塩沢

お爺ちゃんたちの夢・薄荷油。

六日町の旧道沿いにある
倉庫の一階で、

毎年この時期に
行われているという
日本薄荷の蒸留作業を
見学してきました。

3-3+

御年96歳(一番右)のお爺ちゃんが、
たった一人で始めてから、早13年。

先生は居ない、
技術面の文献も見つからない。

最初の作付け面積は、
一畝(30坪)。

失敗して改善点を考えても、
それを試せるのはまた来年。

3-3+++

1週間、朝から晩まで続けた
薄荷絞りもこの日でおしまい。

350年前の記録に残り、
塩沢・六日町地域の
重要な産業だった薄荷油作り。

水が上がらず耕作地としては
不適だったところでも、
日本薄荷はよく育った。

(連作には向かないので、
4年もたつと植え替えの必要が)

3-3++++

今から80年くらい前に、
養蚕に切り替える家が増えるまで、

1年に3回の刈り入れをして加工、
専門に販売するお店が
塩沢町に5軒程あったとか。

3-3*

この日、お手伝いに来ていた
お爺ちゃんたちは60-80代。

[自分も95歳までは生きるから、
あと13年は楽しめる。]

昭和4年生まれのMさんが笑う。

基準が96歳で夢を追いかける
Kさんの姿なもので、

そんなの無理だとは
誰も思っていない顔。

3-3**

先達に当たる
北海道・北見の薄荷生産会社の
社長さんに来ていただいて、

技術指導を受けたりしながら、
(もちろん企業秘密は秘密だけど)

エッセンシャルオイルと
蒸留水の抽出まで成功。

薄荷の結晶を再現するのが、
次なる目標だそうだ。

北見のカタログには
ラインナップされている
美しいクリスタル。

霜柱のように
屋外で作ったと伝わる。

3-3***

[農業に関わる仕事は、
もうけが出るまで10年]だそうな。

この薄荷に関しては、
とうに10年を越えてしまった。

気の長い話だ…

お爺ちゃんたちには
夢がある。

お米の生産は価格が下がって
苦しくなるばかり、

地元の産業として、
再び薄荷に光を当てたい。

仲間と一緒に試行錯誤。

3-3*****

儲けを出す為の行いを
[仕事]と呼ぶにしても、

(金銭、地位、公共の利益、自分の満足、とか
何を得たいかは各人違っても)

お爺ちゃんたちの仕事の器は、
大きかった。

出来た試験品をこれまで
数百人に配って、
感想を聞いて改良して、

正式に販売を始めたのは、
昨年の10月頃。

取扱店はまだ、片手で足りる。

3-3++

微力ですが、
我が家でも薄荷油のスプレー、
取り扱いを近々始めます。

花粉症に効き目抜群とか。
(マスクにしゅっとするだけでOK)

3-3******

干し薄荷の入っていた
茶色い空袋が積み上がっていました。

大量の薄荷からとれる精油は、
本当にちょっぴりで、
天然効能の固まり。

蚊にもお米にも効く
虫除けになったり、

適当に薄めたものを
肌にすり込めば、
血行を良くしてくれる。



当座のパンフレット作り、
したいなぁ。

素敵な聞き取りエピソード、
沢山あります。

お爺ちゃんたちを見習って、
荒削りからでも。

3-3+++++

全てが最初から
スイスイ行かない。

路地植えの柚子の木は、
10年、15年かけて実を付けるし、

ちょっとお急ぎすぎかも、
いろんなこと。

(82歳のお爺から、あなたは
子どもを作ることに集中!と
何度も言われましたが…あはは



3-3

作業の真似をする6歳のお孫さん。

朝40度の熱があって、
今日は学校をお休み。

3-3****

お爺ちゃんたちと一緒に居たら
いっきに36度に下がったとか。

最高の妙薬かも知れない。

お互いに

塩沢駅前で軽トラ市。/バラや上布やスイーツや。

6-24

↑本日の頂き物。
お外の木漏れ日とともに頂きました。

栗カボチャのベイクドケーキ、
アイスクリームのせ♪

いつも美味しい手作り、
ごちそうさまです→ゆーさん。



↓国営越後丘陵公園(長岡市)、
バラの写真を混ぜ込んでおきます。

巨大なアーティチョークに
目が釘付けになりました…
開花したら迫力あるだろうな〜。

6-24***

だけど何より目がいったのは、
広大な敷地の中で
テキパキと仕事されていた
庭師さんたち。

6-24**



上越線/塩沢駅前の
つむぎ通りにて、

軽トラ・軽自動車市が
始まるそうです。
(毎回30台限定)

募集要項いただいて、
スケジュール帳とにらめっ子。

実店舗をお休みにして、
9月5日(日)に
参加申し込みをしました。

駅前界隈には
裏通りに古いお家が
沢山残っていて、魅力的です。

(昭和レトロがお好きな方には特に)

個人で創作していたり、
家庭の味を販売できる方なんかが
毎月入れ替わり集まったら…
きっと楽しい。

(もちろん業者さんの出店も)

6-24****

【つむぎ通り軽トラ市】

→8〜11月の毎月第一日曜日
 10:00〜14:00(雨天決行)

→出店できるのは、
 軽トラ・軽自動車のみ。
 区画は7mあるので、
 パラソルやタープも張れます。

→参加費は1店舗1台/1,000円。

→〈出店例〉
 農産物(野菜・米・キノコなど)、花、工芸品、園芸品、織物、瀬戸物、
 食べ物屋台、加工品、お菓子、古着、古本、工業製品、趣味で作ったもの etc...

※詳細要項・申し込み用紙は、
 塩沢商工会窓口か、つむぎカフェで受け取り。


★主催:つむぎ通り町づくり実行委員会
 後援:塩沢商工会、南魚沼市

6-24*****

↑試食にあずかった、
つむぎカフェさんの豆乳プリン。

蒸して仕上げることで、
ゼラチン未使用なのにムース状!
とても美味しかったですm(_ _)m 



6-8********

長岡市近代美術館へも駆け足で。
小千谷縮と越後上布の企画展。

(全く時間が足りなかった…3時間欲しい)

6-24*

↑実演は週末のみ。

50分弱に渡る布の制作風景
ドキュメンタリーも含めて
(新規撮影で美しい)、

見る価値、大いに有りです。

販売されていた
目録写真集もイイ。

それにしても
麻の絣織りの技術、
日本は世界一レベルなのでは…

雪に閉ざされる数ヶ月の
生き甲斐でもあったという側面。

純粋にお金の為ならば、
当時からとても【合わない】仕事。

越後上布の素晴らしさ、
技や芸術に捧げる職人さんたちの
無心さにあるような…


6-14****

明日は長岡市にて
北インド古典音楽コンサート
出店の為、臨時休業です。

瞑想的だったり、力強かったり、
即興で季節と時間に合わせて奏でられる
美しい調べ、たゆたう幸せ。
お寺さんの空気と共に。

会場でお会いしましょう〜♪

*絞り染め布を中心に
 布ものいろいろ、持ってゆきます。

【OVER THE BORDER 】

出演
 サントゥール: ジミー宮下
 タ ブ ラ : ディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディ
 ヴァイオリン: 金子ユキ

日時 2010年6月25日(金)
    18:00 open 19:00 start

場所 安善寺 (長岡市神田町)

料金 予約/2,000 当日/2,500

6-24******

湿気が少なくて、本日は眠り日和。

塩沢町ちょびっと。長岡市ぐるり。

休日は
朝から雨降り。

5-27

つっかけ履いて
庭に出れば、
雨が煙ってこれもまた。

足下を濡らしながら
花を見たり
田んぼの水輪をみたり。

5-27*

いつかどこかへ
引っ越す日が来ても、

裏庭が大自然だったり
してほしい。

5-27**

お客様から、

もう少し人通りの多い
町なかへ移動してみては、と
言われる事がある。

ときおり、そんな気分で
建物を見て歩きます。

…くずれそうな
農作業小屋とか。

5-27***

昭和の建物、万歳。

塩沢駅に降り立ったら
裏道を歩いてみて下さい。

老朽化で壊されちゃう前に…

〈塩沢〉は全国的に有名な、
夏着物の代名詞。

戦前から
昭和30年〜40年代、

潤っていた時代の面影が
そこかしこに残る。

5-27******

つむぎカフェさんの階段。
補強用のプラスチックがかわいい。

こんな風に

家自身がすでに沢山の
記憶を有しているような
物件だったら、

いつかは…。



5-27-3

雨の高速道路を少し
ゆっくり走って、

長岡市の一黙窯さんへ。

*水曜日は通常お休みです。

5-27-2

ギャラリーさびたの花さんと
骨董カワシマヤさんの共同企画

第二回さびカワ展 開催中。

5-27-1

…困った。
古道具がお買い得。

思わず、
椅子、トイレ?の扉←激烈に可愛い
などを…

5-27-5


帽子かけフックが
雨ざらしで錆びていたり、

白いモッコウバラの芳香が
店内を満たしていたり、

やっぱり素敵な空間でした。

5-27-4

新潟日報紙に掲載された為、
週末は混みあったそうな。

会期はあとわずか(5/28-31)。
素敵な出会い探しに
ぜひどうぞ。



5-27+1

その後は
予定を変更して、

初めてな
古道具屋さんへ。

5-27+3

…困った。

店内に古いものしか、
無いんだもの!
(当たり前か)

再び完全に
自分の買い物をしてしまう。

ブリキのバケツや、
刺し子雑巾など。

5-27+4

本藍の無地の木綿を
探している方、

ありましたよ〜

両面の型染めも。

5-27+5

これは
現在つくられている
ねこちぐら。

新品で10,000円。
お買い得だにゃ。

作者は地元の方で、
オーダーもできる模様。

5-27+6

店主氏。

お勤め時代から
主に書画を
集められていたそう。

5-27+2

大工さんじゃないけれど
古い家具を丈詰めしたり
直せてしまう。

その技術力が羨ましい。

5-27+7

作家ものの陶器で
食べさせてくれるお店。

欠けても磨いて
使っていた。
可愛い。

5-27+8

帰り道で車を停める。
上越線、無人の八色駅。

夜の田んぼに、光がおちる。

静かで人気の無い、
小さなホームがあるだけの。



インフォメーション。

itimoku

一黙窯さん、
次回展示のお知らせ。

hosi

カゴバックを出される
星さんご本人のバッグ。
作品の雰囲気が伝われば…

(マリメッコ布で自作された
 袋物も可愛かった)

 nakamura

こちらは、
なかむらさんへの地図。

一人でもう一度
行けるかな…

閑静な住宅街、
近くに小さな公園があります。
アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie
  • ライブドアブログ