日々の書きとめ帖・JAPAN

弱味カラー。

6-14-14

こんにちわ。

6-14-22

進む、
裏の小川でお洗濯。

このところ、
複数の現場から

カゴ類が立て続けに
出ています。

IMG_4421

洗いたて、こね鉢。

IMG_4420

何を投げ込んでも
サマになるのが
古道具。

6-14-15

ひとつは、
たまってゆく
娘のおもちゃ入れに。

ダメージありの
道具の方が、
落ち着きますね…

6-14-24

白大島。

それなりの茶席には
こんなの着てくと
いいよーと、お客様。

6-14-26

洗濯済み。

そこそこ長さが
あります。

6-14-25

シミも
多少あるのですが、

いい柄、いい色の
木綿布。

6-14-29

銅の茶零し。

つい最近まで
現役だったそうです。

6-14-28

取っ手も可愛い。

6-14-30

育った色。

10年やそこらでは
こうならないなぁ…

(掃除前の写真ですが、

もったいないから、
なるべく古色を残す予定)

6-14-31

形の良い、
竹の花入れ。

6-14-33

蓋が付いている
器は可愛い。

6-14-35

大正期の
名古屋土産。

6-14-34

実はこう見えて
ノリタケです。

IMG_4425

友、遠方にいたる。

渡仏中の友達から、
写真が届きました。

IMG_4427

ワインを入れようかと
思っていた

大正期の
蕎麦猪口は、

コーヒーカップに
落ち着いたようです。

(クロスも可愛い!)

IMG_4426

ステイ先の農園。

窓から見える景色は、
南魚沼とも
どこか似ています。

6-14-7

一生のうちで、
行ける場所は

与えられた時間の量だけ
限られている。

ある日の私は、
この場所に至りました。

6-14-23

美しい山間の
棚田風景を超えて。

6-14-8

あ、ここにも
芋蔵。

冬の間
凍らないように
種芋など貯蔵した。

6-14-9

いくつもある。

6-14-10

今は動物の住処かな?

6-14-3

縁側、廊下の天井。

6-14-2

高齢になり、

このお家で一人暮らしに
なってからも

身の回りのことを
すべて自分でやれた、

という
おじいちゃんの
残した筆跡。

6-14-1

きっとおじいちゃんも
使ったであろう、

大正期の銘々膳…

あぁー、
大好きなのですが、

すべて、
ソってました。

置くとカタカタして
もう使えない。

6-14-19

様々なものを
譲っていただけました。

6-14-18

そのうちの一つ。

6-14-17

気候風土の違いで
おそらく長持ちは
しないだろうけれど、

この子たちもいつか、
海を渡るかも。

6-14-16

真に日本的
でありながら、

現在ではもう
作れなかったり、

(妥当ながら)高価に
なりすぎている。

「和の美」を伝える
お土産にどうぞ。

6-14-21

小皿もたくさん。

6-14-20

重なって
よくわかりませんが…

いろいろが
少しずつ。

順次、掃除します。

6-14-27

今回、

骨隆起と共に
起こった痛みは

それとはまた
別問題で、

親知らずが
押しているか、

歯髄炎との
コンボでした。

6-14-38

たまたま二つが
重なった為、

歯肉癌?と
勘違いしたものの、

歯髄炎の原因には、
強い噛み締めも
あるとのこと。

骨隆起の原因と
同じです。

6-14-37

セラミックの
歯の被せ物を

幾度となく
割っているから、
さもありなん。

6-14-36

ここ5日間ほど、

なぜか
眠りにつくと同時に、

耐え難いほどの
激痛が走るように。

6-14-39

*屋根の大きさが
 ずっと気になっていた
 十日町・千手のお寺さん

体が平らになると
痛いのかな、と

頭を右向きにしても
左向きにしても痛い。

6-14-40

昨夜は一人車内で
寝させてもらいました。

日中はそこまで
痛くないから、

同じように
体を起こしたままなら
痛くないかも?と。

6-14-41

*下から見ると、
 屋根は小さく見えます

…椅子に座って、
眠りにつくと同時に、

また、のたうつ程の
痛みがやってきました。

(5分ほどで
かなり鎮静する)

6-14-42

*木彫すごいなぁ

今朝は
お茶お稽古の
予定だったけれど、

やっぱりまた
歯医者さんに
行ってきます…

予定通り、午後から
商う予定です。

6-14-13

追加でもう一客
お招きした、

ラファエル・ナバスさんの
大きめカップ。

どうやら、
すぐ死ぬわけでは
ないらしい、


診断受けてから、

やっぱりこっちが
欲しい、と思いました。

6-14-12

あの時は
巨大な「十字」が、

不吉なシンボルに
感じられたのです。

不思議なもので
今ならば、

全肯定や、
絶対的に強固な
「プラス」に見える。

6-14-11

古い器が多くて
地味目な食器棚に

可愛い花を
添えるようだ。

6-14-43

*ギャラリー6坪さん
 私物カップ

6-14-44

世界は
自分の見方、
感じ方で、

いかようにも変わる。

よく聞かれる
言葉すぎて、

いつもは素通り。

骨身にしみるほど
(本当に痛い)実感できた。

6-14-45

*照明カバーの麻布を
 受け止めているパーツ、

 竹製の古いタイプの
 洗い張り伸子だ!

 さすが、十日町。
 機織りの街です

6-14-47

*オーナー春日さんの
 私物は楽しい。

 国鉄時代の座席が
 ギャラリーのソファに

きっと記憶は
薄れてゆくから、

思い出すための
アンカーとして、

二つの器を
使おうと思います。

6-14-46

金属✖︎自然素材の
組み合わせ。

棚ひとつとっても
作りがいい。

電車もの楽しい。



それぞれの場所から
見えるものを、
渡し合う。

強みも弱みも、

誰かにとっての
好みのカラー。

※明日は臨時休業致します ★写真追加

IMG_4326

❇︎1ヶ月前の東京

前日のお知らせで
すみません。

どうにも、
隆起してくる骨に伴う?
痛みが強く、

(昨夜も冷や汗かきながら
2回起きました😓)

明日は終日
お休みさせていただき、

基幹病院で
セカンドオピニオン
とってきます。

IMG_4404


昨日は娘孝行でした。

親好みの場所や
イベント林立で、

そんな環境に
なっていることが
嬉しい。

3歳3ヶ月が
駆け回り笑ってるのを
見るのも、嬉しい。

IMG_4414

本日は、遠乗りして
棚田集落で買い出しです。

出発前には飛び込みで、
リピーターさんのご来店も。

鼈甲ブローチや麻織物、
洋食器などが
お嫁に行きました。

IMG_4412

もの巡る様子を、
森の循環に
なぞらえてみたり。

分解して再生するのが
今の役目で、

そこから芽生えた
作品や景色は美しい。

IMG_4411

たった今の
買い付け先です。

※掲載許可いただいてます

IMG_4409

美の宝庫。

あなたのようにやれるのは。

6-10-18

6月カレンダー


6-10-39

最近まで現役だった
という銅の茶托。

半永久的に使える、
美しい鎚起銅器。

玉川堂など
複数メーカーあり。

6-10-40

すでにいくつか
お嫁にいきましたが、

1枚から
販売しています。

6-10-37

アクセサリーや
キーホルダーなどを
収納する方も。

6-10-38

新品もあります。

育てるのが
楽しみ。

6-10-36

複雑な意匠は
完売したものの、

シンプルな建具が
まだ残ってます。

6-10-35

ガラスを抜いて。

6-10-34

うちわ立てや、

吉祥つなぎの
花留め。

6-10-27

これは、
なんだったのかな…

6-10-28

でも可愛い。

お花、
入れましょう。

6-10-26

小さな小さな、

手のひらに
握り込めるカップ。

6-10-25

菓子型かと
思ってたら、

押し寿司の
型だそうです。

6-10-24

どこの家にもある
篩う道具は、

壁にかけて
簡易棚に。

6-10-14

一斗枡。

6-10-13

重厚な造り。

6-10-11

はた道具は
実用もできますが、

オブジェとしても
秀逸です。

この上に、
現代クラフトかざりたい。

6-10-10

備後絣、久留米絣。

未使用品、反物。

6-10-9

たくさん出てくる、

明治ー大正の
漆器の盃やお弁当箱。

6-10-8

以前なら、

漆の剥落ありは
全て置いてきてました。

6-10-12

例えば
名刺ケースとして
置く場合、

むしろダメージも
味わいに。

6-6-43

遊んで、真似ごと。

「お抹茶やさんでーす!」

6-6-42

朝の茶道教室、

玄関に生けてあった
どくだみ。

6-6-41

素敵な香合。

6-6-14

禅寺みたいな
暮らしをしたい。

理想の形は
見つかったけれど、

未だ、
物を減らせず😑

6-10-42

現役の
非家電冷蔵庫。

画面下方に、
見えますか??

6-10-41

山裾に三つ
並んでました。

芋などを
保管しておく。

6-6-8

小学校の頃、
冬の体育授業は

スキー担いで
徒歩15分、

こちらの
お寺さんの裏山で

バックカントリー
スキーでした。

楽しかったなぁ。

6-6-6

開いたばかりの
お茶室で一服。

薄暗い室内、
音が浮かび上がる。

もうちょっと
言葉を減らして、

時間を楽しめば
よかったな。

と、
後になって思う。

山鳥の綺麗な
歌声や、

沸き立ち
一瞬で閉じる

カエルの合唱に
思考をもってゆかれ、

その時だけは
無心でした。

6-10-2

余白は最高の
ご馳走。

今週は
ほとんど毎日
草刈り機を振る。

裏庭は、
田んぼ2枚分。

去年までは、
雑草畑。

6-10-1

カリンや丹波栗、
グミ、柿の樹などがある
母屋の裏と、

中央には
何にもなくて、
(畝があるから、
以前は畑だったはず)

梨やウド、
タイサンボク?等に
囲まれている場所と。

6-10-3

いつも、古道具を
洗っている小川。

6-10-4

草刈りしながら、

三つ葉があることを
知れたり、

(助っ人さんが
教えてくれました)

ミョウガ周りも
間引きして、
見やすくなった。

まだ畑はやらないけど、

草刈りだけは
しておこう。

6-10-33

みんなの憩いの
公園内にある茶室。

市民も
借りられるように
なったばかり。

早速、
予約してきました。

どう活かせるかなぁ。

まずは、
お稽古の場所として。

6-10-32

年内に壊されてしまう
素晴らしい建物。

最後に、ご縁があって
よかった。

6-10-31

ガレージの柱だって
可愛いのだ!

床にはすり減った
枕木。

6-10-29

買取りしました組。

6-10-30

選抜漏れたちだって
十分可愛いのだけれど。

(八角時計は買付け)

6-10-5

親子遠足の日の
朝4時半おきで、

(100%夫が)作った
お重箱弁当。

6-10-6

五段のうち、
三段を使いました。

6-10-21

行き先は毎年、
いっしょ。

だからこそ、

去年とまったく同じ
遊具でも

反応に成長を
感じられます。

6-10-22

降水確率90パーセント、
まさかの晴天!

(今朝も起き抜けから、

「遠足楽しかったなぁー」
「帰りたくなかったの」)

6-10-7

校正終了。

新潟日報購読の
全戸に配布される、

n-assh 長岡地域版
6月22日号は、

骨董、アンティーク特集です。

特集記事と共に
店舗と店主(私)を、

表紙・裏表紙用に
撮影していただけました。

6-10-20

朝6時、

五日町スキー場から
眺める雲海。

6-10-19

診察受ける3日前、

やっと歯肉癌疑惑を
夫に打ち明ける。

「あぁ、そうか…死ぬのか。
雲海、見せなくちゃ」

と、思ったそう。

6-10-16

即席アジア系カレー。

雨の日もあるけれど、
夏めいてきた。

着付けのお稽古に
邁進している方から

「お茶の勉強を始めたり、
老後が楽しみですね!」

笑顔で言われた時に

「あぁ、この人には
老後があるんだなぁ!」

羨ましさも
ありながら、

祝福する気持ちが
湧きました。

6-10-15

8年以上、

開業以来一度も
宣伝広告なし、

電話番号すらどこにも
出ていない。

そんなサロン。

店名だけの看板と
美しい外観で、

ずっと気になっていて
色んな方に聞き、

やっと連絡先を
知る。

次回の予約を
お願いしたら、

20日先まで
埋まってた。

6-6-9

こちらも
営業時間中、
(11〜16時)

暖簾だけが目印の
お蕎麦屋さん。

6-6-11

茗荷沢地区の
ソウルフードとして、

実は有名な
お店でした。

まつよしやさん。

(大崎のまつよしさんと、
実はルーツを同じくする)

店主の
お母さん一人で
全てを回しており、

出前がメインだそう。

この店を嫁ぎ先の
おばあちゃんから
引き継いで、35年経つ。

6-6-12

本業はお蕎麦。

自家製麺のとっても
美味しいざる蕎麦。

600円。

希望があれば、
かき揚げもつけられる。

6-6-10

こだわりの小麦粉で
こちらも自家製麺。

昨今、食べられなくなった
昔ながらの中華そば。

夫絶賛。

いくらでも
食べられそう!

500円。

我が家にいらっしゃる
群馬からの常連様が
たまたま入店して、

美味くてびっくりした!と
教えてくださいました。

「今まで食べてきた中で、
一番うまい蕎麦」

6-4-8

10年続いている
友達主催の「野田バザール」。

野田集落の一般民家で、
出店1枠から始まったとか。

今回は雨予報で
急遽、

与六ぢゃさんの
巨大倉庫が会場に。

6-4-9

青空ライブで
踊りだす子供たち。

美味しいものも
盛りだくさん。

快晴に香る、
トムヤムクンうどん。

警察が来ちゃうくらい、
車が道にはみ出して、

来場者で
溢れてました。

6-10-43

いつの間にか始まり、
続いてゆくことがある。

くだんの
整体師さんは、

「不思議と
そっち(天職や適所)に
流れますよね」

ある日、ふと

体のことを勉強したい
と、思ったそうです。

6-4-6

病気疑惑
グレーだった頃。

十日町のギャラリー
6坪さんへ。

6-4-7

ラファエル・ナバスさんの
陶器展、最終日。

6-4-5

過去の作品で
自家焙煎コーヒーを
いただきました。

人型や、
意味のあるものを
探しに来たものの、

今回の展示は
器と重箱がメイン。

6-4-2

高台が決め手で
こちらを選択。

「入院中に見て、
楽しくなるもの」目線。

6-4-1

今選んだら、きっと
また違うのですが、

この期間は
日常がキラキラ
輝いて見えました。

闇や暗いものより、

光や未来のある対象に
目がいったし、

拍手喝采を
送りたくなるような。

6-10-44

完璧を求めたり、
何かを責めたり。

そんな風だったのは、

まだまだ未来がある!と
無意識に
信じていたからです。

6-10-47

もう、未熟でも
いいじゃない。

スタートラインに
立てるんだったら、

それだけで
幸せなんだから。

6-10-48
*家主さんから
 掲載許可頂いてます

6-10-45

年内解体が決まった
茅葺き民家の
裏には、

見た事ないくらい
立派なお稲荷様。

雪でうねった
ケヤキの大木も見事。

6-10-46

後ろ姿も
素晴らしい。

私の位置から、

この世界を
眺められるのは
私だけ。

そして、
あなたのように
やれるのは…

6-10-23

結局、なんだか
勘違いな?

今回の『死を想え』な
半月でしたが、

あの不思議な
世界の見え方は、

忘れたくない位、
鮮烈なものでした。

My life is going on.

6-6-45

寒くなったり、
暑くなったり。

6-6-28

店内のものたちも、
増えたり
減ったりしています。

6-6-27

一部だけ、
ご紹介。

古くなくても、
収納箱は素敵。

6-6-26

大きめな黒板。

6-6-55

涼しげ。

6-6-54

水際と満月。

6-6-53

上から、

昭和、大正、明治の
鉢物。

6-6-52

ショキショキと
よく切れるハサミ。

その奥は、
船型の文鎮です。

6-6-49

使いやすい
大きさの皿。

6-6-48

この、
ひょろっとした
線が好きです。

6-6-47

おおらかな
絵付け。

6-6-46

優しくお料理を
受けとめます。

6-6-40

明治の印判皿。

6-6-39

朝の定番、
簡単ホットサンドを
乗せて。
 
6-6-51

以前、古い
裃(かみしも)布を
買われたお客様が

生まれ変わった姿を
お持ちくださった。

6-6-50

楽しいストールに
なっていました。

江戸期の裃は
最高の麻生地で
作られています。

これからは
見え方が変わりそう。

6-6-38

夏物、正絹の絽です。

飛ぶとんぼは、

どんなお洋服に
なるでしょう。

6-6-36

仕立て上手な
お客様。

6-6-35

後ろ姿も素敵です。

6-6-37

また巡り会う、
違う姿で。

IMG_4397

ピロンと音がして
朝の支度中に
お客様から届いた、

素敵な再会。

模様の大きな
藍の型染め布が

(個性的だから
躊躇する方も多かった)

可愛い
シャツワンピースに!

*こちらの布は大量に
 出ましたが、完売ですm(_ _)m

6-6-34

羽裏の楽しさ。

6-6-33

両面コンディションの
良かった、メリンス帯。

6-6-32

大正の
ちりめん着物。

6-6-31

ささやかで
上品な裾模様。

6-6-30

お豆腐を
入れて持ち帰った

取っ手付きの
箱です。

6-6-29

便利な
おかもちーズ。

6-6-25

鮮やかな藍染め。

6-6-24

右が表、
左が裏面です。

色の差が
楽しい。

6-6-23

宝物ブローチ。

6-6-22

ガリ版。
いい味わい。

6-6-19

ドバイにも
仕事で出かけるという、

素敵な女性への
ギフトになるそうです。

九谷焼、
藍染めの木綿布で
ラッピング
させていただきました。

6-6-21

フランスへ旅立つ
友達がお土産に
セレクトした、

明治期の
漆器たち。

会席膳は出所が
違っても
似た形が揃うので、

赤と黒を一つずつ
セットにして。

こんなやり方も
あるんだなー。

IMG_4398

後日、浴衣布で
ラッピングした写真が
送られてきました。

IMG_4399

反物新品の
浴衣生地も、

今ならそこそこ
揃ってます。

1メートルごとに
ビリっと割けば、

即手ぬぐい。

こちらも外国への
お土産に、
好適ですね😃

6-6-20

センスの良い彼女の
ジーンズのお直し。

サテンステッチ風に
アフリカカンガ布。

6-6-7

旅立つ前に
もらった、

ヒペリカムの
花が咲いたよ。

(茶花の金糸梅と
同種だとか?)

楽しい旅に
なりますように!

6-6-1

どーん。

いけこんでない(笑)

いただいてきた
山法師のひと枝、

そのままで
あんまり
素敵だったから、

手を加えず。

さすがに花器は、
ブロンズ壺にしようか…

6-6-4

夕暮れまぎわ、

絶え間なく
動く木漏れ日の
光と、

遊ぶ子供の姿。

立ち去るには、
名残惜しい。

6-6-5

残念だけれど、

どんな風に生きても
後悔はあるだろう。

6-6-2

*朝の草刈機発動

手帳やノートにしたためた
過去の日記や記録は

処分してから
旅立とう。

6-6-3

あまりに個人的な
感情や思索は
内側に留めて、

逆に、ブログは
ライフログとして
残してゆこう。

娘へ贈る
幾つかの言葉を、
忍ばせ。

6-6-13

このところは
なんだか、

大げさなことを
書き連ねました。

6-6-15

終活を始めてみたり、

実は、
不思議な半月を
過ごしていました。

ひとまず。

まだ
生きていられる。

6-4-4

一ヶ月以上前から、

どんどん育つしこり、
しかも硬い。

そして、日に日に
痛みも増してきた。

調べても調べるほど、

悪い結論ばかりと
合致する。

6-6-16

あ、私、
死ぬのか、と
意識するごとに

見える景色が
変わりました。

6-6-17

8割がた
覚悟して受診してきた
口腔外科で、

「原因不明ですけど、

この症状のひとは
たくさんいるんですよー」

命に別状なし。

ただ、
骨が隆起するだけ。
(今も痛い)

6-6-18

*夫と、ひとまず良かった会

遅かれ早かれ
必ず死ぬことを、

実は完全に
忘れながら生きていた、

ということを
知りました。

6-4-3

今日も、1日
生きられて、

それだけでもう、
何か為す成さぬ問題なく、

幸せなのだと思います。

死に支度、生きる支度。

5-31-15

しとしと、

新しいひと月は
雨の始まり。

5-31-8

6月の営業予定です。
(クリックで拡大)

6月カレンダー

午後から開店の
日があります。

5-31-9

他、急な出張買取りで
変更の可能性も
ありますが、

前日までにこちらで
お知らせいたします。

5-31-2

連日の30度越えで
掃除がはかどりました。

助っ人さまに感謝。

5-31-1

一つ一つ
手にとれば、

本当にいいなぁ!と
思えるものばかり。

5-31-3

我が家では
数が多すぎて、

味わう前に
お嫁に行くけれど、

古いものが少しだけ
増えた景色は、

とても
良いものだろうなぁ
と想像しています。

5-31-4

自分でも欲しい…

5-31-16

手離しがたく、
そんな一点ものたちを
見送れる嬉しさ。

5-31-18

開店前に納品へ。

坂戸の美容室
アダマスさん。

明治期の九谷や
白磁の豆皿で
お飲み物が出てきます。

ほんのちょっと
骨董が入り込んだ
日常は、

とてもお洒落。

5-31-17

引き取ってきたばかりの
銅の茶托。

新しいお役目は
キャンディープレート。

5-31-19

おばあちゃんが
趣味で作っていた、

と言う
モチーフ編みを
繋いだ敷物も、

買い付け先から
お預かりしていたばかり。

新天地は美容室の
ソファー。馴染んでる!

5-31-13

金銭を介する
つながりも、

無料の
貰い手さがしも、

できうる範囲で
引き受け、
続けています。

5-31-21

蔵の中は仄暗い。

5-31-20

ひとの営みが
光を灯す。

決められた日に
蔵の神様へ、

お供え物を
していたという台。

5-31-12

店頭の在庫が
重複しすぎて、

諦めてしまった
昭和のお茶碗。

タイミングで
それも今は仕方ない…

5-31-22

こちらの現場は
明日、解体されます。

最後にご縁を
いただけて良かった。

5-31-25

千葉からのお客様。

唐獅子の
名古屋帯が、

こんな風に
化けるとは!

5-31-26

これなら持ちたいなぁ。

不思議です。
生かし方一つで。

5-31-24

大きな火鉢。

灰を抜くと
ギリギリ一人で
持てるサイズ。

5-31-23

元の使い方を忘れて
「器」という形そのものに
解体したら、

新しく使えます。

めだかや睡蓮浮かぶ
素敵な鉢になる。

5-31-14

古道具は自由。

どんな使い方でも、

どんな場所にも
よく馴染む。

5-31-11

少しだけ昔の
ブローチ。

5-31-10

暑い日、浴室で
建具を洗ったら、

水が光り
揺れていました。

5-31-27

「これは終活です」
と、

買い付け先で
お客様が
言われるたび

ほんの最近まで
「まだ早いじゃないですかー!」

ことさら明るく
響くよう、

呪詛払いのように
否定していた。

5-31-5

*娘が1時間半、お供してくれた
 お稽古。結ぶのが苦手…

自分の人生も
目の前の誰の人生も、

永遠に終わりが
来ないから、

まだ真剣に生きなくても
大丈夫だわ、と

頭の中の現実を
書き換えるために。

5-31-7

*これはもう
 日本のアートだと思うの!と
 先生が結んだ袴の紐、美しい

そんな私の
甘い覚悟とは対極に、

物という形で
大きな区切りを
片付けた
依頼主様の表情は、

とても生命力が
あるものです。

5-31-28

*魚沼の里さんの夕暮れ、
 ベリー畑の鳥追紐が綺麗

仕舞い方は、

人生の終い方とも
通じている。

5-31-29

死ぬと知ってたら
これまでだって、

もっと真剣に
生きていたのに!

…あれ、おかしいな。
分かってるよね。

5-31-30

今日は特別、
すべての命は特別。

その一瞬が
ただの一度きりしか
訪れないから。

5-31-31

どんな状態で死にたいか
考えてみたら、

どんな風に暮らしたいか
に似ている。

と思い、
書き出してみると、

ほとんど同じでした。

今日も、良い1日を!
アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie
  • ライブドアブログ