ゾンネ

たまに、ごちそう。

9-3-4

雲間が発光している。
透明感が増して美しい。

台風はまだ遠いのに。


〔業務連絡〕

ハッカスプレーボトルの
詰め替え(*880円)、

この週末にお持ち頂ければ
(火)にお渡しできます。



ハッカ蒸留水の
詰め替えもできます。

*400円/100ml

空ボトルをお持ちください。



9-3-14

入ってきたものの一部、

ひげ紬の帯、
エキセントリックな紬着物、
小千谷縮です。

状態良好で着用可能。



9-3-1

2週に渡って
たくさん歩く予定があるから、

ハイネさんで購入した革靴が
足に馴染んできたところで、

仕上げとなるインソールを
選びにゆきました。

ゾンネさんにて。


9-3-15

靴に合わせてカットして貰い、装着。
黒い色も、アクセントになるかな。

靴底一つで、きちんと大地を
踏み締められるようになります。

面白いものだ。


9-3-13

夜まで開いている物販店、
魚沼では貴重ですね。




9-3-5

たくさん歩く目的地の一つ、
金沢の干菓子がやってきました。
タイムリー。

清々しいかたち。


9-3-2

自然の作る連続模様やパターン。

水害で泥が入り込み
割れてしまった田んぼ…

枯れた大地のようだ。


9-3-6

そぎ落とされたデザインや
連続模様が全て
心地よく美しいわけじゃない。

別の次元に繋がりそうな、
ある種の違和感。

有機的なものが好き。
いびつさやほころびは必要。


9-3-3

穴のあいたジーンズに、

インド・カッチ地方の古布を
アップリケして下さっていたお客様。

自分で旅から
持ち帰ったものだけれど、

そこから更に人の手を経ると、
もう、全く違う表情になっている。

『ジーンズがいよいよダメになったら、
この布だけ剥がして、
また別の服の補修に使うんだ』

…なんて幸せな布たちだろう。


9-3-7

店じまいをしながら突然に
思いついたこと、
『美味しいピザが食べたい』

台風対策に雨戸を閉めてから、
岩原へ向かいました。

名店ピットーレ


9-3-9

かわいい薪窯。


9-3-10

どこの織物かな。
中近東方面。


9-3-11

自家菜園のサラダ。

盛りつけは、
味の半分を担っているわ。


9-3-8

いつもの外食と比べて
予算は数倍かかるけれど、

(良心的なお店に恵まれています)

このチーズは、全く別物…


9-3-12

お店の雰囲気全てが
調味料になって、

外は少しの雨降り。

食前酒から
ゴルゴンゾーラのニョッキ、
ソースはバゲットですくいあげ、

デザート盛り合わせまで
キレイに平らげ、

心から満足して
帰宅しました。

わずか3時間だけれど、
素晴らしい休息と気分転換。

ご馳走は、たまにでいいの。

ジャンクなご飯(コンビニおにぎりとか)の
回数を今より減らして、
たまーにご馳走を食べよう、

と思い直した夜。


一ヶ月終わり。

6-24-16

月刊 新潟komachiさん
本日(25日)発売の号にて、

新店舗の紹介記事を
載せていただきました。


6-24-7

ずいぶん回復した手塩さんに
記者さんいわく、

『また1年くらいしたら、
元気に載るんだよ~』

ほんとに。
叶ったらすごい。


6-24-5

今日も調子が良くて、

心がそこにあること。
それだけで、十分だ。


6-24-8

店内を確認、パトロール中。

初めて意志を持って
お店の中を歩いた、

今日がたぶん、
最初の日。

*店内のレトロな扇風機たちは、
 一部販売できます。涼しい。


6-24-9

明日は週がわりの
自家焙煎フェアトレードコーヒー、

一杯パック(10g/ドリップペーパー付き180円)
の発売日。

写真は、豆のまま100g
ご注文の方へ納品したもの。

あっさり梱包で、
お得な530円。

小さな一杯がお気に召したら、
こんなオーダーもどうぞ。

ご注文ごとに、受取日の前日に
手煎りして下さいます。

→制作者 tamさんのブログ

最新記事は、

カリガネ茶と
桜の葉っぱのミックスが
日本への支援と成るお話。


6-24-15

母の梅ごったく。


6-24-14

春菊を横断中に
運ばれてきた君(きみ)。


6-24-6

ハッカ油詰め替え時に、
和種ハッカの鑑定を…と苗が。

何故かお爺ちゃんが、
電話に出ないーー

詰め替え作業、
遅れるかもです…


6-24-4

旧店舗ではおなじみ、

全部100円の店主の本棚、
コーヒー豆文庫(*)、

玄関入ってすぐの場所に
復活しました。

(溜まったお金で、
お客様にお出しするコーヒー豆や
お茶を買っています)

手放すのが惜しいものを
つい取り出して読むけれど、
良い本は巡るもの。


6-24-10

気泡入りガラス、亀、
黄色い花束、白ワイン、赤ワイン。

ありがたい開店お祝いが
続いた日。

幕開けから、
ちょうど1ヶ月が満ちた。

気づいて密かに喜びました。




6-24-11

そんな日の朝3時45分。

空の身支度は、もう出来ている。


6-24-13

暮れるのは遅いのに、
明けるのはこんなに早い。


6-24-12

冬は動けなくなるから、

日の長い今だよ、今
と気の早いヒバリが
空の高いところで。




同じ日の閉店後。

一周年おめでとうございます、を
お祝いしそびれていたお店へ。

6-24-3

品物が、数倍?に
増えていて、わーー。


6-24-2

二階が洋服屋さんみたいに
なっていたのにも、びっくり。

→坂戸のゾンネさん

行く前に大きな買い物
(エアコン…)をして、

ポータブルミル(コーヒー豆ガリガリ)を
しばし我慢。

でも、いいなぁぁ。

最高に景色のいい場所で、
挽き立て入れ立てコーヒー!

今年中に叶えたいです。




おまけ。

写真を撮るタイミングを
見計らっていた足湯。

6-24-1

原哲夫先生ファンには、
たまらないのでしょうか。

ムキムキー。

六日町の兼続通り商店街にて。
(291号線の銀行通りです)

別名、戦国絢爛ストリート??

想像を追い抜かれると、
むしろ壮快になります。

何だかすごい。


うごく。

チラシやハガキが届いてますよーから
いくつかご案内。

11-19


モノツクリ金造さんの
個展。

☆11月20日(土)〜27日(土)
  *21・23休み

モノツクリ金造Φニヨル図画工作ブツ展-其ノ九-
    【ココハ 何処ノ 裏道ゾ?】


会場/上越市・三上酒店(営業時間)9:00〜19:30
時間/初日のみ14:00〜19:30/最終日のみ9:00〜18:00
*他は御店の営業時間と同じ。

我が家の壁に這っている
ワイヤーイモリは、金造さんの作品。



11-19*

《大掃除前のエコたわし作り》

ミトンのように手を入れて
お掃除できるエコたわし作り。

ちびっこポシェットなどに
流用できそうでした。

初心者さん向けの
編み物ワークショップ♪

12月18日(土)13時〜16時 ごろまで 
参加費:2,000円
(材料費込み/ドリンク・スイーツ付)
     
定員4名

会 場:アトモスカフェ

先 生:道さん 

予約・お問い合わせ:アトモスカフェ
(025)770-0709まで(根津)



一黙窯さん、最新展示は古道具。

次次回もまた別の古道具展
(さびかわ展)とのこと。

11-19**

11-19***

会期が短いのでお早めに。
(私は見に行けないかも



11-21*******

妄想間取り図が具体的に育っています。

出来なくなること、
出来るようになること両方あって、
今からやった方が良いこともある。

先延ばししてることは多分、
どこにいってもやらないなぁ。



雪降り前の景色。

インターホンが響いて
柔らかくて美味しい下仁田ネギと
貯蔵用の冬ネギをたくさんいただいた。

11-21+

西日の光で渡される頂き物バトン。

心に栄養がつきます。
ありがたいです。

11-21***

ネギの植わっていた
お隣さん(本家)は造園所で、
庭石などの資材も置かれている。

子どもの頃から遊び場でした。

かるがも親子が住んでいたり、
写真の石組みにはイタチが居る。
10秒見つめ合ってしまった。かわいい。

(ん?両者は補食 被捕食の関係……生きろ。)

11-21

冬タイヤに交換中の父。ありがとう。

11-21*****

ご近所に大根プリプリ。

11-21*

我が家の物干にも。

買い出し立ての着物も揺れています。

11-21****

真っ赤な山と、満月に近い銀円。

新月のコンサートから、
月日が半分巡ったんだ。



久しぶりに、
父の古道具屋店内も。

11-21++

ガラスの多い場所。

11-21+++

江戸〜明治の陶磁器。

11-21++++

蔵の戸など。

(土)(日)(祝)のみの営業です
(時おり臨時休業あり)。



ひよっこ11月は明日の開催。
まだご参加受付できですよー。

クリスマスオーナメントを
チクチク手作りしましょう

11-21-

ポン・デ・リースさのや。

彼女のトレードマーク、
赤いメガネがリースのオブジェみたい

【ひよっこ手芸部11月】

◎クリスマスオーナメント作り◎

 冬中飾っておける、キラキラ可愛い
 オーナメントを作成します。

★日 程:11月22日(月)13:00-16:00pm

★参加費:1,800円(ケーキとお茶付き)*定員6名

★材料、道具代もすべて込みです。手ぶらでもOK。
 ご自分用のハサミがあると作業がスムーズ。

★会場:はやかわ Antique & Crafts 店内

11-21**

↑昨日の手塩さん。



11-21******

ハイネさんにかっこいい
本革エストニア製ブーツが。

一時期厳格に菜食を守っていたときに、
革製品を買わなかったことがありました。

こちらのメーカーさんには、
きちんとした姿勢があって素敵だ…

そしてまた、
素晴らしい動きを支援するのには
お金も必要なのだと思う、この頃。

お財布の中身と相談して
昨日の買い物はコチラ。

11-21--

欲しかったスノーシュー!
雪が降るのを指折り数えたい。

ゾンネさんにて12,600円。
夏はトレッキングに使えるストック付き。
店頭にある分は売り切れた模様。
(取り寄せできるのかも)



本日も晴天なり。
父と母は雪囲い中です。

11-21---

娘の目から見ても、可愛い後ろ姿…
めおと35年の歴史。

さて。仕事しよ!

古物スナップ/ゾンネさんで空き缶バーナー。

買い出し品から。

10-2-4

アンティークではないけれど、
60年くらい経てば、
やっぱり新鮮。
大好きな布団皮の更紗。

10-2-3

金の入った器は、重曹でお掃除。
藍だけならば、漂白しています。

(汚れが魅力になっている場合は、水洗いのみ)

10-2-10

紙で作られているので…
内側は補修が必要な行李。

10-2-9

こちらのトランクも、
内側は紙張りでした。

(素敵なプリントがされていたけれど
衝撃を加えると…)

10-2-8

一部を美味しく、
ネズミ齧りな背の高い棚。

江戸の鉄くぎ(断面が四角い)が
刺さっていたので、
作られたのは明治かな〜

10-2-2

小さな紙もの。

版画職人さんは明治以降、
どうやって食いつないだのかしら。

江戸時代は転職当たり前だったと、
杉浦日向子さんの御本で
読んだ記憶があるけれど。



コンクリートブロックの隙間に
生えていた雑草を、
古道具に植え替えたもの。

10-2-1

今が花の時期らしく、
なんとも可愛いらしい姿。

10-2-7

ワイヤープランツも
開花していました。
米粒大の緑色。

10-2-6

稲刈り後に藁を束ねる父。
来年の、斉の神様に使います。

10-2-5

前回のひよっこ手芸部、
補習を終えた布。
(このあと、ポーチに)

一目見たお客様が、
(手塩さんは別室でお昼寝中)

きょろきょろ辺りを
見渡してから、

【…ねぇ…あの犬、もしかして
(死んじゃったの?←言外に)】

元気です。

光背付けたのがまずかったか…



10-2-11

昨夜は友達のお誘いで、
坂戸のアウトドア系雑貨屋、
ゾンネさんへ。

空き缶で手作りバーナー作成
ワークショップ!

10-2-13

この状態を目指します。
(十字のアルミパーツは、先生Kさんの手作り)

都会のアウトドアショップでは、
2,000円以上で売られているとか。

10-2+

失敗空き缶が積み重なり、

10-2-12

緻密な計算を経て(手の上で)、

10-2-14

できたー!!

ポツポツ広がる、
ファイヤークラウンが可愛い。

10-2-15

アルコールまで付けていただき、
至れり尽くせりでした。

マッチと一緒に携帯すれば、
いつでも外コーヒーが飲めます。

アルミ缶は軽くてコンパクト。

自転車のお供だな♪

ゾンネさん・月曜断食・なじょもん。

8-11**********

坂戸山登山口
近くにオープンした
アウトドアグッズ中心の雑貨店、

Zonne(ドイツ語で太陽)さんに
夜遅ーく伺いました。

一軒家のガレージをイチから
内装工事したそうで、

雪囲いの板でウッドデッキ、
(冬になったら立てて、再び囲いに)
古い梯子を足にした陳列棚、
一軒家の後ろには広いお庭。

自分で敷き詰めたという芝生が
足下でフカフカ。

そこだけ山に面した
暗がりになっていて、
満天の星空!

8-11********

かわいい水筒が沢山。

山登り用の杖は1,000円台〜
トレッキング道具一式レンタルなども。

8-11*********

アジアな洋服たち(古着と新品有り)。

8-11************

木製パーツが可愛い
バードコール(鳥笛)と

パスポートも入る
コンパクトなウエストポーチを購入。

アウトドアグッズは
デザインよし、機能性高しで
危険…(お財布が)

8-11***********

自然ガイドのお仕事も
されている店主さん。

営業日と時間は
ブログでチェックを。

→〈アウトドア雑貨のお店・sonne/ゾンネ〉



8-11*******

梅の三日干し。

一転して、土砂降り雨。

8-11+

空が不思議な色になる。

8-11++

未使用の浴衣地各種と、
洗濯した雪ん子絣に藍無地木綿、
脱色剤で色を薄くした蚊帳の布。



8-11--

月曜断食のこと。

ご飯を作り食べ、片付けをして、
消化を待つ…の、
時間がぽっかり浮きます。

3日断食などは、
始める前後に時間をかけて、
ナチュラルな下剤を服用したり、
ちょっと面倒。

1日だけの水断食は、ラクチン。

しばし、
続けてみようかと思います。

8-11---

ベランダのゴーヤ。
小さくても、立派に香る。

8-11----

庭の薮の中で、
顔を出し始めてたミョウガ。

香りのよい野菜の多い季節。



8-11-----

出穂時期を迎えた、
草原のような田んぼ。

風の形がはっきりとわかります。



気になるイベント
たくさんな夏だけれど、

今は妙に、
土っぽいものに
触れていたいなぁ…

8-11-

清津峡を越えて、
津南の自然体験施設、
なじょもんへ行ってきました。

8-11

縄文式土器の
モノクロ写真展は
梵字書家さんのおススメ。

羽織袴!の作者氏が
暗がりにましましていたら、ぜひ、
解説をお願いしてみて下さい。

(私はお会いできなかった…)

8-11*****

↑奥の建物が、なじょもん。

8-11******

近くの津南ひまわり畑は有名ですが、
ここは穴場かも。

8-11**

復元された竪穴式住居。
ひとつひとつ、作りが違います。

8-11*

最終的に10年で10基が
広場を中心に並ぶそうな(今は6…かな)。

8-11***

地面で火を焚く。

入り口近くなら換気も良いし、
炎が猛獣避けになったかしら。

8-11****

こんなエントランス、
いーなぁ。
屋根に草が生えてるのも。



初めて訪れましたが、
良かったです!

8月は特に自然体験や
ワークショップが目白押し。

*入り口でまず、
〈体験ですか?〉と聞かれます。

定員一杯になることはあまりないので、
予約無しでもわりとOKとか。

〈周辺で身近な薬草を探す〉
フィールドワーク400円
(1人から催行可能。わーぉ)

↑本日のメニューでは、
こちらが特に気になった…

8-11------

ひょうたんランプシェード作りも。
(800円で材料費込み)

今日は時間がなくて
何も出来なかったけれど、

バードコール作り/300円
藍刈りと藍の生葉染め/500円
ロープで木登り(クライミング)/300円
森で遊ぼう/300円→森の中にツリーハウスや遊具が
バスで巡る野仏を訪ねるツアー/500円
星空観察/300円
竪穴住居の火戸で焼く縄文クッキー/800円

などなど。

…ぅ。
やってみたいことばかりなんですけど!

くわしくはHPをどうぞ→〔農と縄文の体験実習館・なじょもん〕

★8月のスケジュール

8-11-------

〈昔の遊び〉ワークショップに
参加中だった男の子。

輪っか転がしだね〜。
アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie

Rie

  • ライブドアブログ