日々の書きとめ帖・JAPAN

世界の形。

11-15-1

閉店後の買い出し。

依頼主さまと
コンビニ駐車場で
待ち合わせ。

西の空が発光したように
美しかった!

11-15-7

ありがたいことに
今週は毎日のように、

様々な場所で
買い付けをしています。
(車で10分圏内)

11-15-6

蔵出し直後は
ゴミだらけ。

おはようございます!
…顔、洗いましょう。

11-15-5

ゴーロゴーロ。

11-15-8

木綿は強いので、
(弱いのもあります)

ある程度ゴミを取ったら
ネットに入れて、
洗濯機へポン!

11-15-65

繊細なものは、
一点ずつ手洗い。

こちらは
裂き織りの帯。

11-15-66

すごい色の
水になる…

赤みの強い
茶色が、

うっすら濁っている
程度になるまで、

何度も水を
替えながら。

11-15-67

布の埃っぽさが
消えました。

洗濯機で数十秒脱水して、
後は自然乾燥です。

11-15-4

差し入れでいただいた
美味しい焼き菓子に、

加熱したらすぐ
食べられる状態まで
洗った銀杏の実が、
袋いっぱい。

お客様や友達と
シェアしました。

11-15-3

このくらいの(昭和中期)
お皿は通常は
買い付けから除きますが、

きちんと味わうと、
いい柄だなぁ…

11-15-2

裏もかわいい。

11-15-55

ある日のご縁。

解体予定の蔵です。

11-15-56

長持ちの中に、
木箱の中に、

沢山の布たち。

懐中電灯の光で、
長〜い眠りから
起こしてゆきます。

11-15-57

メリンスで
一部穴ありなので
諦めた布、

そんなことが多々あり、
後ろ髪引かれる。

11-15-59

東西南北のお守りと、
火除けのお札。

11-15-60

古い会席膳の収まっている
箱の蓋には、

ネズミ除け。

今も八海山尊神社に行くと
似た札を購入できます。

11-15-61

天井あたりも
ロマン。

高い場所はどの蔵でも、
美しい藁細工などの宝庫。

11-15-64

民具はあまり
需要がないのと、

保管場所も
広く必要なので、

買取からは
除外しています。

…綺麗なのになぁ(涙)

11-15-63

洋服も今のところは
除外。

昔のプリーツスカートの
可愛いこと!

刺繍がステキ。

11-15-58

大麻畑の場所も
教えてもらいました。

今は水田になっている。

その頃はまだ
原種の大麻かしら。

(現在、栽培認可が
下りているのは、
無毒化されたF1種)

どんな景色
だったのかなぁ。

11-15-62

蔵の外へ
出していきます。

いつかどこかに
届くように。

11-15-13

私の手の中に収まるのは、
あるいは一瞬です。

美しい、
江戸縮緬のおこし。

11-15-12

ふくふく大黒様。

11-15-11

お多福さん。

もちろん、
ひょっとこも居ました。

11-15-10

狐さん。

11-15-9

海辺の街へ
旅立ちました。

11-15-53

ここからの写真は、

すこし前に行ってきた

全国名水百選にも
数えられている、

津南・竜ヶ窪の景色。

11-15-54

このところ、

大仏師、
松本明慶さんの言葉が

繰り返し頭に
浮かんでいます。

11-15-52

(彫る前の木の中に
仏様の姿が
見えているのですか?
と言う質問に)

仏様の姿は見えない。

ただ、
いらないところだけは
わかる。

そんなお話でした。

11-15-51

私はものを欲しがるし
溜め込みたがる。

全てが惜しい気がして。

11-15-50

自然は
完璧だと思う。

あるがままに。

不要なものなど
何もない。

11-15-48

自分には何かが
足りないと、

あてもなく
求めに行く。

11-15-47

だけど、
もしかしたら…

何かをどんどん
足すよりも、

いらないものを
取り除く作業こそが
必要。

11-15-46

あんまり全てが
良さそうに見えるから、

渇望するけれど。

11-15-45

無理なく自ずと
取り込むものだけで、

私たちは十分、
美しいのかもしれない。

11-15-44

このブログも
「仕事」として
書いてはいますが、

ともあれ生活の中には
コマーシャルが多すぎる。

11-15-49

いつも
「足りない」気に
させられる。

11-15-42

井戸を掘るように、

一つずつ
取り除く作業を
繰り返してみよう。

その姿は見えなくても、
いらないものは、わかる。

11-15-43

心の中に湧く
水を汲み出すように。

一つ一つを
取り除いた先に、

私だけの姿が、

それぞれの自然が、
現れますように。

一つ取る、味わう、一つ置く。

IMG_5889

穏やかな日々が
過ぎています。

県内外から、お客様が
お越しくださいます。

(とはいえ
混み合うことなく、
本当に丁度良く)

11-4-5

シンバルー♪

いい音が出てたけれど、

それはガラスと
アルミの電笠だ!

11-4-6

祝日の営業、

1時間だけ久しぶりに
娘とも商えました。

(なかなか賑やか)

IMG_5888

お孫さんの
お食い初めセットを
探しに来られたお客様。

蔵の中で眠っていた
上等な漆器、
晴れの場で日の目を見る。

よかったなぁ…

そのあとの日常でも、
きっと活躍してくれます。

11-4-2

新潟市から片道
1時間半のツアー、
元気で楽しい声。

いただいた手作りの
豆大福、

中には大粒の栗が
ゴロンと。

美味しかったです!

IMG_5895

学生さんたちが
昔の野良着姿で農業体験、

稲刈り時のお写真が
届きました。

いつの時代だろう?

だけれど、やっぱり
よく似合っています。

IMG_5894

小さな一合枡と
斗かき棒。

別々のお宅から
出てきたもの。

一合でもきっちりと
計る…

お米は昔も今も、
貴重なもの。

IMG_5891

味があるから、
洗えなくて。

IMG_5890

そのままの姿で
お嫁にいった、

小さな福助さん。

一緒にお買い上げの
絞り染めの布は、

お抹茶椀を仕舞う巾着に
仕立てるそうです。

11-4-7

古布を買った人は
一体何を
するんですか?

と言う質問も
よくされますが、

行く先々で素敵な姿に
なっているようですよ。

11-4-1

こちらは現代の
亀田縞から
作られたそう。

布は生き続ける。

作る人と活かす人が
いるおかげです。

11-4-3

かっこいい!

馴染んでるなぁ、
おか持ち…

ありがとうございます。

11-4-4

我が家の客単価は
いろいろで、

見るだけも
大歓迎ですし、

数百円のご予算から、
素敵な染付けの
器が買えたりもする。

11-4-13

お客様の
クリエイション。

いつも素敵な
ストールを
纏われている方。

11-4-12

小さな穴が
あいていたから、と

ミシンでダダっと
施した補強も、

緑色の糸が美しくて。

11-4-11

残された貴重な
藍染めの古布を、

カットすることなく、
そのままの形を
活かす。

11-4-10

裏から見たって、
可愛い!

11-4-9

あら、
素敵な道中着を
コートにされていますね。

11-4-8

古そうだ。

…なんと、わき差しを
通すための穴が
開いている?!

幕末かなぁ、
すごいなぁ。

10-25-12

ここからの写真は
2週間前に行ってきた、

奥只見紅葉ドライブです。

洞窟トンネルの
壁のメモが冒険心を
駆り立てる…

実際は、補強工事か
何かのメモ?

10-25-11

大小さまざま、

一度手離して
置いてみる、

そして次を始める。

11-4-14

*この絵にそっくりの
 女の子二人で運営していた
 ガソリンスタンド

そんなことを
意識的にやり始めて、

頭の中が、少しずつ
楽になってきました。

11-4-15

先月からお休みしている、
お茶のお稽古。

(辛い>楽しいになった時、
これも一旦手離した)

11-4-16

まだ入り口に
立ったばかりだけれど、

学びは日々に少しずつ、
浸透しています。

10-25-14

所作には意味があり、

始まることにも
意味があり、

それを一つ遂げてから
また次に移る。

10-25-13

お店の
商品構成について、

「凄い品揃えですね!」と
言われても、

「そうは申しましても、
あれもないし、これもないし
(と、心の中で思う)」

10-25-15

そんな不足感も、
落ち着いてきました。

10-25-18

あれだってこれだって、
それも在ったなぁ…

私が見えなく
なっていただけ。

11-4-17

取り込む
情報量が多すぎて、

頭の中が
ギューギューじゅめじゅめ
(娘が2歳の頃、唱えていた言葉)。

10-25-17

脳みそがぼんやりと、

薄目を開けるようにも
なるわけです。

11-4-18

*皆底に沈んだ村の
 十二神社、幟は白く…

今、目の前にあることを、
見逃さないように。

11-4-19

勿体ないからと
貪欲に取り込んだって、

味が混ざって
よく分からなくなる。

11-4-20

この世界には
素晴らしいものが
多すぎるにしても、

全てが
私のものじゃなくていい。

10-25-16

それが
自分以外の誰かと

ぴったり沿うなら、
尚のこと。

11-4-21

一つとって、
味わって、

そしてまた置く。

それを、繰り返したら
いつの間にか

手の中に
あるかも知れない。

11-4-22

*福島側の紅葉は、
 特に赤く感じました

もう期待すら
していない頃に、

とても自然な
顔をして。

全部あるとわかるのは、無いもののお蔭。

10-30-1

**11月は(日)(月)以外、

  毎日営業予定です。**

(変更のある際は、
こちらで早めにおしらせします)

10-30-22

10月も残すところ、
明日だけ。

10-30-23

美しい赤だ…

1度の秋が
暮れてゆきます。

10-30-24

印判皿は同じ柄が
まとめて30枚くらい、
出てくることも。

10-30-8

絞りの羽織。

とても細かい。
根気のいる作業。

10-30-7

鏡のこちらと
あちら側。

10-30-6

竹カゴに
布は好相性。

10-30-5

着られる
コンディションの、
袷着物と襦袢。

10-30-4

未使用の付け下げ、

しつけ糸の端が
松葉模様!

洒落てますね。

10-30-3

柄ゆきも上品です。

10-30-21

絽の黒留。

10-30-34

古いものは
黒が美しい。

10-30-33

漆器椀の蓋です。

150年くらい前の
上質な漆器を、

気軽に使えるなんて。
(しかもリーズナブルに!)

古道具の贅沢を、
まずは
こんなところから。

10-30-32

お客様の装い。

最初、面と向かったときは
気がつきませんでした。

馴染みすぎていて…

10-30-31

後ろから見たら
わかります。

これ、絣の
袖なしだー!
(襟だけ付け替え、
あとは元のまま着用)

10-30-29

お客様の襟元を、
絞りの着物地が彩る。

昔の色って
暖かいです。

10-30-30

来夏は
3年に1度の

アートトリエンナーレ
大地の芸術祭。

作品の下地として
布たちが旅立ちました。

再会するときは、
もう別の顔…

10-30-18

綿の紅型染め帯。

10-30-17

大正の黒留。

10-30-16

戦前くらいの。

10-30-15

今見ると新鮮。

10-30-12

Facebookページのみの
告知でしたが、

定休日に数時間、
営業していました。

10-30-27

遠路はるばる、

山形から
片道3時間かけて(!)
来られた方が。

開けてよかったー…

10-30-26

素敵な装い。

可愛いバッグは
チクチクお手製、

絣の山袴は
出てきた状態のまま、
加工なしで。

(靴は茶色いDANSKO、

車は白のFIAT. 可愛い!
いちいちツボでした)

10-30-28

そんなタイミングで
嬉しい差し入れ、

あったか大判焼きで、
お茶一服。

10-30-13

帰り道で、
虹は見られましたか?

10-30-14

こちらは裏庭で、

良く似た光に
会えました。

10-30-9

来る人来る人に
お茶を出していた頃、

私にも
お客さん同士にも、

たくさんの出会いが
ありました。

10-30-20

物理的にそんな時間が
作れなくなって、

自ずと、人を繋ぐ役割も
終えた気がします。

10-30-10

この世界には
素晴らしいものが
たくさんあるけれど、

一度に味わえる数は
限られているから、

物事の盛衰が
うまいこと、

順番や巡りのリズムを
作り出しているような。

10-30-2

目の前には、

今、必要なことが
全て揃っている。

10-30-19

手の届かないような
ところにはなく、

いつでも
きちんと五感で
味わえる距離に。

10-30-25

今日はチャイを
お出しするはずが、

仕上げの
スパイスパウダーを
入れ忘れて、

ただのインド茶葉の
ミルクティーに…

10-30-11

雨降りのんびりと
いい1日でした。

明日もお部屋を温めて、
お待ちしております。

縁の隨(まにま)に。

10-25-26

*明日は通常通り、
 11〜16時に営業します。

10-25-1

気がつけば、10日に
1更新が続いています。

しばらくは、
このペースにて。

10-25-5

*蚊帳生地越しの夕日

Instagramは【こちら】、

Facebookは【こちら】から
ご覧ください。

それぞれに少しずつ、

新しい写真や記事が
上がっています。

10-25-6

*手あみレースのショール

10-25-21

関東からの常連様方を
お見送りの際に

【良いお年を〜!
雪解けの頃に
またお会いしましょうー】

今年もそんな
ご挨拶を交わす時期が
来たのだわ…

10-25-3

*メリンス

変わらずに
繰り返せるのが、
ありがたいです。

10-25-2

縁の隨(まにま)に
日々、過ごしています。

IMG_5637

お店の入り口で、

娘がまいにち【世界】を
構築しては、

私が片付けを繰り返し、

さらに売れると
無くなるから(泣いて抗議)、

【このお人形は
売らないでね!】と
釘を刺される。

10-25-19

*蚕座(さんざ)と藍染端切れ

話し合いながら、

売らないもの、
売りたいものの
妥協点を探る。

IMG_5639

リビングに
持ち帰った古い
土人形で、

いそいそと
新しい【世界】を
作っていました。

IMG_5638

昨日100円ショップで
購入した、
お掃除セット。
(掃除機の駐車場も作る)

スプレーで
洗剤吹き付け、

ブラシでゴシゴシ
磨くのは、

緑青のでている
古い小引き出しの
取っ手。

ほら、こんなに
汚れてるよ!

…あんまり、
きれいにしないでね😓

10-25-20

よく笑い、よく泣き、
自分の意見を述べる。

【良いこと言うねー】と
感心するほど、

それが
核心をついてたりする。

10-25-25

*メリンス

子供の世界に
触れていると、

かつては
私も持っていた
視点を思い出せます。

10-25-9

触媒一つ(私なら娘)で
また浮かぶほど、

胸の内に
ずっと変わらず
眠っている…

10-25-22

古いものも、
良い触媒。

店内を歩きながら、

…落ち着いてきたわ。
懐かしい。

ここにくると、
呼吸が楽になるわね。

そうおっしゃる方が
多いです。

10-25-24

日常から少しだけ
離れて。

胸の奥に触れる
きっかけをひとつ、

気に入ったものが
あった時に、

どうぞ
お持ち帰りください。

10-25-23

敷居のとびきり
低い古道具屋だけれど、

心でも使える日用品を、
売る店で
あり続けたいです。

頑なも軽やかも。

10-16-17

また9日ぶりの
更新となりました。

10月カレンダー

カレンダー通りに
営業しております。

10-16-18

新しい扉、
開く。

10-16-32

Instagram
始めました。

(hayakawa_antiqueで
検索してみてください)

週5枚更新を
目標に…

1つの古いものに
ワンショットで
向き合うと、

見え方が
変わりますね。

10-16-33

facebookページだけの
記事も、
時折あげています。

➡️こちら

ブログ更新の頻度は
下がっていますが、

facebook、
Instagram、

それぞれに少しずつ
更新していこうと
思います。

10-16-16

ブログは個人的な
ライフログも
兼ねてるので、

なるべく色々
載せておきたいのですが、

日々の全て!と力むと
「今」がなくなる。

10-16-14

先週は布の買い付けが
続きました。

10-16-15

お人形も
ちょっとだけ。

10-16-9

小簞笥(掃除前)。

10-16-10

金具は、
修理されています。

ぐるぐる渦巻く
後付けパーツ。

10-16-13

花器として
人気がある、

古いランプ。

10-16-12

気泡たっぷり。

孔雀草を飾って。

10-16-11

影まで美しい。

10-16-8

左が掃除前の
布袋・大黒様コンビ。

右は以前から
あるもの。

現場で同じだ!と
思ったけれど、

全く別の型でした。
(とても似ていますが)

10-16-6

以前は仕入れから
外していたこともある
ウールの反物。

やっぱり美しいし、
洋服作りに
使う方もいるので、

(反物に限り)
今では化繊交織も
仕入れるように
しています。

10-16-5

兵児帯。

退色して
赤系の絞り模様が
飛んでいる。

ブルーは健在。

10-16-4

可愛い!

ミシン仕立てで、
古くもない。

半世紀前の模様、
十分に新鮮です。

10-16-7

大正期の羽織裏。

お仕覆、
中の茶入れには
何も入っていない。

緒を休ませて
いるところ…

1枚の絵を見たときに
分かることが、
少しだけ増えました。

10-16-20

八色の森公園内
「むかしや」さん。

10-16-19

学ぶと新しい
見方ができる。

頭で見る世界の
解像度が増す。

でも、
子供の視点では
もう見えなくもなる。

10-16-3

昨日は、久々に
高速道路を運転しました。

越前浜のイベント、
「浜めぐり」へ。

10-16-2

naya銀花さんにて。

BUC(ブク)の
片桐さん。

初めて入った母屋の
展示会場。

素晴らしい
空間でした。

10-16-1

ボロボロの
BOROから生まれる、

新しい作品。

「学んだら、
おしまいですよ。

最終的には、
それを考えた人にしか
なれないんだから。

超えられない」

固定観念から
遊離した場所に、

氏の作品は在ります。

ひたすらに
手を動かして。

10-16-21

対極にあるようで、

同じ空気を
感じられるのが、
お茶室。

10-16-22*

待合。

ユーモラスな
大津絵と、

秋の野花。

10-16-23

主菓子。

10-16-29

おもーい
蓋を開けて、

「わぁ!」という声が
広がる。

10-16-24

お道具、拝見中。

10-16-25

濃茶席の茶花は、
なんと、茗荷!!

お軸は、
芹沢銈介の仏画でした。

10-16-26

…まじまじと
みる。美し。

花入れは経筒。

10-16-30

笑い声が響いたり、
静かな時間が流れたり。

10-16-28

薄茶席はガラリと
雰囲気が変わり、

テーマが
お月見に。

10-16-34

小鹿田焼に
うさぎが踊る。

10-16-27

本物の黒楽、
でてきた。

美しさの基準を、
新しく積み上げる。

それは自由なのか、
不自由なのか。

10-16-31

決まりごとが
やたらと多い。

最初はそれが制約だと
感じたけれど、

個性は消えず、

むしろこれほどに
はっきりと現われる。

この世界は
美しいなぁ…

10-16-35

花は、
食べてもよし!

10-16-40

昔ながらを
正統に踏襲すると
美しい別の例。

お客様が
明治〜大正期の
漆器を、

お食い初めに
使ってくださいました。

神社から
歯がための石を
拾ってくるんですねー

面白い!

10-16-37

何に喜びを感じ、

心の奥底から
震えるのか。

みんな「ツボ」が
違います。

10-16-36

11月に解体予定の
買い付け先にて。

もう一つあった
丸窓は
また別の趣向で、

霊芝などが使われ、

おじいちゃんが
ウグイスのお人形を飾り、
楽しんでいたそう。

(壊すのが勿体無い
物件だらけ…

南魚沼市にも
空き家バンク制度は
ありますから、

市役所に
お問い合わせをー)

10-16-38

自分の
「好き」の感覚は
そのままに。

誰かの表現からは
いつもと違う

世界の解釈を
味わえる。

10-16-39

*naya銀花さんの美味しいものと、
 小石のタコ焼き屋さん

そうと決めたら
この世はいつでも
泰平。
アクセスカウンター
  • 累計:

    +315,000hit 位。
旧ブログ→ http://plaza.rakuten.co.jp/kohukoubou/

★臨時休業のお知らせ等
*営業時間/11〜16時

*定休日/(日)(月)

*お問い合わせ先
 090-4824-7939
最新コメント
記事検索
author:Rie
  • ライブドアブログ