5-16-16

明日は臨時休業
させていただき、

こちらで
布の勉強をしてきます。

(十日町は伝統的な
布の生産地ですが、

今回は小さな工房も
見学できる貴重な機会!)

5-16-4

ハギレの仕分け中。

5-16-5

野良着用の
木棉生地。

未使用品が
入っています。

5-16-2

古着物から
野良着を自作している
若い男性のお客様。

精悍ですなー

肩のあたりの
ステッチは補強のため。

5-16-1

見えない内側は
こんな感じ。

見せたいほど、
素敵です。

5-16-3

店内でフィッティング中。

ここだけ、
江戸時代…

山菜採り用に仕立てた
「ブウトウ」は

今でも地元では
人気があり
実用されています。

こちらは古いもので
山菜から出たアクにより
茶色に染まり、

別世界の質感に。

AEC6585B-4B83-425F-B2E0-643FA53835E9

我が家から
お嫁にいったトルソ。

早速着付けの練習を
したのよ!と、
お客様からお写真が。

51AFA6A6-4A8F-4CC7-B7A8-608D298CC318

素敵な玄関ですね✨

伝統的な麻織物の
織子さんを
されています。

66A2563B-35D5-4A7F-8366-23AF3B8D65D0

こちらは

すでに酷暑の
インドへ旅立った、
大正期くらいの袴。

素敵なお洋服に
生まれ変わった姿。

ソファの下の
ラリーキルト?など
背景も気になります。

5-16-22

涼しげな夏着物。

5-16-21

こちらも
夏の帯。

5-16-20

大変な手間が
かけられています。

5-16-19

塩瀬の帯。

5-16-17

未使用品の
帯です。美しい。

5-16-18

こちらも未使用品。

正絹ですが、
軽さがあります。

5-16-15

お月見コンサートなどに
しめていくと
きっと素敵な帯。

5-16-14

大島紬。

5-16-13

正絹の上等な着物。
裏の色がきれい。

5-16-12

大好きな綴れの帯。

5-16-11

手間暇、という言葉を
何度繰り返しても
尽きせません。

5-16-9

模様の複雑な紬。

5-16-10

シンプルながら
品のいい帯。

5-16-8

アンサンブルの
大島紬。

いくつかは購入時、
数十万円の品たち…

5-16-7

爽やかな
麻の帯。

5-16-6

草木染めの
発色の美しさ。

着用可能な美品たち、
複数入っています。

4E93F371-6138-4966-85C4-A972DFAF56A9

定休日の2日間で、
東京へ行ってきました。

2E9D0D7B-33AD-4633-965F-8D472BA95636

上野駅で早速
インド料理店にハマり…
ビリヤニー

664CC6E4-9F88-4310-9B7A-339A7B175494

仕切り直して、
上野動物園へ!

パンダの後ろ姿、
めんこい。

B8417540-3EB8-44DC-9658-A3DD8F3246FF

水中の
シロクマの毛並み、
美しい。

B4DC8E87-0F7D-4FEF-8219-30B14ED7E203

ものすごく
雰囲気のある
食堂で、お昼ご飯。

A09D848F-8617-4284-B9AE-2329C264DB51

時間の止まった
店内。

『東照宮第一売店』さん。

65年の歴史が
あるそうです。

66D4D97E-53DA-4CE1-B1EA-7F4353E1DB03

自然風が入って
気持ちいー

C95D390C-1819-4FC3-B90B-ABB1E8905C33

娘が楽しみにしていた
(動物園よりこっち)
国立科学博物館の
「人体」展。

なんというかもう、
人波がすごすぎて
身動きすらできない。

ほとんど何も
見られませんでした…

D5A3AF7D-D5A7-45FD-8ED4-7453E92208BA

常設展は広々。

936844E5-B76C-48EC-8E99-3CEA68F00A34

雨が強く降り出した。

日暮里・谷中へ
移動します。

ABFC2A7E-1173-4DF5-A21E-57E64CA936CF

トルコ・ウズベキスタンなどの
お料理がお腹いっぱい食べられる
ザクロさん。

3F377A8E-98B1-4BC4-8C0F-D5388D037C8C

南魚沼からこの地へ
移住して、二十数年。

印刷業を営むご夫妻と
家族ぐるみのご飯会でした。

8EB1C129-DE97-4EFE-85B1-06A09F44EB3F

東京で会社を興す、
継続する、住み続ける。

全て、凄いこと!

ザクロさんも
お店を構えて21年だそう。

お客さん全員参加の
ショーは、
大盛り上がり。

多分娘がこの日一番
テンション高く
喜んでいたのは、

この場所だったと
思います。

DECB48A1-FD2B-4FD9-A54C-6FF397691DBF

翌朝は夢の国へ!
(写真、続く?)

我が家の少し遅い
ゴールデンウィーク、

とてもいい旅に
なりました。