店内グルリシリーズ?

11-27-18

玄関です。

洗い終わっていない
蔵出しホヤホヤの木箱(中身入り)が
積まれっぱなしなことも…

ちょいと覗いてみて下さい。

こんな状態で100年前後、
年月を重ねているのでした。


11-27-15

密やかなクリスマス模様。

20度まであっためた室温も、
翌朝には5度ちょっと。
外気温より下がっています。

古家はかわいくて、
なかなかに寒い。


11-27-16

多色使いでお正月めいた
〈いつもの〉お皿たち。
1枚300円です。


11-27-17

でも時おりは、
幕末〜明治の手描きも
使いたくなる。

(左2枚は戦前)



11-27-14

妊婦さん歴3ヶ月の友達から
お母様てづくりの笹団子たくさん。

産院でお腹をすかしてみたら、
ちっちゃなベイビーが両手を
パタパタふっていたそうな。
クリオネみたいに。

そして妊娠に気がつく前に、

『収穫した米俵をいっぱい
はこんじゃったてー』

と笑う彼女のお子さんは、
来年6月ごろ全世界デビュー。


11-27-8

杉の葉っぱを拾っているところ。

来年は、スノーピークの
焚火台を買うのだーー

降り積もった葉っぱたちを
焚火台で一掃したり、

今年は手を出さなかった
外壁のペンキ塗りをしたい。

2012年の目標。


11-27-9

着物買い付け続いています。
玄関にどさり重ねたところ。


11-27-6

木綿の和更紗は素敵だなぁ。


11-27-5

襦袢地です。


11-27-4

こちらはオシャレな娘さんの。


11-27-3

奥の縞×格子は現物を見たら、
とびきり粋です。

手前はきれいな絽縮緬。


11-27-2

週末、訪ねてくる方と
お話ししながら値付けして、
50枚くらい品だし完了。

これで半分。

明日以降も増えます。

沢山の模様が欲しいハギレ、
美品は可哀想なので
丸ごと1枚売りでいきますが、

シミや穴がどこかにあれば、
割り切ってハサミを入れようかと
思案中です。

それをそのまま企画にして、
何か出来たら…。


11-27-10

柏崎、初冬の海の音を聴きがてら、
ドライブゆきたい。
タンネさんの葉書、白がうつくしい。


11-27-1

閉店後、仕込み作業中な
アトモスカフェさんへ。
いつもこんなですみません。

肉抜き、タマネギケチャップライス+
とろとろ卵+さらにケチャップ、

な、特殊オムライスをオーダー。

ぶつぶつ交換会、
わらしべ市は明日まで。

手ぶらで訪れても
お気持ちを寄付すれば、
洋服や本や雑貨を持ち帰れます。


11-27-7

流れで店主氏の撮影会に。


11-27-21

旅先では色んな人を呼び止めて
写真を撮らせてもらうけれど、

日常では躊躇してしまう。


11-27-20

もう少し、
人を撮ってゆきたい。

いつか(ずっとずっと先で良い)、
それを見て、泣きたい。笑いたい。


11-27-19

昨日の弾丸トラベラーは
デリーとバラナシ。

一度吸い込んだ景色は
心の中で根付いて、
故郷のように帰りたくなる。

テレビの中で走り出す寝台車。

ホームに流れているパパーンという
音やアナウンスで、
胸が痛むのは懐かしいから。

数時間のディレイ(遅延)は当たり前、
十数時間を待ち続けたことや、

夕暮れの輝きの中へ
ゆっくりと滑り込む、
長い長い車列の影。


11-27-23

waiting list が繰り上がらなくて
座席のとれなかった車内の床で、
夜を超した日。

ギュウギュウ詰め、
足もたためず、ほぼ立ちっぱなし。

いつもは楽しい9時間の移動が
長く感じて、夜風は冷たい。

なのに辟易する時ほど、
心のどこかが元気に躍動し始めた。


11-27-22

土と石と木で築かれ
天然物の多い景色に、

きっとまた会いに行くよ。



長い日記になりましたが、
一番最後に。

11-27-11

以前、手もみやの関谷さんが
アトモスカフェさんで
月イチ開催していた

『ハーバルタロットリーディング』

整体の裏メニューとして
復活させる事にしました。

1セッション500円

特に時間設定はなく、
一つの質問で10〜20分くらい
かと思います。

ライトな占い、のようなもの。


11-27-12

ネイティブアメリカンや
インドのアーユルヴェーダ等、

各国の知識を学んだ
薬草のプロフェッショナル、

アメリカ人のハーバリストさん
お2人が共同で作った
カードを用いています。


11-27-13

死神のカードは
牧童に変わっていたり、
正位置、逆位置もなく、

植物の力に問題をたずねる
やさしい感触のタロットカード。

私自身は信仰心は人並み?かと
思いますが、見えない人です…

(関谷さんもたぶんそうだけれど、
2人とも寺社仏閣にご縁はあるか)

示されたカード、
1枚目はソードの5。
司るのは宿り木。

問題の対象とけんか腰になる。
さらに負け戦の暗示。

もう1枚引いて出たのが、
ワンドのクイーン。

女性性のある思慮深さを
心に蘇らせる、
ラズベリーのカード。

確かにちょっと
勝ち負けで考えていたな、
と、納得できる面がいくつか。

今回、質問をする為に
心で案件をまとめて
関谷さんに話をした段階で
整理が進んだ気がします。

第三者に話す行為が、
からんだ糸をほぐすような。

*守秘義務は守られます!

が、ちょっと深めなご質問は、
他にお客様の居ないときを
見計らってどうぞm(_ _)m 

エッセンシャルオイルの香りと
カードのメッセージで
頭と心が和らいだら幸いです。