5-26-14

*営業時間変更のお知らせ

●5月29日(火)14時で閉店します。

前日に顎の骨を削っての
親知らず抜歯手術の予定で、

術後の措置が必要なためです。
と、書くと恐ろしや…

●6月7日(木)親子遠足のため、
 臨時休業いたします。

5-26-21

お店の14歳の誕生日は、

美しい蔵の中で
迎えました。

5-26-22

緑の中、
景色の一部として
溶け込んでいる建物です。

明治の末期から
ずっと今まで。

5-26-23

もうじき
場の命を閉じる前に、

繋がらせてもらえました。

5-26-19

石の土台。

この現場も、
なんて美しいんだろう。

5-26-20

蔵の扉は3枚。

一番外側の漆喰に
蜘蛛の巣。綺麗。

5-26-25

壁の神様(仏様?)に柏手を打ち、
仕分けに戻る。

5-26-26

…君はいつ、
この場所に入り込んだの?

5-26-24

箱の中で時を刻んで、

缶詰の中身は
今では誰もわからない。

5-26-27

置いてきたものの
一部をスナップで。

全ては持ち帰れないから、
その場でかなり取捨します。

(買取のスタイルは
業者さんによって
千差万別かとは思います。

私は品物・布の強度や
需要との兼ね合いを考えながら)

5-26-28

越後上布の糸。

5-26-13

沢山の管巻。

積み重ねられた
時間の置き土産。

5-26-12

夜着など。

捨てるには
勿体ないけれど、

まず1着から
綿を抜くのに1〜2日、

さらに薄く残る綿を
コロコロなどで取り除き…

5-26-29

数日がかりで
布に戻す作業が必要なので、

どれを残すのか
かなり悩みます。

5-26-11

以前はスルーしていた
肌着なども、

戦前のものの価値に
気がつきつつあり、

詳しく見るように
なりました。

たやすく捨てられて
しまうものほど、

実は
残らないからです。

5-26-18

そうして
譲っていただいた
選りすぐりたち。

順次洗いますが(絹は虫干しのみ)
まずは、
日光浴しよう!

5-26-16

長く眠っていたから、

木漏れ日の下で
しっかり乾かして
身軽になろう。

5-26-17

庭のため池では
命が揺れてる。

生態系の一隅は
大きな世界。

5-26-1

仕事を終えてから
峠を越えて、

十日町でささやかに
お祝いご飯を。

5-26-2

昨年11月にオープンした
IL CATLA GRILL(イルカトラグリル)さん。

5-26-3

緑がたくさん。

娘の大好きな
小さくて可愛いものも
たくさん。

5-26-5

アンチョビ苦手な夫も
食べられた、
アンチョビポテト。

どれもこれも
美味しかったなぁ。

5-26-4

ワインカクテルで
ほろ酔い、

良きお祝いに
なりました。

5-26-6

「大きなことをする」
ことを目標にせず、

この世界の一隅で
やれることをやります。

5-26-30

この場所に居ながらに
味わえることを、

それを超えるものを、

遠くに求めなくとも。

5-26-31

蔵の佇まいに感じるように、

下手に手を加えなければ
実はすでに全てが
整っているんじゃないか、

完璧な形に。

5-26-7

14年間、途切れなく
お店を続けられました。

ありがとうございます。

買い出しもお客様も
どの機会が欠けても、

ここまで
来れませんでした。

5-26-15

この場所と役割を
続けていきます。

15年目もどうぞ
よろしくお願いいたします。