11-8-2

呼吸が浅く胸を打ったら
少し考える事を減らして、

勝手に感じた使命感を
もんじゃくって*手放して、

(*くしゃくしゃに丸めて)

これは私がやる仕事、

と思うものをたんたんと
こなしていったら
期せずして誰かが
喜んでいた、くらいの、

風が吹けば桶屋が儲かりそうな、

目に見えない魔法の為に
働こう、と心が着地してから、

呼吸が深ーくゆっくりと凪いだ。


11-8-3

じたばたしても
仕方の無いこと、

必ず変わってゆくもの。


11-8-8

明日壊される蔵の
最後の夜に、

その胎(おなか)は静かで、
ずっと穏やかで、

気がついているんだろうか。


11-8-4

3mの高さに
入り口の開いた、
農作業道具置き場。

外壁に建てたハシゴを登り
その姿たちを見にゆく。

ぽっかりと空いた景色が
明日の夜にはこの場所を
埋めていること。

受けとめきって
たんたんとして。

道具たちはいつも
きちんと波の上に居る。


11-8-7

せきやさんに手塩を
抱っこしてもらったら、

自分が認識していた以上の
変化を感じました。

近すぎるほど、

見る前から勝手に
補正してしまうのかな。

ずっと同じだ、と。

たまに離れるのは、
いいみたい。

おぉ、って驚くけど。


11-8-6

小さな周期で
進んでゆく営み。


11-8-5

これから全うしてゆく
始まりの頃。


11-8-1

配管を組み直したり
一部を廃棄しました。

家も変わる。
いつの間にか壊れてたりする。

直しながらすすむよ。

ずっと同じじゃない。



いただいたお知らせから
ふたつ。

11-8-10

*画像クリックで拡大

11-8-9

*画像クリックで拡大

→くわしくは〔I(あい)の巣〕

『木』の形を作る、
抽象的に『木』を表現する…
どちらでもアリだそうです。

廃材、ともすれば、
ゴミを使ってもいいそうな。

身近な道具でご参加ください。

仕上がった作品は、
はやかわ店頭へどうぞ。

お預かりして、
Iの巣さんへお渡しします。

(大きすぎる作品はご容赦をーーー)

どんな物語ができるでしょう。



11-8-11

*画像クリックで拡大

→会場は〔アトモスカフェ〕

こちらは物々交換会。
これも捨てない為の工夫。

私も持ち出し予定です。

うまく循環しますように〜