古道具

そぎ落とせるかな??

9-29-3

1回の記事に写真が50枚(!)とか、
このところは重すぎました。

読み込みに数分かかる、
読むのをあきらめたという
お話を聞いて、いかん。

ちょっと締めます…

本日の写真は、
20枚以下(でも多いか)。


9-29-11

美味しいもの。

いただきものも自分でかうものも、
夜遅くに食べることが増えて、
体重も落とさないとなぁ。

(ヨガをやめてから筋肉ゼロ、
体調もほどほど健やか程度)


9-29-5

増えるのは簡単で、
写真でも何でもついゴテゴテ
したくなってしまう。


9-29-2

畑にたくさんなってるという
ハバネロをいただきました。

可愛い顔して凶暴。

自家製タバスコを作れるそうな。
わくわく。


9-29-4

このところ、空が高くて
光がきれい。

夜の星も鮮明に見えます。


9-29-1

鎌仲監督に洗いざらしの
浴衣をほぐした手ぬぐいを
ギフトしたら、
新刊が届いていました。

(1日数百件にのぼる
お問い合わせメールへの返信も
すべてご自分でされているとか)

旅先に持参するも読めず、
けれど索引を見ただけで
〈今よまないでいつ?〉です。

読もう。


9-29-12

かわいいザル達。

野菜や食器を入れたり、
洋服の一時避難所にも。

そういえば、椅子がバタバタと
お嫁に行きました。

このところ、ギャラリーや
セレクトショップさん、
新規開店予定のお店、

そんなところへ
旅立っています。

沢山の方に座っていただける。
うれしいなぁーー


9-29-13

古道具の黒が青に馴染む。


9-29-14

磨りガラスの書き込みは
洗っても落とせなかったものの、

可愛い字体(フォント)だ。

地名か屋号?


9-29-9

毎朝3つずつ花を咲かせるので、
撤去できない昼顔。

葉っぱが繁らず、
グリーンカーテンには
なりませんでした。

来年の課題。



9-29-10

このところ手塩氏(17歳)
写真が少なかったから、

元気ですよーの便りを兼ねて。


9-21-16

籐椅子と同化中。


9-29-15

毛が全体的に薄くなり、
窓際午睡にはストールを。


9-29-6

先日初めて、

参道と境内以外の
お店周辺に散歩へ出かけました。

半径30M→300Mくらいに
世界が広がった。


9-29-7

左目は明暗くらいしか
おそらく見えていませんが、

右目を使ってサクサクサクサク


9-29-8

露草と一緒。

これからも、がんばりー



ご飯会のポスター。

(写真提供は、
東京ご飯会に参加した、しましまさん)
ポスター

*クリックで拡大

内容はほとんど同じですが、
モノクロチラシも。

チラシA5

*クリックで拡大

15日の枠から埋まっています。
16日は各地でイベント多いから…

でも、お寺で食べるって、
良いですよーー!

裏山のコケも散策道も、
素晴らしいですし。


ひたすら美味しくわいわい食べる
シンプルなお楽しみをどうぞ〜

早く食べたいーーー



古家の暮らし。

〔臨時休業のお知らせ〕

10月8日(土)は、終日お休みします。


9日から通常通り、営業しています。



9-23-4

昨日の更新につづいて、
もう少し〔Iの巣/あいのす〕さんの
写真を。


9-23-7

カゴを吊るしたり、
乾物を作るのに良さそうな廊下。


9-23-6

ニセモノかわいい。


9-23-16

12月11〜22日の展示も
雪がモウモウと降っていなければ、

4時間くらいを確保して
ふたたび見に行きたい。


9-23-10

飾るものが違ったら今度は
どんな顔になっているかしら。

あたりの景色の変化も。


9-23-11

沢山の引き算を経て、
美しさの真ん中に触れられる
硬質なギャラリー空間は
心の栄養になる。

そんな場所も必要だけど、

余剰な炎がチラチラこぼれる
木と土に囲まれた場所なら
命に力を分けてもらえる。


9-23-17

蚊帳で仕切られた淡い結界で
ちょっとずつ頂くお茶の滋味。


9-23-12

シソとほうじ茶とドクダミ?だったかな、
美味しい水出しミックスティー、

高柳の麦麦ベーカリーさんのパンに
自家製イチジクジャム。

奥歯でカリッと割りながら
コクのある樫の実を食べ、
(形も可愛い)

食用ほおずきも
甘くて香り豊かできれい。

つい手を伸ばしてしまう。


9-23-8

板を打ち付けただけ、
だけど可愛いの。

買い出し中に
こんな箱が出てくるといつも、

壁に取り付けたいなぁ!と
妄想するから、
形になっていた姿が嬉しい。


9-23-5

掘りごたつのやぐらを
ひっくり返して、

練炭を入れた金属パーツも
床から取り外し、
はめ込んでみたらピッタリ。

クツクツ小豆を煮ていました。


9-23-9

目に馴染みのある
インドの古布つなぎタペストリー。

これだけ古いハギレだけを
このサイズにまで縫い集めた1枚は、
なかなか見つけられない…

旅の途中で買ったそうな。


9-23-13

楽しい屋根裏のハンモック。

真夏は暑くて居られない場所。
秋の読書と春の午睡用。


9-23-14

たくさん収納できる本棚が。


9-23-18

茅葺きだったころの名残が見えます。

トタンをかぶせた際に、
家も丸ごと包んだのですね。

かつての屋根の上に渡した板で、
そろそろと歩く。


9-23-15

裏庭を眺めると、
雪で潰された家の姿が
草の海に埋もれていた。



余談。

9-23-2

集落の浄水場??の建物が
とてもアーティスティック。


9-23-3

なんて絵心のある人だろう。

名もないペインターさんの
仕事だろうかと想像する。



9-23-1

川西に抜ける時に、
いつも気になっている
おおおおきな屋根のお寺さん。

このサイズでかつては
茅葺きだった…??

雪下ろしなどはどうしていたの。



素朴な可愛いもの達。

9-23-19

つる首にもいたみは無し。

野の花を飾りましょう。


9-23-20

無駄がないデザインだって、

ようく見れば
色んな顔を潜ませて。

あたたかくてかわいい容れ物。



ふたたび連休が始まって、

あたらしい場所に
表情のあるものたちが
旅立つのを見送ります。

古い道具や布は、
心和ませてくれる。



その後の世界。

8-23-40

週末、週明けタタターーと過ぎました。

写真多めですが、
おつき合いくださいm(_ _)m



19日は、
八幡神社の夏祭り。

8-23-15

太鼓の音や祭礼の気配が
風を通す窓から、
店内にも流れてきます。

天におわす神様から
地上におりて頂いて、
ここ八幡では700年。


8-23-14

かわいい子ども神輿が通ります。


8-23-21

境内へ行くと、六日町祭りでも
八坂神社で出店されていた、

醤油しみしみの
おでん屋さんだー!

この道、○十年の大ベテラン。
見附にお住まいの方でした。

あんまりフォトジェニックだから、
みんなが撮影しませんか?
と聞いてみたら、

写真展会場に自分の顔が
大きなパネルに引き伸ばされて、
飾られていたこともあるそうな…


8-23-18

夜7時にお店を閉めたら、
徒歩10秒で会場入り。


8-23-19

きちんとした?屋台は
二軒だけ。この佇まい。

ミニチュアのようです。


8-23-22

綿あめサービスに笑顔ほころぶ。

(大人ですが)
懐かしくいただきました。


8-23-20

こちらも無料のヨーヨー釣り。

人生初チャレンジは
青いのを一個。

(なんで子どもの頃に、
やらなかったんだろ…)

全て違う模様の風船は
立派な芸術品に見えます。


8-23-23

よさこい踊りを
見つめる子どもたち。


8-23-25

あちらでもこちらでも
一緒に踊りだすから、

君らを見てるのが
とても楽しかった私は、

とうに大人側。

でも、
身体が子どもだったら
混じって踊りたかったかな。


8-23-26

ハーモニカ演奏を
立ち尽くして見ている。

男の子は、
ブルーハワイかメロン味。


8-23-27

地元マジシャン氏の
『イリュージョン』。


8-23-24

提灯の向こう側を
列車が走り抜けて、

車窓の向こう側に
村祭りは見えたかなぁ。

銀河鉄道の夜みたいに。



店内外スナップ。

8-23-32

やわやわ甘織りの
インド綿マルチカバー、
(150 × 225cm)

色んな色が入りました。
模様替えにどうぞ。

1枚1,050円。

小さめカーテンクリップも
追加で入荷しています。


8-23-33

シンプルな棚受けや
アンティーク調のチビフック。


8-23-31

時おり聞かれるので、

店内で使っている
プライスタグの小分け売りを
始めました。

黒い糸もあります。

展示会等の商品や、
ラッピングに添えて。


8-23-4

居住まい正しく
とっておきの作品に使いたい、

日本の手織り木綿×本藍染めの古布、
無地が少しまとまった数で
出ています。


8-23-36

どっさり紫陽花は
夏の置き土産。

ブリキの如雨露に飾りました。


8-23-34

お客様の庭先から、
鶏頭とスモークツリー。

影まで可愛い。

医療系のガラス瓶は
安定感があります。


8-23-41

お借りした本に旅心が…

頂きものの
お菓子の全体像は、

美しく在る姿を
もっと見たくて
たまらなくさせました。


8-23-35

いつか方々の国を旅しよう、
と望みを乗っけて、

地球と飛行機をぶら下げる。


8-23-30

身近なきれいなもの。

鮮やかに羽根の模様。

樹液から、葉っぱの色まで
吸い取ったかしら。


8-23-37

のっぺりツルツルまん丸に
大きく育っていた白いキノコ。

更に分裂して、
魅力的な形に。


8-23-39

樹上から地面へと
伝って降りて来る。

雨上がりハイク。


8-23-38

モノも旅をして、
いつか全うするんだ。


8-23-42

立ち枯れの木に、
新しいキノコ。

これは食べられそう??

水際にも群生しています。


8-23-11

箱の形をした古道具が、
これから少し増える予定。

(意識的に洗っているから)

『容器』としてどれも秀逸。


8-23-12

何に使われていたものか、
今は分からなくても。

新しい主人が、
名前を決めるでしょう。


8-23-1

可愛い釣りヒモで
いただいた本たちは、

半分が持っているものや
かつて棚に並んだことのある
タイトル。

あと半分は、取り寄せ間近や
気になったことのあるもの。

嬉しい〜

私が読んだあとには
必要な誰かの本棚へ、
再び旅をすると思います。


8-23-16

甘いギフト。開店お祝い。

おナスは、梵天ナスという
ありがたい名前。

お腹に収めました。


8-23-17

こちらも開店お祝い。
セットに感謝。

フォトアルバム可愛い。
ドイツ製のペンの
発色や描き心地は嬉しい。

贅沢な革ケース付き…

これまた旅をしたくなる
組み合わせ。


8-23-10

十日町の夏休み市民講座に
石彫があったそうで、

お客様の成果です。

講座の初日は
全員で河原へ繰り出し、

無数の石の中から
これというものを選ぶ。

作業は機械を使わずに、
全て人の手で。

わーーー、楽しそう!

ノミの跡は無条件に好きです。
ツルツル磨かれた場所も。


8-23-13

初対面のお客様同士が
何やら共通の趣味の話で
盛り上がっていると、
店内が立ち飲み喫茶に。

私はせっせとお茶を出す。

色んなタイプが居るんです、
チャイワラー(チャイ屋)にも。



8-23-7

20日に小出郷文化会館で
上映された〈ミツバチの羽音と地球の回転〉


8-23-6

バックヤードまで整理整頓と
掃除が徹底されていて、

スタッフさんたちに愛がある。

小出郷文化会館は、
やっぱりすごい。

さておき、
(でも書いておきたかったこと)


8-23-8

鎌仲ひとみ監督は、
とてーもキュートで、
大きな人でした(身長じゃなく)。


8-23-5

震災と原発事故後の世界へ
私たちの暮らしの針は、
とっくに進んでいるのに、

大きなジャンプをするのは、
どれだけ難しいことだろう。

〈たいへんなことが起きている〉
〈いや、大丈夫って皆が言ってる〉

両極に意見が別れていて
間に橋は繋がっていない、

というようなことを、
講演でおっしゃっていました。

知っているか知らないか、
情報量にも大きな差があると。


8-23-9

世界中で子どもの被爆量が今
一番多いのが福島、という可能性。

そんな話題、日常の中で
頻繁には出てこない。

一部の人しか騒いでいないなら、
それは流言飛語?

結局おおごとじゃない
と思いたい、気持ちは大きい…


8-23-28

決定的な事故(メルトスルー)は
既に起きているし進行形で、

それくらいは皆が知っていても、
神経質だよと笑われそうだから、

その後に起こることは
考えないようにしている。

なかったことにしたい。

花の実を漬けこみ食べたり、
山の恵みをたくさん食べたい。
(すでに食べてる)


8-23-2

控え室にて監督と
2人でお話しした際、

『身体の中に放射性物質を
取り込んだとしても、

玄米を美味しく食べて、
野菜も皮ごといただきたい』と言ったら、

『あなた、子どもは産んだ?』と聞かれた。

『バクバク食べるのは、
産んでからにしなさい。』


*毎日新聞 2011年8月23日 地方版より

東日本大震災:十日町市の2保育施設でセシウム
       汚泥など、県と保管方法協議 /新潟

◇汚泥や庭園草葉の保管方法、県と協議--十日町市

十日町市は22日、市内の2カ所の保育施設で
汚泥などの放射性物質調査を行った結果、

1キロあたり最大2万7000ベクレルの
放射性セシウムが検出されたと発表した。

国の指針では8000ベクレルを超えた場合、
埋め立て処分できず、管理型処分場で仮置きの対象となる。

市は検出場所に柵を設けるなど
園児らが近づけないようにするとともに
県と保管方法を協議している。

調査は7月下旬、施設の要望により市独自で、
保育園2園と幼稚園の計3カ所で実施。

この結果、白梅保育園(十日町市春日)で
雨水などをためる槽内の汚泥から
セシウムが1キロあたり1万8900ベクレル、

私立愛宕幼稚園(同市川原)では
庭園の草葉の堆積(たいせき)物から
同2万7000ベクレルが検出された。

また、市立西保育園(同市下川原)の
トイレ裏の土壌からも同2700ベクレル、
側溝の汚泥から同2800ベクレルが検出された。

関口芳史市長は「先生と保護者に検査結果を説明し、
安全を確保したい」と話した。

8-23-29

いつの間にか世界が
大きくシフトしていた。

大陸間の距離でも
渡り鳥を運べるほどの気流が、
空に地上に流れている。

窓を開けて、風を通して、
今日は湿度が高いねとか、
秋の空気になってきたとか、

そんな日々は当たり前だし
続くと思うことに、
疑問も無かったけれど。


8-23-43

大騒ぎさえしなければ
そーっと通り過ぎてくれる
都合良くてやさしい巨人の
足元に居るわけでなく、

それなりに対処しないと
私たちは踏まれてしまう。

闇雲に逃げたら、
それはそれでどこかに落ちる。

今日明日に影響はないとして、
出来ることを考えてみよう。

てし爺と。

ここ数日の手塩さん
夜になるとグラグラ。

一昨日から身体がねじれて、
目がグルグルまわる。

5-10+

症状をネットで調べたら、

【捻転斜頸:末梢性前庭障害】


>ある日、突然、愛犬の首が左右
どちらかの方向に傾き、ねじれていく。

>ひどくなると、立っていることができず、
>横転する。

>さらには、何度も回転することもある。


5-10+++++

>吐き気が激しくなると、
>飲食ができなくなる。

>眼球が不随意に、左右(水平)や上下(垂直)、
>振り子のように揺れ動く「眼振(眼球振盪)」
>という症状が現れることもある。


5-10***

全てが当てはまって、

瞳の瞬膜が出て来る
ホルネル症候群も。


>10歳以上の老齢期に“突発的”に発症するものが多く、
>その原因はよく分かっていない

>(小さな血栓が脳内の血管を詰まらせるからではないか、
>という説もあるが、確かめられていない)。


5-10++++++

>老齢期の犬に多い末梢性の前庭障害は、
>捻転斜頸や眼振、吐き気などの症状が、
>ある日突然現れたのち、

>1週間から10日ぐらいすれば症状が治まり、
>回復していくことが多い。


一過性のものとはいえ、
インパクト強し。

舌がダラリと出たり、
苦しくて鳴く。

東京の弟に[もうだめかも]と
連絡してしまった。


5-10**

>首の傾き、ねじれの回復は遅れがちで、

>治るまでに数か月かかることもあり、
>完全には元に戻らないこともある。


後遺症が軽減されればと
ねじれた首筋を揉むと、
気持ち良さそう。


5-10****

てんかん発作用と、
新しく増えた薬との併用は、
一時見送り(副作用が重なるから)。

痛い手術と
負担をかける治療はやめよう、
で家族一致。


5-10+++

自立できない、排泄できない、
水も飲めないコンディションは
自然界なら命取りでも、

生きたいよ!という本能は、
分かる。私にもある。


5-10*****

enjyoyment .
享有、あるものを楽しむ。感じ。

植物や動物をみていると…





先日、御高齢の先輩が帰り際に、

あんたの顔が見られて良かった、
ずっと達者で暮らしてくれよなと
優しい声と表情で言うので、

その5分前には会話の中で、
〈なんて失礼なことを言うの~〉とか
静かに沸々わいた怒りを、

少し長い無言に込めて
お返ししたことを、
瞬間的に、後悔した。

5-10++++

子どもっぽくならなければ
不快ですよと伝えた方が、
ねじれないのにね。



どんなお別れの間際にも
あぁしとけば良かったと、
罪の意識を感じるでしょう。

キリが無い。

5-10++




病院での診断結果は、
やっぱり前庭障害。

強い吐き気が続くので、
水を飲んでも戻す。
薬も出してしまう。

トイレへいきたい時は
足をばたつかせるから、
抱えて外に出す。

タオルで補助してなるべく
自分でやってもらう。

真夜中は、オシメにお願い。


5-10

↑二日酔いや車酔いの
すごいものだと思い、

時おりハッカ油を蒸気で
たいています。スッキリ。

表情をみていると、
手塩さんにも良さそうだ。


5-10*

↑洗い待ちの器たち。


何日か引っ越し作業へ
身体が動かなかった。

何とかなる、でしょう。


手塩さんのこともあり、
今後の店舗修復プランの練り直し。

より自然環境への負担が軽く、
刺激の少ない方法を。


5-10*******

↑こちらも掃除待ち。

いい色になってます。

蔵や倉庫や廃屋で、
長ーーい間、眠っていた
古道具や古布。

もうじき出番ですよーー。




糸井さんの言葉メモ(5/9付)。


「全国の地域や店舗によって、
  震災への感じ方やとらえ方に<温度差>があるって。
  そういう言われ方もするんですけどね。

  わかったんです、<温度差>があっていいんです!
  本部も、遠くの店も、みんなが、
  仙台店のような熱を持ってやってたら、
  みんなが、まいっちゃいますよ。

  落ち着いて応援してくれるのが、ちょうどいいんです」

 そうなんだよなぁ、ケガした場所って熱を持つけど、
 からだ中が熱持ってズキズキしてたら倒れちゃうものね。 

 
・震災の影響を大きく受けた人たちにお会いして、
 みんなが言うのは、同じことでした。

 「元気で、忘れないでいてください」です。
 「働いて、経済を回してください」と伝言でした。


5-10-

>ケガした場所って熱を持つけど、
>からだ中が熱持ってズキズキしてたら
>倒れちゃうものね。 

この言葉に、そうか。と思う。


目は船酔いのグルグルだけど、
風を感じたり、
家族が撫でるのを受け取って、
手塩さん戦っているなぁ。

出来事とか不快な面、
ぜんぶに意識を集中したら、
倒れてしまうんだ。きっと。


うごく。

チラシやハガキが届いてますよーから
いくつかご案内。

11-19


モノツクリ金造さんの
個展。

☆11月20日(土)〜27日(土)
  *21・23休み

モノツクリ金造Φニヨル図画工作ブツ展-其ノ九-
    【ココハ 何処ノ 裏道ゾ?】


会場/上越市・三上酒店(営業時間)9:00〜19:30
時間/初日のみ14:00〜19:30/最終日のみ9:00〜18:00
*他は御店の営業時間と同じ。

我が家の壁に這っている
ワイヤーイモリは、金造さんの作品。



11-19*

《大掃除前のエコたわし作り》

ミトンのように手を入れて
お掃除できるエコたわし作り。

ちびっこポシェットなどに
流用できそうでした。

初心者さん向けの
編み物ワークショップ♪

12月18日(土)13時〜16時 ごろまで 
参加費:2,000円
(材料費込み/ドリンク・スイーツ付)
     
定員4名

会 場:アトモスカフェ

先 生:道さん 

予約・お問い合わせ:アトモスカフェ
(025)770-0709まで(根津)



一黙窯さん、最新展示は古道具。

次次回もまた別の古道具展
(さびかわ展)とのこと。

11-19**

11-19***

会期が短いのでお早めに。
(私は見に行けないかも



11-21*******

妄想間取り図が具体的に育っています。

出来なくなること、
出来るようになること両方あって、
今からやった方が良いこともある。

先延ばししてることは多分、
どこにいってもやらないなぁ。



雪降り前の景色。

インターホンが響いて
柔らかくて美味しい下仁田ネギと
貯蔵用の冬ネギをたくさんいただいた。

11-21+

西日の光で渡される頂き物バトン。

心に栄養がつきます。
ありがたいです。

11-21***

ネギの植わっていた
お隣さん(本家)は造園所で、
庭石などの資材も置かれている。

子どもの頃から遊び場でした。

かるがも親子が住んでいたり、
写真の石組みにはイタチが居る。
10秒見つめ合ってしまった。かわいい。

(ん?両者は補食 被捕食の関係……生きろ。)

11-21

冬タイヤに交換中の父。ありがとう。

11-21*****

ご近所に大根プリプリ。

11-21*

我が家の物干にも。

買い出し立ての着物も揺れています。

11-21****

真っ赤な山と、満月に近い銀円。

新月のコンサートから、
月日が半分巡ったんだ。



久しぶりに、
父の古道具屋店内も。

11-21++

ガラスの多い場所。

11-21+++

江戸〜明治の陶磁器。

11-21++++

蔵の戸など。

(土)(日)(祝)のみの営業です
(時おり臨時休業あり)。



ひよっこ11月は明日の開催。
まだご参加受付できですよー。

クリスマスオーナメントを
チクチク手作りしましょう

11-21-

ポン・デ・リースさのや。

彼女のトレードマーク、
赤いメガネがリースのオブジェみたい

【ひよっこ手芸部11月】

◎クリスマスオーナメント作り◎

 冬中飾っておける、キラキラ可愛い
 オーナメントを作成します。

★日 程:11月22日(月)13:00-16:00pm

★参加費:1,800円(ケーキとお茶付き)*定員6名

★材料、道具代もすべて込みです。手ぶらでもOK。
 ご自分用のハサミがあると作業がスムーズ。

★会場:はやかわ Antique & Crafts 店内

11-21**

↑昨日の手塩さん。



11-21******

ハイネさんにかっこいい
本革エストニア製ブーツが。

一時期厳格に菜食を守っていたときに、
革製品を買わなかったことがありました。

こちらのメーカーさんには、
きちんとした姿勢があって素敵だ…

そしてまた、
素晴らしい動きを支援するのには
お金も必要なのだと思う、この頃。

お財布の中身と相談して
昨日の買い物はコチラ。

11-21--

欲しかったスノーシュー!
雪が降るのを指折り数えたい。

ゾンネさんにて12,600円。
夏はトレッキングに使えるストック付き。
店頭にある分は売り切れた模様。
(取り寄せできるのかも)



本日も晴天なり。
父と母は雪囲い中です。

11-21---

娘の目から見ても、可愛い後ろ姿…
めおと35年の歴史。

さて。仕事しよ!
アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie
  • ライブドアブログ