7-13-24

【営業日のお知らせ】

7月16日(月・祝)は
定休日通り休みます。

7-13-2

19日(木)20日(金)、

研修のため、
2日間続けてお休みさせて
いただきます。

7-13-25

お店を開け、

お客様と刺激を受ける
会話をし、

買取業務も
続けながら、

内面は「止まれ」
そんな1週間でした。

7-13-17

昨日の買い付け品。

今日も閉店後にまた
出張査定です。

7-13-18

逐一考えずに
ハンドルを握って
運転ができるように、

無意識に明け渡し、
空いた脳みその隙間で。

7-13-22

アンティークのシャツを
ちまちま段階を経て
繕ったり、

7-13-20

面白い袖の浴衣に
正味1時間半
向き合って、

7-13-19

長めの羽織ものを
作ったり。

7-13-21

古いものをどんどん
見たい、買い付けたい。

お願い事は
叶っていますが、

新しいお願いを
追加しなくちゃ。

7-13-23

保育園のお散歩で
娘がやたらと
小石を拾い集め、

お土産に持ってくる。

「これは幸せの種だよ!」

7-13-3

植えなくても
近くに置いておけば

私たちの幸せを
祈ってくれる、

そんなものだそうです。

7-13-16

取るに足らない、
小さなエピソード
一つ一つに、

心は喜ぶ。

7-13-12

錦紗縮緬。

7-13-11

大正終わりか
昭和初期頃でしょうか。

この鮮やかなピンク!

7-13-13

裏の縮緬の
緋色も未だ褪せない。

7-13-14

時代のある軸物。

7-13-15

精を出して事に当たれば
良いことあるよ?

と、勝手に読みました。

7-13-10

羽織紐が可愛い。

7-13-9

大正の緑は独特。

7-13-8

帯には鶴が
多いですね。

7-13-7

矢立と喫煙具。

7-13-6

刻み煙草入れは、
100年眠っていた?

次はどんな用途で
使われるのだろう。

7-13-5

箱裏の書付に
美しい花が。

7-13-4

明治33年、
緑の漆は高価なもの。

7-13-1

*苦手な方にはすみません!

娘の保育園で数百匹
飼われていた
お蚕様たち。

旺盛な食欲!

繭は卒園式に配られる
お花のコサージュ?に
加工されるそうです。

命をいただく…

7-13-40

七夕の日が
結婚記念日で、

夫の仕事の都合上、
前日に前祝い。

7-13-41

あっという間の
5年間。

特に出産後は
意識を失っていたかのように
感じられる日々。

7-13-26

*ここからの写真は、

現在は週末だけ
オープンしている
(予約が必要です)

古民家カフェ
六つ季の家」さんの
スナップです。

(また次回の更新時に、
記事として書きます。)

7-13-27

古いものたち。

一度は
時間を止め、

どこかに留まり、

そして再び
動き始めたもの。

7-13-28

新しい
お願いごとは、

「余白を持てますように」

7-13-31

隙間を埋めているものを
捨てる、

潔く諦めることを
選択する先に、

ある景色。

7-13-32

こんなに素晴らしい
お手本や、

過去にも
「こんな暮らしをしたい!」と
強く憧れた時、

その空間には「モノ」が
多くありませんでした。

(好みはあるので、
私の場合は、です)

7-13-30

何を選ぶのか。

7-13-29

頭にも心にも
余白や遊びが必要。

7-13-33

70歳や80歳の自分を
脳内で召喚すると、

「今」はいつでも
愛おしい。

7-13-39

素敵なもの、

それを一つ一つ
見つめるために。

7-13-38

さて。

我が家はどこから
減らそうかな。

7-13-37

いい物があるって、
それを遮る物がないって、
素晴らしい。

7-13-34

お嫁に行った
銅の洗面器にも
お花が入れられて、

生き直している。

7-13-35

動線を引こう。

7-13-36

止まり、留まり、
また動けるように。

チラシ画像

イベント裏方にも、
数年ぶりの復帰です。

イベントサイトなどを
作りました。

「水龍さんの縁日」

●ホームページ

●フェイスブックページ

(よろしければ、いいねボタンを
押してください。
随時情報を更新します)

チラシ画像 裏

出店募集、20日まで
受け付けています。

30分程度の枠で
芸能披露も募集中です。

弾き語りでも
ダンスでも。

ご本尊様前の
特等席ステージにて、
縁日の奉納公演。

思い立ったら、
是非ご参加下さい。