越後上布

衣をまかなう。

4-11

ハッカスプレーの納品へ
来ていただいたついでに、
お爺ちゃんの昔話を聞く。


スプレーの使い方補足。

→飲み物に一吹きでハッカ飲料。
 乗りものやお酒の酔いをやわらげ、胃もたれにも。

→凝っていたい筋肉、関節に
 シュッとして軽くもみ込む。

 肩こりがヒドい時にやってみたら、
 確かに楽になりました。
 ハッカには血流を改善する薬効が。


4-12****

少なくとも戦前までは、

南魚沼市の、城内から五日町にかけて
苧畑(おばたけ)があって、
青苧(あおそ)が栽培されていた。

座機で織って、
仕上る着物はどれも無地。

布の本や織り子さんからの話で、

越後上布の原材料の青苧は、
全て、福島県昭和村産だと
聞いていたから、

からむし畑は無いものだったと
思い込んでいた。


4-12

これまで買い出してきた
麻着物の中でも、

ざっくり太い糸で織られた布が
たぶん、自家用自家生産のもの。


4-12*

爺ちゃんが子どもの頃の行動範囲で
おしなべて作られていたならば、

おそらくもっと広い地域に、
青苧畑は広がっていたんだろうなー

4-12***

何千年も前から
そのときいちばん身近な素材で、
〔衣〕は賄われてきた。

自分たちの普段着物は、
素材から織りまで。


4-12*****

爺ちゃんは4歳にして
麻の皮をはぐ仕事を
手伝っていたそうです。


子どもも大切な即戦力。
それからわずか、半世紀。


4-12**

働き方や作り方、
どんな品物に囲まれるのか、
(近年は石油系素材がすごい)

目まぐるしい変化を、
古道具たちがぼそぼそ静かに
語っている。


4-12++

お孫さんが作ってくれたと言う
大きなパウンドケーキを
持参してくださった方。

洋服は自分で仕立てている。

ハギレを活かした
のし目柄のパッチワークが
おしゃれ。

お孫さん3人の子育てをして、
今はひ孫ちゃんを見て。
私がスキーを教えたのよ〜と笑う。


4-12+

時おりフキミソとか手作りの
美味しい差し入れがやってくるのは、
日々の特典、ボーナスかもしれない。

こちらからは、飲み物と
たまーに夕飯プレート。

(引っ越し先ではそこまで
おもてなしできないかも…)

余震に揺られながら、
食べる。話す。

中越地震からの経験か(?)
震度4はあんまり動じなくなったね、とか。
ゾワッとするし、泣きたくなっても。


4-12******

100年200年も先輩な
道具や布があらわしてかたるのは、

たくさん手をかけて
身体と力を使ったけれど、

とれるものは自分たちでわりと、
まかなえるよ…


まだしばらく、全ては見渡せないな。
夜がふけてく。



ハッカ蒸留水・越後上布の雪晒しと青空。

初めてご来店なお客様が続いた、
ハッカ油のスプレー。

3-8-

何年も前から噂を聞いてたけど
初めて現物を見たという方も。

観光プロジェクトに所属している
友達が話を聞きに来てくれたし、

あとはジワジワ広がれ、
六日町産ハッカ油

年間生産本数が少なくて、
(100%人力生産だから…)
友達はそれがいいんじゃないかと言う。

私もそう思います。

ネットショップに、もうじきアップ予定。

3-8**

今朝もハッカ蒸留水を少量入れた
ハッカ風呂に入りました。

血管を拡張してくれる薬効で、
足先までずっとポカポカ。

それだけでなく、汗のにおいを抑える
デオドラント効果があるみたい。

さらに、残り湯を焚き直しても
古くなったお湯の匂いがしなかった。

殺菌効果が働いてるのかな。

節約になります

メントール臭はほのかで、
薬湯…植物の香り。

とれたてホンモノの
ハッカ蒸留水を販売している例は、
ネット上では見つけられない。

実際これは良いものだし、
売って下さい〜、と
お爺ちゃんと茶飲み話。



油の販売前は、
保健所さんに現物を提出して、

成分分析→販売許可の
手順を踏んだそうで、

今回も時間が
必要かも知れないけれど…

Step by Step .

このスピードがいいんだなぁ

新しい地元の良いもの、
製品化が楽しみです。

3-8--

先日、柏崎の古道具屋さんに
連れて行って下さった方と、
帰りの車中で話したこと。

〔あまり興味のない人が
物見遊山で押し掛けたり、

今の雰囲気が壊されてしまうのは
怖い。だけど、

売れなければ
お店がなくなってしまう。

そっちの方が困る。

悩ましいよね。
教えたいけど、教えたくない。〕

ひっそり続いていってほしいこと、
活動やお店や、満たしている空気。

自分の持ってるお金と時間を
可能な分だけ、Bet.



3-8****

越後上布の晒し風景を
晴れた日に撮りたくて、

夕方近く探しにいった、
30分間の小さな旅。

3-8***

体験用のさらし場には、
人の姿も布も無い。

3-8*****

雪のトンネル抜けて、

3-8*******

木の橋渡って、

3-8******

そう、この景色!

3-8++

朝イチに使うものだろう、
スコップとカンジキにタライ。

3-8+

取り込み風景は、
逆にレアかも

3-8********

美しい雪が作る布。

3-8-+

柄の下は熱を集めて
雪が溶けやすく、
白い模様が出来ていた。

3-8+++

織元さんはそれぞれに
晒し場を持っていて、

お客様から里帰りしてきた
越後上布を雪晒し後、
仕立て直してお返ししています。

この時期、
全国から熱心な布好きさん、
着物ファンの方が、見学に来るそうな。

3-8++++

人なつこかった番人君。



3-8*

真鍮の矢立ては、一輪挿しに出来ました。

3-8

でもやっぱり、春になったら、
苔を植えてみよう。

塩沢駅前で軽トラ市。/バラや上布やスイーツや。

6-24

↑本日の頂き物。
お外の木漏れ日とともに頂きました。

栗カボチャのベイクドケーキ、
アイスクリームのせ♪

いつも美味しい手作り、
ごちそうさまです→ゆーさん。



↓国営越後丘陵公園(長岡市)、
バラの写真を混ぜ込んでおきます。

巨大なアーティチョークに
目が釘付けになりました…
開花したら迫力あるだろうな〜。

6-24***

だけど何より目がいったのは、
広大な敷地の中で
テキパキと仕事されていた
庭師さんたち。

6-24**



上越線/塩沢駅前の
つむぎ通りにて、

軽トラ・軽自動車市が
始まるそうです。
(毎回30台限定)

募集要項いただいて、
スケジュール帳とにらめっ子。

実店舗をお休みにして、
9月5日(日)に
参加申し込みをしました。

駅前界隈には
裏通りに古いお家が
沢山残っていて、魅力的です。

(昭和レトロがお好きな方には特に)

個人で創作していたり、
家庭の味を販売できる方なんかが
毎月入れ替わり集まったら…
きっと楽しい。

(もちろん業者さんの出店も)

6-24****

【つむぎ通り軽トラ市】

→8〜11月の毎月第一日曜日
 10:00〜14:00(雨天決行)

→出店できるのは、
 軽トラ・軽自動車のみ。
 区画は7mあるので、
 パラソルやタープも張れます。

→参加費は1店舗1台/1,000円。

→〈出店例〉
 農産物(野菜・米・キノコなど)、花、工芸品、園芸品、織物、瀬戸物、
 食べ物屋台、加工品、お菓子、古着、古本、工業製品、趣味で作ったもの etc...

※詳細要項・申し込み用紙は、
 塩沢商工会窓口か、つむぎカフェで受け取り。


★主催:つむぎ通り町づくり実行委員会
 後援:塩沢商工会、南魚沼市

6-24*****

↑試食にあずかった、
つむぎカフェさんの豆乳プリン。

蒸して仕上げることで、
ゼラチン未使用なのにムース状!
とても美味しかったですm(_ _)m 



6-8********

長岡市近代美術館へも駆け足で。
小千谷縮と越後上布の企画展。

(全く時間が足りなかった…3時間欲しい)

6-24*

↑実演は週末のみ。

50分弱に渡る布の制作風景
ドキュメンタリーも含めて
(新規撮影で美しい)、

見る価値、大いに有りです。

販売されていた
目録写真集もイイ。

それにしても
麻の絣織りの技術、
日本は世界一レベルなのでは…

雪に閉ざされる数ヶ月の
生き甲斐でもあったという側面。

純粋にお金の為ならば、
当時からとても【合わない】仕事。

越後上布の素晴らしさ、
技や芸術に捧げる職人さんたちの
無心さにあるような…


6-14****

明日は長岡市にて
北インド古典音楽コンサート
出店の為、臨時休業です。

瞑想的だったり、力強かったり、
即興で季節と時間に合わせて奏でられる
美しい調べ、たゆたう幸せ。
お寺さんの空気と共に。

会場でお会いしましょう〜♪

*絞り染め布を中心に
 布ものいろいろ、持ってゆきます。

【OVER THE BORDER 】

出演
 サントゥール: ジミー宮下
 タ ブ ラ : ディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディ
 ヴァイオリン: 金子ユキ

日時 2010年6月25日(金)
    18:00 open 19:00 start

場所 安善寺 (長岡市神田町)

料金 予約/2,000 当日/2,500

6-24******

湿気が少なくて、本日は眠り日和。

イベント情報 / 転々(てんてん)。

イベントのお知らせ。

6-8********


重要無形文化財
「小千谷縮・越後上布」展


 6月12日(土)~6月27日(日)9:00~17:00
 新潟県立近代美術館
  ※大人500円、大高生300円、中学生以下無料 


美術館に寄贈された
個人コレクションを中心に、
初お目見え他数。

江戸時代の布も
たくさん出るみたいです。

現役越後上布の織り子さん曰く
〈これだけの展示はもうないかも〉。

手帳にチェック!

→くわしくはコチラ

itimoku

↑一緒に廻ると良さそう。

一黙窯さん
次月の展示お知らせも
届いてます。

6-8******

ふかみどり色の、
吸い込まれそうな…。

atelier ひと葉 さんの
美しいリース展示。

→詳しくはコチラ

6-8**

梅雨の香り。



ネットショップについて
↓半分、覚え書き。

某ASP会社の
(*ネットショップ構築などのサービス提供)

熱心でスピード感溢れ
ある種の波に乗れそうな
担当者さんのお話を
一旦わきに置いて、

気になったのが
販売ごとに差し引かれる
手数料や固定費。

家具などは特に
割高になってしまう。

1・商品を見て頂く。
2・初荷(うぶに)や現地買い付けならではの
  価格設定をなるべく崩さない。

それが達成できれば、
シンプルな方が良いな…

固定費の高さに奔走するような
複雑さは回避して、
やはりリーズナブルな
サービスに移行します。

クレジットカード決算は
導入予定です。

グルグル勉強になりました。
さ。動こ!



6-8

↑手元に置きたいもの。
昭和40年代の木製玩具。

6-8*********

印版手のお皿は
200〜500円位。
(大正〜昭和初期)

赤い実がそこかしこ、
香りが良くて甘酸っぱい。

庭の鉢から鉢へ
ランナー(匍匐茎:ほふくけい)で旅する
ワイルドストロベリー。

コケ玉に植わっていたものが、
勝手に移動し増えました。

逞しい。



6-8*

↑大正位の絽の着物。
…いちご??ではないけれど。
何だろう。



ついでに、夏物。

6-8***

↑蚊帳のほぐし。
洗濯済みで、ひと幅900円。

手織りの麻です。
戦前のものは素晴らしい。

6-8****

ひらりと1枚目隠しに。



明日は定休日です。

6-8*****

ヒューケラにょろにょろ
間延び中。
アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie
  • ライブドアブログ