5-31-30

《お知らせ》
6月7日(木)
親子遠足のため、臨時休業します。

5-31-31

振替え営業を
設けたいですが、

定休日に買い付けの
入ることが多く、

今のところは
未定です。

5-31-29

事前にご予約を
頂けた場合のみ、

定休日(日・月)でも1時間ほど
お店を開けられます。

(いつでも可能ではなく、
さらに娘連れではありますが)

5-31-26

遠方から旅のご予定が
ある際には、

お気軽に
問い合わせください。

お一人からで
大丈夫です。

5-31-35

昨日の定休日も
買い付け2件ありました。

依頼主様のお宅玄関です。
桐箪笥を飾り棚に。

5-31-36

ご親戚から引き継がれた
郷土玩具のあれこれ。

ここから一部を
譲っていただきました。

5-31-38

すぐ娘に
引き抜かれた2体。

もうこれ以上は、
あげないよ。

5-31-37

確かにこの時代の
木のおもちゃたち、

すごく魅力的では
あるけどね。

5-31-43

夏らしい柄の着物、
いろいろ揃いました。

5-31-15

暖簾や洋服作りに
どうぞ。

5-31-14

目にも涼やか。

5-31-44

器も布も
様々に入荷中です。

5-31-46

大正期の刺繍、
この控えめな雰囲気。

たまりません…

5-31-41

群馬から
はじめましてのお客様。

着こなしが現代的で
おしゃれ!

美しい山葡萄バッグは
お手製だそうです。

5-31-42

こちらも同じく
群馬(からのお客様が、
不思議と続いた日でした)の
常連様から、

物々交換で
譲っていただいた
古い祠です。

像は黒々ツヤツヤ。

一時期きっと、お守りとして
懐中していたのでは
ないかな。

升に入った祠も
この辺では見ませんが、

群馬の一部の地域では
あるものだそうです。

5-31-45

太助饅頭と、

新潟市の常連様より
完熟トマト、甘い嬉しい。

ごちそうさまでした!

5-31-33

昔のものが
美しく、

ここは
楽園みたいだわ。

5-31-34

未だ損なわれず
残されていて、

今日も満開なのだもの。

5-31-17

継ぎ接ぎだらけの
シーツが可愛い。

シミは漂白するから、
待ってて、しばし。

物とコンタクト取りつつ、
待たせがち。

5-31-16

*停車中の写真です

本日の目標。
この巨大な夜着の
中綿を出す!

半分できたら、御の字。

5-31-32

着付け小物は
お安くどうぞー

5-31-12

もうお嫁に
行ったのですが、

とっておきの越後上布。

5-31-13

内に留められた
赤い縮緬ごと、

時代も古く、
美麗でした。

5-31-9

藍型染めの帯。

5-31-7

大島(泥染めではない)の羽織、
裏ちらり。

5-31-6

隠れた場所にも
華がある。

5-31-1

歴史ある蔵の中に
たった一枚だけ残されていた
全面総縮緬、

しかも赤。

5-31-2

半襟の刺繍も
見事でした。

(こちらもすでに
送り出しました)

5-31-3

蔵出したての
染付のお皿に、

袋いっぱいいただいた
イチゴを少しのせて。

5-31-4

原種に近いという
さくらんぼのギフトには、

娘が大喜び!

(実際、彼女一人で
この量を即完食。

…さくらんぼ狩り行こうか)

5-31-5

まだ荷下しの終わらない
車の中を、
お客様に見ていただいた日。

広がる手ぬぐい。

楽しげな雰囲気、
この角度から眺めるのが
好きです。

5-26-8

お客様の装いには
今日も目が喜ぶ。

5-26-9

かわいいなぁ、
素敵だなぁ。

心だって喜んでいる。

5-26-10

シャツの襟元を、
補強のチクチク刺し子。

古いものに接する人は
現代の布にも、
その息吹を吹き込む。

F7AE8F51-4566-4FD5-8BC4-109D66F9904B

昭和40年かそこらの、
集会ですかのう。

726A1573-3ECF-48CE-B66E-579B206EF454

はい、今年の
田植え風景でした。

29DFBE43-A2D5-4889-9167-91BE1F96F0FC

現代です。
本当です。

42D8B9F0-9956-444B-B2A4-8BD457EB5342

若者たちに、かすり布や
野良着が似合う!!!

(隠すのが惜しい笑顔です!)

3A2D2EF0-E287-4E31-B0C6-9328DE0FB849

お嫁に行った野良着たちも
どことなく嬉しそう。

C9FFA552-94F8-440F-AC3D-133B89D58C5A

いい景色ですなー

4F3DBA21-0D00-423B-A33C-DA59754D29D2

大人になったら
思い出すかな?

昔の野良着纏い、
田植え枠で印をつけ、

田んぼに苗を
手植えした日のこと。

E180C684-8EE2-480F-AC44-935C22D26D59

*お客様の探し物。

 雪沓を編む際の
 型だそうです。

 譲ってくださる方おられましたら
 ぜひ、ご一報を。

5-31-22

ついでに実家の
田植え風景。

5-31-20

じーじと、見守る孫。

今年も苗の芽出しから
無加温自家製、

こだわりのお米作りが
始まっています。

5-31-23

…巡る巡るよ、
命は巡る。

5-31-24

邪魔してるんじゃないよ!
手伝ってたんだよ!

5-31-25

そのあと、
はちみつ絞り。

田舎には、
いろんな体験の景色が
溢れています。

5-31-11

その傍ら、
布たちは生き続ける。

時に、ワンストラップ
巾着になって。

5-31-10

野良着は
普段着として。

5-31-8

我が家では
インドの炊き込み御飯を
乗せられちゃって…

明治の器に
ビリヤニ似合うのです。

5-31-39

誰の得にも
なりませんが、

先週の
口腔外科での
抜歯手術のこと。

5-31-21

右下の親知らずを
顎の骨を削り、

さらにバキバキと
砕きながら抜きました。

5-31-40

全体は歯肉に埋もれ、

骨の中に8割以上が
埋没していたため、

結構、広範に
骨を削りました。

手術中は
麻酔が効いているので
痛みはほぼありませんが、

8日経ても未だ毎日、
痛み止めを服用しています。

幸い、想定されていた
腫れはありませんでした。

5-31-19

生まれてこのかた、
一度も日の目を見ることの
なかった歯は、

とても、
綺麗だったなぁ。

5-31-27

術後の一食目、
青梗菜焼きと冷やし中華。

お粥にしたらいいのに、
無茶だったか(・_・;

縫った場所が
喉側に引き攣れて、

ひと飲みごとに
痛かったです。

5-31-28

虫歯があったわけでも
先生から抜いて、と
言われたわけでもない。

ただ、風邪をひいたり
体調の悪い時に、
時折そこが痛みました。

ひとの体は
面白いな、と感じます。

5-31-47

絶妙なバランスで
楽園は損なわれない。

5-31-48

調和は自ずと取れる。

熊よけベルも
昔の学習おはじきだって、

全部遊びの道具!という
世界の組み合わせ。



今週の営業も、

どうぞよろしく
お願いいたします。