南インド

雪に埋もれる前に。*写真追加。

モノクロチラシ

【右手で南インド料理を食べる会!通称:トラジリ】

   参加者さんへ。


15,16日の開催日、
もうすぐそことなりました。

現在、15日の会は参加者31名、
16日の会は21名となっています。

*16日あと4名、受け付けできますので、
【食べたい!】と思いついたらご連絡をm(_ _)m
 ちび子連れのママさん複数いらっしゃいます


トラジリつむぎカフェ

↑15日の会場・つむぎカフェさん。

☆現在、手元に届いているリストから…
(残った材料で即席メニューあり?)

冬瓜のサンバル
ラッサム
冬瓜とカボチャのオーラン
さつま芋のクートゥ
冬瓜のモール・クートゥ
じゃが芋のポディマス
金糸瓜のパチャディ
ミックスベジタブルのクルマ
キャベツのトーレン
舞茸のコロンブ
里芋のスパイシーロースト
メドゥ ワダ
マサラ ワダ
イディアッパム
ココナッツチャトニ
グリーンチャトニ
ビーツのチャトニ
茄子のアチャール
揚げパパド
バスマティライス
カードチリ
ラッドゥ


トラジリちゃい

↑ 15日に提供予定のチャイ。
(こちらはオーダーされる方のみ。実費です)


インド料理店がそれほど多くなく、
あってもコッテリオイリーな
北インド系ばかり?の新潟県。

メニューを見ただけでは
どんなものか想像できないはず。

これなんだろう、とか、
美味しい、不思議な味…

皆で食べる醍醐味は、
ワイワイ会話することかも
知れません。

私は会話を聴きながら、
きっとモクモク食べてます(笑)

大好物のワダ、ラッドゥー、
楽しみだ〜…


とらじり宝林寺

↑ 16日の宝林寺様。緑が美しい会場

〈少し早めに来られる方、調理補助大歓迎!
 各回4時間位まえから作業しています〉

〈ご飯を食べ終えてから、お時間のゆるす方は、
 会場の掃除にご参加ください。

 こちらでも用意しますが、マイ雑巾、台拭きの
 持ち込みしていただければ、ありがたいです〉


あとはひたすら、
美味しく食べるだけ!

会場でお待ちしています♪



冬近しの店内スナップ。

10-13-5

ストーブを2台設置しました。

まだ灯油は入れていませんが、
ワンコとストーブの相性は
いいみたいです(絵的に)。

床のリサイクルウールのラグマット、
写真と同じものがあと1枚あります。
(2,940円/税込み。インド製)

次回は10月22日入荷で、
色んな色柄がある…予定です。

シンプルさが使いやすく、
電気マットの上などにも。


10-13-4

ストーブの上の空間は、
何かをのせておきたい場所。


10-13-2

囲む人が変われば
景色も違う。

アイスを食べているところ。
温かい日でした。


10-13-3

ドライアイスでクモクモ実験。
沸かしたいなぁ、もっと豪勢に。

ドライアイスって昔に比べると
あまり見なくなったような。


10-13-1

以前お嫁にいったインドのフチ飾り。
素敵なバッグになっていました。

スパンコールは手刺繍。

手仕事の国であり続けますように…


10-13-9

参道わきの空き地には
見事なミゾソバ畑が現れています。

以前この一軒家に住んでいた
アキ先生(ソプラノ声楽家で音楽教師)は、
小さくてピンク色のミゾソバが大好き。

〈コンペイ糖が咲いた〉と
愛でていたそうです。

ほんとうに美しい…

雑草が繁る様子は時おり、
計算され尽くしたお庭に勝る。


10-13-10

背の高いこの草は、
なんだろう??



10-7-19

↑ 仕事を終えてから、
見に行ってきました。

〈雪に埋もれて〉
ウリルケ・オッテンガー監督

小さな部屋に、
160人入って満員だった試写会は、

できたてホヤホヤ、
ナレーションはドイツ語のママ。

出演者さんが日本語だったから
半分くらい理解した、かなー

不思議な雰囲気の作品でした。


10-13-6

↑ 会場は、越後上布を5年間かけて
 習得する織り子さん達の、修行の場。

年末から小正月にかけての
雪国のお祭りや暮らしぶりに
多く時間が割かれています。

鳥追いなど
年配の方から聞いてきた様子を
実際の映像で見られて、満足。

失われた風習を懐かしむ
ため息のような声が、
そこかしこで何度も聞こえました。

杵にくっついた餅を
荒縄でこそげとる場面を見て、
私も小さな頃を思い出します。

公民館の餅つき、
きなこ味がおいしかったっけ。


10-13-8

地吹雪や曇天の日に
撮影された景色が大部分で、
(越後上布の雪晒し場面も雪降り…)

これを見たドイツの方は、
暗く寒く厳しすぎる日本の冬、

というイメージを
受け取るかも知れません。

江戸時代から近年までの雪国は
確かにこのように
過酷で長い冬だったろうから、

楽しみを盛り込みながら
乗り越えていったのでしょう。

これから日本語字幕を制作したり
全国で上映されるように
働きかけてゆきたいとのことでした。

どこかで見かけることがあったら、
塩沢や十日町の失われつつある
景色をどうぞご覧下さい。

さぁ、私も冬支度をすすめなくちゃ。

10-13-7



雨粒、草の根。

★ご飯会、15日夜の会は、定員に達しましたので、
 申し込みを締め切ります。16日はまだ大丈夫です。


☆お申し込みメールの1つが
 『迷惑メール』フォルダに振り分けられていました。
 (返信が来ないよとのお電話で判明)
  メールしてから反応がないという方、
  お手数ですがこのブログへの書き込みか
  お電話にて連絡ください。すみません。


南印ベジご飯を食べる会。
 ↓
モノクロチラシ

*クリックで拡大。

メニュー、とらさん思案中の
暫定版ですが、入れ替わってます。

15日はあと10人、
16日はあと19人。

半分ちかく埋まりました。
(仮予約者さん含まず)

お母さんと一緒の、
ちび子参加者さんも居ますよ。

食べにきてね&食べましょーー

【16日の12時半〜2時まで、
1時間半はやかわを閉めます。*手もみやは営業中】


15,16日と少し違うものが
食べられるらしい…。

菜食ご飯は
胃にもたれにくいです。

夏の疲れた胃腸に、
お試しあれ。



デイリースナップ。

10-4-24

家の裏で
ソバ畑を眺めながら、


10-4-25

大地の恵み、さと芋掘り。
立派なサツマイモも。


10-4-23

玄関先に積み上げた本、
(コーヒー豆代を賄うコーヒー豆文庫)
数日で半分になりました。

今回は手放せなかった本が
だいぶ混じっていたのです。

趣味が合う、のは嬉しいな。


10-4-7

イベント目白押しだった週末。
お昼に自転車で六日町駅前へ。

声をかけていたいだいたお客様から、
蜜だく芋をいただく。


10-4-5

ブランドものの袋って
分厚いんですねぇ…


10-4-6

中身は開店お祝いの
おてしょ皿でした。

さっそく活躍させています。


10-4-8

竹炭入りマルセイユ石けん、
ティラミスロール、なめこ、
栗の渋皮煮、芋けんぴなどおやつ、
綿の実(中の種をキープ)。

いただきものは自然派と
砂糖たっぷりに二分されます。

どちらも大好物。


10-4-4

作るのはきっとめんどくさい…
渋皮煮を、朝の一服に
アッサムティーと。

合う合うーー

寒くなると
嗜好が変わります。

お客様にお出しする飲み物も、
先週の人気ものは、
柚子茶としょうが茶。

(コーヒー等、数種類の中から
選んでいただいています)


10-4-3

閉店後に、近所のおばあちゃん
(と呼ぶのにはばかられるパワー)
のお家で、柿渋つくりのレクチャー。

豆柿を使いました。

昔はどこの家の庭にも
接ぎ木に用いる為に生えていたとか。


10-4-2

玄関先でバシバシ潰して、
同量の水に浸しておしまい。

10日くらい
涼しいところで寝かせてから、
搾り取ります。

(最後に、茶こし等で濾しとる)

潰した柿の汁を舐めたら、
…渋エグ…ほのかに甘み。

この汁をそのまま用いても、
すでに染色液として使えるそうな。



ここから
津南のなじょもん、
焰祭りの様子。

ワタワタ忙しい週末で
行かないつもりが…

薄着で閉店後に参加。

10-4-9

割った丸太に油を注ぎ
点火した灯りが道しるべ。


10-4-10

駐車場脇のエントランス。


10-4-11

そこかしこにテーブルを並べて
思い思いの時間。


10-4-12

100円のオカラコロッケに
オマケで付いてきた
手作りおぼろ豆腐。

おいしいいーーー


10-4-22

竹筒ごはんも炊きたてを
ご馳走になる。

夜遅くから参加したおかげで、
いただきものばかりでした。

残り物は幸福。


10-4-16

ライブの素晴らしい音楽を
贅沢に身体で聞きながら、

目が追っかけていたのは炎。


10-4-18

ひかりひかり、
影と暗闇に飛ぶ火の粉。


10-4-21

目が慣れてきて、
光がもっと見えてくる。


10-4-17

裸足で一日中歌って踊るように
仕事を出来たら素敵だねぇ。


10-4-13

夜には炎を囲んで。


10-4-15

津南のお母さん達が集めた
野山の薬草達。


10-4-14

100円で中くらいのティーサーバーに
好きな薬草を好きな配分で。

オリジナル薬草茶は、
隣同士で飲み比べてみたら、
見事に別々の味わい。

案外、どくだみって癖になる。
美味しい。

そして笹の葉っぱが好き。
ハッカもよかった。


10-4-19

物販のテントは店じまいで、
物欲とは少し距離を置いたイベントで。

転がっている規格外の景色が
いちいち愛おしい。


10-4-20

見上げれば星の空。

私は目が良くないから、

暗闇で声を掛けてくる友人知人たちは
もっと世界が明るく見えているんだろう。
(私には顔が判別できていない)

けれど久々に、闇が霞むほど
集まって輝く星に出会えました。

それでもう、満たされた。

場を作ってくれたスタッフさん、
参加者さんに感謝。

やっぱり
イベントって良いな。


そぎ落とせるかな??

9-29-3

1回の記事に写真が50枚(!)とか、
このところは重すぎました。

読み込みに数分かかる、
読むのをあきらめたという
お話を聞いて、いかん。

ちょっと締めます…

本日の写真は、
20枚以下(でも多いか)。


9-29-11

美味しいもの。

いただきものも自分でかうものも、
夜遅くに食べることが増えて、
体重も落とさないとなぁ。

(ヨガをやめてから筋肉ゼロ、
体調もほどほど健やか程度)


9-29-5

増えるのは簡単で、
写真でも何でもついゴテゴテ
したくなってしまう。


9-29-2

畑にたくさんなってるという
ハバネロをいただきました。

可愛い顔して凶暴。

自家製タバスコを作れるそうな。
わくわく。


9-29-4

このところ、空が高くて
光がきれい。

夜の星も鮮明に見えます。


9-29-1

鎌仲監督に洗いざらしの
浴衣をほぐした手ぬぐいを
ギフトしたら、
新刊が届いていました。

(1日数百件にのぼる
お問い合わせメールへの返信も
すべてご自分でされているとか)

旅先に持参するも読めず、
けれど索引を見ただけで
〈今よまないでいつ?〉です。

読もう。


9-29-12

かわいいザル達。

野菜や食器を入れたり、
洋服の一時避難所にも。

そういえば、椅子がバタバタと
お嫁に行きました。

このところ、ギャラリーや
セレクトショップさん、
新規開店予定のお店、

そんなところへ
旅立っています。

沢山の方に座っていただける。
うれしいなぁーー


9-29-13

古道具の黒が青に馴染む。


9-29-14

磨りガラスの書き込みは
洗っても落とせなかったものの、

可愛い字体(フォント)だ。

地名か屋号?


9-29-9

毎朝3つずつ花を咲かせるので、
撤去できない昼顔。

葉っぱが繁らず、
グリーンカーテンには
なりませんでした。

来年の課題。



9-29-10

このところ手塩氏(17歳)
写真が少なかったから、

元気ですよーの便りを兼ねて。


9-21-16

籐椅子と同化中。


9-29-15

毛が全体的に薄くなり、
窓際午睡にはストールを。


9-29-6

先日初めて、

参道と境内以外の
お店周辺に散歩へ出かけました。

半径30M→300Mくらいに
世界が広がった。


9-29-7

左目は明暗くらいしか
おそらく見えていませんが、

右目を使ってサクサクサクサク


9-29-8

露草と一緒。

これからも、がんばりー



ご飯会のポスター。

(写真提供は、
東京ご飯会に参加した、しましまさん)
ポスター

*クリックで拡大

内容はほとんど同じですが、
モノクロチラシも。

チラシA5

*クリックで拡大

15日の枠から埋まっています。
16日は各地でイベント多いから…

でも、お寺で食べるって、
良いですよーー!

裏山のコケも散策道も、
素晴らしいですし。


ひたすら美味しくわいわい食べる
シンプルなお楽しみをどうぞ〜

早く食べたいーーー



アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie
  • ライブドアブログ