冬と言えば赤や、白
と思う日もあれば、

こんな日にはやっぱり
青と白!

12-24-7

すっかり
雪の中の家となりました。

囲いのペンキ塗りは、
年越しです…


12-24-1

今季初の人型(スノースタンプ)。

深く沈みこんで、爽快。


12-24-2

この冬最初の雪だるま1号、
かたわらに2号。

杉の実を瞳に使ったら
睫毛がバサバサとした、

性別を問われたら女の子だね、
と言えるものが生まれました。

晴天で、午後には溶けた…


12-24-6

手もみやのみわさんに
すこし?店番をお願いして、
浦佐のガレージセールへ。

六日町から浦佐へ向かう
道中の景色は、
四季折々にすばらしい。


12-24-5

目印のフラッグがポンポン。

我が家も習って、
道ばたに作ろうと思います。

現在もほぼ目印のない
お店だから…

農作業でも似たような棒を
立てたりするのですが、

『これは何かが違うと、
気がついた人だけが分かる』

って、家主さんの言葉は名言だ。

確かにこの風体からは、
遠目でも、いい匂いがする。


12-24-3

壁のエアープランツなど。

空間や、佇まいまでが
どこか作品めいてる。

借りてきた何かを纏うでなく、
その人がそのまんまに
暮らしているだけで、

ほーほーと
見とれてしまうような
空気を持っている方は
居るもので。


12-22-5

濃くて美味しいミルクティーを
2杯いただきながら、

素敵なセーターや
少し変わったもの(だけどツボの真ん中)
たちを譲っていただきました。

また、春にやりますよ、って。
うれしい。

雪融けの河川敷を歩きたい。


12-24-18

冬至をこしたとはいえ、
雪国の冬本番はこれから。


12-24-16

リサイクルウールのラグマット、
良質ウールのラグが入りました。

今期の入荷はたぶんこれで最後。

足元から冷える場所に、
銀色マット+シンプルラグを。

かなり大判で 2,940円です。


12-24-17

インドでひとつひとつ
手作りされている
アイアンパーツ新顔たち。


12-24-13

こちらも新顔。

本格的なチャイが作れる
茶葉×スパイスキットです。

カルダモンの香りが
たまりません。


12-24-14

2杯×3回分=6杯作れて、450円。
(牛乳とショウガは別途ご用意ください。
調製豆乳も美味しい。ショウガ無しでも。)

スリランカに学校を作る為の
支援にもちょびっとなります。

スパイスはひと手間かけて、
ごますり棒でたたき潰して下さい。

仕上がりが
素晴らしくなります。


12-24-15

こちらも装いを変えて。

tamさんの手煎り焙煎
フェアトレードコーヒー。

3杯分が個包装されて、
280円です。

〈*コーヒー豆だけの
 お得な予約注文も可能です〉

50gごとに265円。

受け取り希望日と一緒に
ご連絡ください。



これは過日。

長岡市川口の
木沢集落にある宿泊施設、
『木沢ハウス』へ行ってきました。

12-24-11

まだ秘密基地のようだった
数年前に一度、
お邪魔した事があります。

すっかり設備が整って、
居心地の良い空間に。


12-24-8

初めましての人同士が
多かった忘年会。

ここは人が集まる場所。


12-24-9

意匠が素敵だなぁ。


12-24-10

屋根の上に見える勝幸さんが
その昔、暮らしていたお家です。

棚田バンクをたちあげたり、
中越地震の震央として
大きな被害を受けた木沢集落に
様々な動きを与えている
かっこいいお父さん。


12-24-19

息子さんたちも
Song of the earth など、
多くのイベントに関わっている。

先日は数人で
車の運転を交替しながら、
東北へ炊き出しなどのボランティア。

その時の写真も
見せていただきました。

家の土台だけが残る海沿いの景色。

人力で海の中から引き上げてゆく
際限のない瓦礫の山。


12-24-20

どんな質問をしても、
見てきた人同士ですら、
想う事は違うのでしょう。

ちがうんだもの。みんな。
だから、誰だって動く意味が
あるんでしょう。


12-24-22

動く人が違えば、
起こる結果も変わって、

どこにも正解は
多分ないけれど。


12-24-12

『私の場合は、どうなるの?』を
想像して、

ほとんどのことは
試していないから、

結果を知らないまま
過ぎてゆく。


12-24-21

知って傷つく事と、
知らないで傷つくのでは、
どっちが好き?

まだ試していない
失敗だらけ。

自分にとって
新しい人たちと出会うと、
いつも目眩がします。

世界はなんて、広いんだろう。