ほむらまつり

雨粒、草の根。

★ご飯会、15日夜の会は、定員に達しましたので、
 申し込みを締め切ります。16日はまだ大丈夫です。


☆お申し込みメールの1つが
 『迷惑メール』フォルダに振り分けられていました。
 (返信が来ないよとのお電話で判明)
  メールしてから反応がないという方、
  お手数ですがこのブログへの書き込みか
  お電話にて連絡ください。すみません。


南印ベジご飯を食べる会。
 ↓
モノクロチラシ

*クリックで拡大。

メニュー、とらさん思案中の
暫定版ですが、入れ替わってます。

15日はあと10人、
16日はあと19人。

半分ちかく埋まりました。
(仮予約者さん含まず)

お母さんと一緒の、
ちび子参加者さんも居ますよ。

食べにきてね&食べましょーー

【16日の12時半〜2時まで、
1時間半はやかわを閉めます。*手もみやは営業中】


15,16日と少し違うものが
食べられるらしい…。

菜食ご飯は
胃にもたれにくいです。

夏の疲れた胃腸に、
お試しあれ。



デイリースナップ。

10-4-24

家の裏で
ソバ畑を眺めながら、


10-4-25

大地の恵み、さと芋掘り。
立派なサツマイモも。


10-4-23

玄関先に積み上げた本、
(コーヒー豆代を賄うコーヒー豆文庫)
数日で半分になりました。

今回は手放せなかった本が
だいぶ混じっていたのです。

趣味が合う、のは嬉しいな。


10-4-7

イベント目白押しだった週末。
お昼に自転車で六日町駅前へ。

声をかけていたいだいたお客様から、
蜜だく芋をいただく。


10-4-5

ブランドものの袋って
分厚いんですねぇ…


10-4-6

中身は開店お祝いの
おてしょ皿でした。

さっそく活躍させています。


10-4-8

竹炭入りマルセイユ石けん、
ティラミスロール、なめこ、
栗の渋皮煮、芋けんぴなどおやつ、
綿の実(中の種をキープ)。

いただきものは自然派と
砂糖たっぷりに二分されます。

どちらも大好物。


10-4-4

作るのはきっとめんどくさい…
渋皮煮を、朝の一服に
アッサムティーと。

合う合うーー

寒くなると
嗜好が変わります。

お客様にお出しする飲み物も、
先週の人気ものは、
柚子茶としょうが茶。

(コーヒー等、数種類の中から
選んでいただいています)


10-4-3

閉店後に、近所のおばあちゃん
(と呼ぶのにはばかられるパワー)
のお家で、柿渋つくりのレクチャー。

豆柿を使いました。

昔はどこの家の庭にも
接ぎ木に用いる為に生えていたとか。


10-4-2

玄関先でバシバシ潰して、
同量の水に浸しておしまい。

10日くらい
涼しいところで寝かせてから、
搾り取ります。

(最後に、茶こし等で濾しとる)

潰した柿の汁を舐めたら、
…渋エグ…ほのかに甘み。

この汁をそのまま用いても、
すでに染色液として使えるそうな。



ここから
津南のなじょもん、
焰祭りの様子。

ワタワタ忙しい週末で
行かないつもりが…

薄着で閉店後に参加。

10-4-9

割った丸太に油を注ぎ
点火した灯りが道しるべ。


10-4-10

駐車場脇のエントランス。


10-4-11

そこかしこにテーブルを並べて
思い思いの時間。


10-4-12

100円のオカラコロッケに
オマケで付いてきた
手作りおぼろ豆腐。

おいしいいーーー


10-4-22

竹筒ごはんも炊きたてを
ご馳走になる。

夜遅くから参加したおかげで、
いただきものばかりでした。

残り物は幸福。


10-4-16

ライブの素晴らしい音楽を
贅沢に身体で聞きながら、

目が追っかけていたのは炎。


10-4-18

ひかりひかり、
影と暗闇に飛ぶ火の粉。


10-4-21

目が慣れてきて、
光がもっと見えてくる。


10-4-17

裸足で一日中歌って踊るように
仕事を出来たら素敵だねぇ。


10-4-13

夜には炎を囲んで。


10-4-15

津南のお母さん達が集めた
野山の薬草達。


10-4-14

100円で中くらいのティーサーバーに
好きな薬草を好きな配分で。

オリジナル薬草茶は、
隣同士で飲み比べてみたら、
見事に別々の味わい。

案外、どくだみって癖になる。
美味しい。

そして笹の葉っぱが好き。
ハッカもよかった。


10-4-19

物販のテントは店じまいで、
物欲とは少し距離を置いたイベントで。

転がっている規格外の景色が
いちいち愛おしい。


10-4-20

見上げれば星の空。

私は目が良くないから、

暗闇で声を掛けてくる友人知人たちは
もっと世界が明るく見えているんだろう。
(私には顔が判別できていない)

けれど久々に、闇が霞むほど
集まって輝く星に出会えました。

それでもう、満たされた。

場を作ってくれたスタッフさん、
参加者さんに感謝。

やっぱり
イベントって良いな。


南インド料理を右手で食べよう。

☆手もみやせきや
 臨時休業のお知らせ。


10月1日(土)はイベント(*)出店のため、
終日お休みします。

※はやかわは通常営業しています。

9-26-19

↓ * 楽しそうなキャンプイベント!

 ご家族でも、1人でも。
 どうぞお出かけください。

【焔祭(ほむらまつり)】

◎ 2011.10.1(土)~10.2(日) 初開催!

 入場、キャンプ全てフリーの参加型アナログ系イベント!
 とにかくどんどん気軽に遊びにおいで!!みんなで作ろう焔祭!!!

9-26-18

▼●▼開催日時▼●▼

 10月1日(土)13時~2日12時頃まで

▼●▼開催場所▼●▼

 農と縄文の体験実習館なじょもん
 新潟県中魚沼郡津南町大字下船渡乙835
 TEL:025-765-5511

9-26-16

▼●▼開催趣旨▼●▼

 焔祭とは??

 3月11日に発生した東日本大震災を契機に、日本国内だけでなく、
 世界の人々が今の『暮らし』を見つめ直そうと、考え、工夫し、
 情報を共有している。
 便利なものだけを追い求めるのではなく、
 人々がこの地球上で生きていくために本当に必要なものを
 探求する時がやってきた。

 現代で暮らしていく上で電気はとてもありがたいもの。
 いつもお世話になる。そしてこれからもお世話になる。
 しかし、電気よりも前からお世話になっているものを改めて考える。

 それが『火』。火があることで夜も明るくなり、料理もできる。
 そして何より暖かい。

 この焔祭では、火を大切に使うことを目的に、
 火を囲み、様々な体験を通じて、『縄文』時代から継承される
 『暮らし』のルーツをみんなで考え、学び、心の豊かさを育む。

 火を囲み、音楽を聴き、歌い、笑う。
 手仕事を学び、その技術を伝え残していく。
 そして、大地の恵みを火と共に大切に食す。

 街灯一つない縄文ムラという最高のアナログ環境で、
 ゆっくりとその『時』をみんなで共有し、楽しみ、
 そして伝えていく。その広がりがやがて輪となり繋がっていく。
 
 それが【焔祭】です。

9-26-17

▼●▼楽しみ方・注意点▼●▼

・焔祭は参加者全員が主役です。常に頭のアンテナを張り、
 この環境でできる楽しいことを自ら沢山見つけましょう。

・焔祭を入場無料で継続実施していくために、
 飲み物の持ち込みだけはご遠慮ください。

・ゴミ問題に取り組んでいきます。
 ゴミ箱は用意しませんので、各自お持ち帰りください。
 また、マイ食器、マイカップをご持参していただけると助かります。

・ここは自然環境豊かな会場です。
 自然界のルール、社会のモラルはしっかり守りましょう。

・駐車スペースが限られています。
 できる限り相乗りで参加していただけると助かります。

〔mixiコミュニティ〕



9-26-10

魅力的なイベントが増えて来て
それはたいてい週末開催だから、

〔行ってきたよ楽しかったよ〕の
話を聞いてひとまず楽しんでいます。

イベントは参加してなんぼ。
読んだり聞くだけでは
半分も分からないけど…

熱量はいつまでも〔リアル>イメージ〕。


9-26-9

日々のスナップ。

ご主人様が外に出ると、
待ってましたーーーと
シッポぶんぶん振っていた
かわいい子。


9-26-5

連休中も美味しいもの、
いろいろ頂きました。

居合わせたお客様と
私とせきやさんで山分け。感謝。


9-26-2

寝台車で京都旅、いいなーーー


9-26-1

〔おたべ〕の文字が
読めるでしょうか?

(プラ容器に一工夫してあった)

ごま生八つ橋。


9-26-6

お店を閉めてから、
ギャラリー華さんへ2人展を見に行って、

9-26-4

それぞれ持ち寄った楽器で
自主練習だった方の、
即席プチコンサート。

〔自分たちだけで練習してるより、
誰かに聞いてもらうと度胸がつくわ〕

発表は、
自意識にとって恥ずかしくて、
ひとつ壁を越えること。


9-26-3

↑大きなしゃもじは、味噌作り用だそうな。


稚拙な部分はいつまでも、
入り込むほどに無くならないし、

言い訳したくもなるけど、

外側とコミュニケーションする為に、

〔表現する能力〕は
与えられている気がした、
私たちに。


9-26-7

そのまま同じ建物の
cafe CHOMCHOMさんで甘いもの。


9-26-8

砂糖を食べ過ぎと自覚ありあり…


9-26-11

されど食欲の秋。

新ソバの季節迫る。

そば猪口、ちょこちょこ出しました。

写真左上の100歳前後の山水柄は
1,500円。お気軽にどうぞ。


9-26-12

うっとりするよな子供服。
(当時のまんま、カスタマイズ無し)

お母さんは幕末期上布のウエストバッグだし、
お父さんは頭にホツレ直しだらけの醤油袋。

かっこいいね。



久々にイベント主催します〜

2007年に開催してから、
もう4年も経ったのですねぇ…
(写真はその時のもの)

都内在住の『とら』さんが、
本格的な南インド料理を作って下さいます。

それをひたすら食べる、
シンプルで美味しいご飯イベント(^_^)


9-26-14

〔バナナの葉っぱで南インド料理を食べる会(仮)〕

2011年10月15日(土)19時から食べ始め
           at塩沢駅前つむぎカフェ

2011年10月16日(日)13時から食べ始め
           at石打舞子宝林寺

☆各回定員25名(お申し込み順)

☆参加費は、
 都内からの交通費、駐車場代、材料費、
 会場提供の方へのお礼の御菓子…など、
 必要経費を参加者さんで割ります。

 今のところ1,000円を予定しています。

☆つむぎカフェさんでは、ドリンクオーダーのみ
 各自実費でご負担ください。→会場費の代わり。
 強制ではありませんが、チャイあります〜♪


9-26-15

予想される
メニューラインナップ。

増える可能性あり…

1.サンバル
2.ラッサム
3.レッドキドニービーンズのオーラン
4.さつま芋のクートゥ
5.冬瓜のモール・クートゥ
6.じゃが芋のポディマス
7.ビーツのパチャディ
8.ミックスベジタブルのクルマ
9.キャベツのトーレン
10.ワダ
11.イディアッパム(ストリングホッパー)
12.ココナッツチャトニ
13.トマトチャトニ
14.茄子のアチャール
15.揚げパパド
16.バスマティライス
17.カードチリ
18.お菓子

あぁぁ、ワダ食べたい!!
(お豆の揚げ団子です)


辛いものも多いので、
大人の会かなぁ。

どうしてもちび子たち連れて、
という方は、

味見してみて食べられるものだけ
お子さんにお裾分け…でしょうかね。

青唐辛子の代わりにシシトウ使って、
辛くない料理にするという案もありますが、

大人はある程度辛い方が、
やっぱり満足感はある…かなぁ。

【追記】

とらさんの書き込みから

>辛くないものも多数作りますので、
>辛い ものが苦手な方・お子様等でも
>大丈夫 かと思います。

だそうです(^_^)

9-26-13

へびうり。

早めに会場入りできる方は、
調理補助で参加してみて下さい。

珍しいスパイス、食材、未知の味、
趣味で料理してる方もプロの方も、

得るモノがあると思います。

あ、そうそう。

南インド料理は肉魚なしの、
ベジタリアン料理です。


だけど、すごーーーく地味滋養。

菜食者さん大歓迎!

【参加希望される方は、メールか口頭にてm(_ _)m】

*ブログトップ画面にアドレスあります。

色んなイベントとかぶる週なので、
ご飯時間の予定として、
組み込んで下さいな。



アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie
  • ライブドアブログ