引っ越し先のあかりは、
ガラスの電傘とこれで十分。


3-22**

移転完了は5月中目標…




3-22-

春の展示会のお知らせを
いただきました。


3-22--

リース教室のも。

atelier ひと葉さん。

こんな言葉はないけれど、
緑の子育て、ですねぇ。




メモ。

かわしまよう子さん(*)の
ブログ

*廃物(醤油の入っていたプラボトル等)に
 雑草をいけたり、視点を洗い直すような
 作品を作っている方。

3-22+++

最新の記事にある、
生物多様性という言葉。

さみしい時などに
頭に浮かびます。

大きな意志たちが分けた、
複雑できれいな枝葉。


3-22++++

色んな方法、考え、宗教、生活。

花粉に弱い
お酒に強い、
繊細、
強靭、

助ける、
拓く。

どうしてこうなの、
どうしてそうなの、

そういう風に
出来てるんだろ。


ハッカ蒸留水・越後上布の雪晒しと青空。

初めてご来店なお客様が続いた、
ハッカ油のスプレー。

3-8-

何年も前から噂を聞いてたけど
初めて現物を見たという方も。

観光プロジェクトに所属している
友達が話を聞きに来てくれたし、

あとはジワジワ広がれ、
六日町産ハッカ油

年間生産本数が少なくて、
(100%人力生産だから…)
友達はそれがいいんじゃないかと言う。

私もそう思います。

ネットショップに、もうじきアップ予定。

3-8**

今朝もハッカ蒸留水を少量入れた
ハッカ風呂に入りました。

血管を拡張してくれる薬効で、
足先までずっとポカポカ。

それだけでなく、汗のにおいを抑える
デオドラント効果があるみたい。

さらに、残り湯を焚き直しても
古くなったお湯の匂いがしなかった。

殺菌効果が働いてるのかな。

節約になります

メントール臭はほのかで、
薬湯…植物の香り。

とれたてホンモノの
ハッカ蒸留水を販売している例は、
ネット上では見つけられない。

実際これは良いものだし、
売って下さい〜、と
お爺ちゃんと茶飲み話。



油の販売前は、
保健所さんに現物を提出して、

成分分析→販売許可の
手順を踏んだそうで、

今回も時間が
必要かも知れないけれど…

Step by Step .

このスピードがいいんだなぁ

新しい地元の良いもの、
製品化が楽しみです。

3-8--

先日、柏崎の古道具屋さんに
連れて行って下さった方と、
帰りの車中で話したこと。

〔あまり興味のない人が
物見遊山で押し掛けたり、

今の雰囲気が壊されてしまうのは
怖い。だけど、

売れなければ
お店がなくなってしまう。

そっちの方が困る。

悩ましいよね。
教えたいけど、教えたくない。〕

ひっそり続いていってほしいこと、
活動やお店や、満たしている空気。

自分の持ってるお金と時間を
可能な分だけ、Bet.



3-8****

越後上布の晒し風景を
晴れた日に撮りたくて、

夕方近く探しにいった、
30分間の小さな旅。

3-8***

体験用のさらし場には、
人の姿も布も無い。

3-8*****

雪のトンネル抜けて、

3-8*******

木の橋渡って、

3-8******

そう、この景色!

3-8++

朝イチに使うものだろう、
スコップとカンジキにタライ。

3-8+

取り込み風景は、
逆にレアかも

3-8********

美しい雪が作る布。

3-8-+

柄の下は熱を集めて
雪が溶けやすく、
白い模様が出来ていた。

3-8+++

織元さんはそれぞれに
晒し場を持っていて、

お客様から里帰りしてきた
越後上布を雪晒し後、
仕立て直してお返ししています。

この時期、
全国から熱心な布好きさん、
着物ファンの方が、見学に来るそうな。

3-8++++

人なつこかった番人君。



3-8*

真鍮の矢立ては、一輪挿しに出来ました。

3-8

でもやっぱり、春になったら、
苔を植えてみよう。
アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie

Rie

  • ライブドアブログ