湯沢

鳥模様。週末の店内。

12-3

窓際に越冬植物はいりました。

12-6+++

台所に新聞紙を広げて、
父のうどん打ち。

12-6++++

強力粉で、すごく腰の強い麺。
うんまーーー。

これならグツグツ煮込み過ぎても、
ずっとモチモチ。



12-6

なんでか鳥に惹かれて、

12-6*



12-6**

鳥。

良いですね。

*明日のネットショップ更新で
 一部、アップします。



12-6+-+

↑ご近所にある作業小屋。

自然に時を重ねた、
たまらない雰囲気。



昨日の夜のこと。
〔仕事の為の見学〕で湯沢駅へ。

…ほとんどすべてのテナントが
クローズ(18時は早いよ~)。

確認してこなかったのが悪いけど、
ガクリ。

12-6-

片道25分の手間が惜しくて、
温泉街を歩き、有名店に入り、

12-6---

この日から点灯だったらしい
イルミネーションで写真撮影。

目的の無い道ゆきが
楽しい。

会社員時代は意味も無い
行動ばかりで楽しかったけれど
(夜中に海までドライブしてみたり)

そればかりでも、
結局たいくつになっていた。

12-6--

刺激って慣れる…

強いもの強いものをと
追い求めてゆくと、
効かなくなっちゃいそうだ。



前回の日記について、
教えていただいたので、転載。


東電からの電話は詐欺だよ
分電盤(玄関にあるブレーカーのある盤)交換と言って
料金を請求するって手法!

こちらから容量変更を頼まない限り
東電からが来ることはありません
(確か、50A以下の変更は交換工事は不要)

電気関係では他にも
漏電検査って言って来るのもあるみたい

だそうです。

電話の青年、ほんとに
苦しそうな声だった。

君はまだやり直せる~



2組ほどずつの方が滞在されてゆく
のんびり賑やかな(我が家基準)
週末でした。

12-6***

お父さんとお母さんが
しぶーーーい品物を見ている際には、

とりあえず鳴りもの(チベット仏具…)で
遊んでもらっています。

仕掛け絵本でもあったら良いかなぁ。
(amaz*n 見たら洋書に素敵なのが~。おいしそ)

12-6****

季節の変わり目に
美味しい手作りをくださっていた方が、
旅立ちの前に。

12-6*****

ごちそうさまでした。
新しい変化に、幸祈ってます

配達の箱が届いて、
長野から素敵なリンゴギフト。
お礼の電話をしたら、不在?だったので
また明日

冬はりんごの塩煮
(砂糖いらずで甘くなる)を
沢山食べるのでありがたいですm(_ _)m 

12-6++

手作り入浴剤、うれしい。
重曹にクエン酸に塩と、
片栗粉(お湯がまろやかになるそう)。

12-6+

魂の姉妹…のような。
なんだか似ているお2人。



手塩さんは昨日から少し
熱があるようで、
トロンとした顔のままずっと睡眠。

夜には光が戻って
ご飯をそこそこ食べてから、
また睡眠。

栄養と眠りがあれば!

↑と、書いた後まもなく、
20日ぶりの発作が起こりました。

んんん。兆しはあるなぁ。

前回の発作(11/15)よりは、
予後がいいみたい。

(蒙昧としたグルグル歩きの
収まるのが早かった)

という訳で、
明日は5時頃に閉店して
動物病院へ行ってきますm(_ _)m


12-6-+

11/27の手塩さん。

ゆるやかな波を描いて、
活発な時と怠そうな時期が
やってきます。

お医者さんの書いた老猫老犬のための本
高齢になってからの
てんかん発作の例が載っていて、

一番強いけいれんは
1~2分ほどで収まることを知り、
(とても長く感じる…)
心に少し余裕が出ました。

グリーフケアの本も
取り寄せたり読み直しつつ、
こうしてお別れの期間を
与えてもらっていることが、
すごくありがたい。

思い切り泣いて、
ペットロスにもなるなぁ。
(弱気などんとこーいマインド)

去ってゆく先輩たちの
残した品物を扱う仕事ながら、

なるべく、仲直りして
愛していると伝えて、
照れくさい時は何かに託さないと、
時間に限りもあるがね。
って、忘れがち。

いつも覚えていたら、
心のありようはずっと変わるのに。

ともかく、生きてる時に。
ありがとう手塩さん。

明日も会おう!

越後湯沢駅内、ぽんしゅ館/縄文のころ。

今日は寒い!

打ち合わせから帰ったのは、
午後でした

11-28

新幹線に乗る前の人がわらわら。

冬のピーク時は、売り上げ1日分が
我が家の年商より…(笑 ← えない??)

伝票の書き方ひとつとっても、
勉強になりそうです。

納品と販売開始は1週間後。
(12/6(月)午前中、臨時休業の予定です)

11-28**

用意して頂いていた場所。
…広。寝転べます。どうしたものか…

大きく飾ったことが無いので、
頭を書き換えなきゃ

新しいこと。ワクワク。

11-28*

見えないところまで、
ディスプレイがかわいい

11-28+

ガラスのぐい飲み。
ちび格子の陳列棚が、すてきだー。

参考用に写真を撮っていたら、
…何だか見覚えのあるお姿。

今年の夏に、津南なじょもんで
縄文土器の写真展をされていた
写真家さんでした。

赤坂神楽奉納の見学ツアーでは、
往復バスの座席が前後だったけれど、
その時はお声がけできず…

本日は、
観光がらみの打ち合わせで
湯沢に来ていたそう。

奇遇ですね、5分ほどお話ししますか…
のはずが、1時間半以上。

おーーーもーーーしろかったーーー

11-28***

仏様のような微笑み。

アフリカ大陸から出発した人類が
かたや日の沈む方向を目指し、
(ヨーロッパ系)
かたや日の登る方向を好んで、
(極東、最果ての日本)
移動していったのなら、

私たちのルーツたるご先祖様は
日の本を目指したんだろう。



縄文最盛期には
ホゾを組み込んだ30mの木の塔を
建てていたと考えられ、

縄目の土器も
陽気な粘土細工なんかではなく、

松葉などを用いて炭素を定着させて
固く焼きしめる高度な技術を持っていた。

土偶の厚さなど、わずか3ミリ
(そうなんだー…空洞なのですって)。

大陸文化より当時はるかに
すすんでいた可能性がある。

弥生人は日本へ渡って
その技術を大陸へ持ち帰り、

1万年間戦争の無かった島国に、
権力争いと階級制度を伝えた
…のかも知れない。

11-28++

5,000年前の気候は現在と
それほど大差はなくて、

当時から雪の多い場所だった秋山郷や魚沼
(発掘がすすんでいない湯沢には、
多くの縄文遺構が眠っている)で、

私たちの祖先はどうやって
生き延びていたのか。

常に火を焚いて途絶えさせず、
家の中心に神として置き、
生活していたのではないか。

饒舌な会話が無くても、
火が真ん中にあれば心が通じた。

11-28+++

日本人がえらい!という話ではなく、
昔を知ることは〈この命〉への誇り。

…と、
観光や土地のルーツに付いても
お話は尽きることが無く、
またのご縁に時間を譲りました。

山岳信仰、密教世界が色濃く残っている
この地に住みたい…など、
嬉しいお言葉。

次は観光協会の招きで、
冬の十日町市で講演されるようです。

11-28++++

今年湧いてきたテーマ〈観光〉や
気になっている〈縄文〉や〈地元の歴史〉とか。
〈山〉〈森林〉もキーワード。

巡らされている糸同士は、
なんだか繋がってる。

先日、湯沢へ
買い出しに行った際、
民家の玄関先に、縄文時代の石器が
ワラワラと置いてあった。

畑を耕していると、出てくるそう…

【開発や観光が優先で、土器も遺構も
たくさん出ているはずだけれど
見て見ぬふりで壊され埋められている】
と、
湯沢住まいの方も言っていた。

懐古趣味だけじゃなく、
今を生きながら
時間を越えて妄想する。

土地に重ねられた記憶と、
土地の光を感じにゆく観光は
深く繋がっていると思う。



話、変わって。

11-28****

豆乳+寒天+たらこで、
チーズ風味。ワインに合いそう。

11-28*****

大好物の郷土料理、
紅白なます。

奥はまぐろの漬け。

父がちょこっと料理に目覚めて、
台所に立っています。

食べられる工作だ〜。
楽しげです。

11-28******

私の方は、冬が来ると作り出す。
編み焼きミカンが大好き。

母方のひい爺ちゃんが
好物だったとか。
囲炉裏の灰の中に、ミカンを入れて。
…これは血か。

リンゴもミカンも何故か
生だと身体が受け付けません。

んでも、グツグツ煮立ったミカンの
美味しいこと〜

寒くなると、食べたくなる。
アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie

Rie

  • ライブドアブログ