9-28

玄関が蔵出し荷で埋まり、
隙間にお客さんの靴が詰まる。

実りの季節は、充満感。



今のところ、マンスリー企画。
ひよっこ手芸部3回目。

9-27*

先生の思惑では、
無心に刺し子的なチクチクを
それぞれ自由に!

9-27**

でしたが、
モチーフ刺繍の会に…
(私も絵を描きました(^_^;)>)

9-27***

その場で図案を考えて、
(一ヶ月間、考えていた方も…)

おしゃべりしつつ、
数時間もあっという間。

9-27+

このあと、さのやさんが
裏布付きポーチに仕立てて、

順次発送、お楽しみに♪



9-27+++

青空稲刈り、コンバインの赤。

9-27-

あとに残る、淡いストライプ。



買い出し中の一コマ。

9-27++

もうじき失われる景色と、
沢山置いてきてしまった
木の古道具は心残り。

(家主さんは遠方にお住まいで、
新たな貰い手さん探しできなかった)

街道筋に残る石仏が
遠目にも良かったので、

お天気のよい後日、
写真を撮りに行こう。

9-27++++



もっともだなー…と、
妙に響いた言葉。

セラピスト、
西尾和美さんの本から。



『一人にすべてをあずけない』

一人で全部はできません。
ある一人の人に、
自分のほしいもの、
必要とするものを
すべて満たしてもらおうとするのは
無理なことです。

その反対に、
自分一人で相手に何もかも
してあげられると思い込むのも
まちがいです。

一人一人に異なった特徴があり、
得手、不得手があります。

一人の人が、自分に必要な愛を
全部くれるわけではありません。

一人の人に、すべてをあずけたり、
期待するとガッカりします。

それがどんなに偉大な人であっても、
100パーセントいつも期待に
応えられるわけではありません。

もう少し、小分けにして、
いろいろなところから
自分の必要なものを
得るようにしましょう。

へたな忠誠心は、
重荷になるばかりです。

一人だけの友だちではなく、
何人かの仲間をつくりましょう。



沢山の手を取ろう。
花も星空も雨も。
本と映像と家族と友達と。

9-27****