5-11-19

連日、買い付けで
開店が遅れ気味です。

明日も早ければ
11時すぎに戻りますが、

念のため12時開店と
させてください。

5-11-3

やや時代の新しい
昭和の着物が
いろいろと。

5-11-2

新しいってことは、
実用しやすい
良さがあります。

5-11-23

米袋。

5-11-22

古い布が
使われているものは、

最近あまり
出てきませんが、
可愛い日常の小物。

5-11-28

木綿の大風呂敷、
沢山洗いあがっています。

5-11-24

十日町紬を繋いだ
大判の布。

5-11-30

小さな衣桁と
文字入り藍木綿。

5-11-20

シンプルな切子グラスと
漆のお盆。

5-11-26

ご自由にどうぞ、
のコーナー。

今はもう少し
増えてます。

5-11-13

お天気の良い日は、

裏の小川で
古い物掃除。

5-11-14

雪どけ水を
掬いあげる。

5-11-15

徒歩30秒の楽園で
沢山ご飯を食べた春。

5-11-1

こちらのお花見も
オススメです。

5-11-4

時間を少し
巻き戻します。

有志で銭渕公園の
お茶室を借りて、

お花見茶会。

5-11-8

「仏」な床様。

5-11-5

この日は
煎茶の会でした。

お嫁に行った
漆器の台と再会。

急須は江戸期の
白薩摩だそう。

5-11-7

京都の干菓子を
乗せているのは、

鎌倉彫、鳥モチーフ
かわいいなぁ。

5-11-6

花より団子…

塩沢の人気のお店、
芯菜箸(しんさいばし)さんに
お花見弁当を
オーダーしました。

綺麗!

縁側に並んで座り、
季節の味わいと
春の訪れを楽しみながら。

5-11-9

三煎いただいた後の
茶葉にお醤油と、
少し白胡椒。

美味しかったです。
初めての味わい。

5-11-11

床の間のお軸を、

参加者の
お一人が書かれた
新作に架け替える。

(横二つ並べて完成、
その半分)

「無」は怖くない。

ここから全て
新しく始められる。

5-11-16

想像する喜び、

それはとても
自然なこと。

5-11-12

お客様の
クリエイション。

ミニミニ着物。

5-11-17

美しい女大島の
コート。

5-11-18

内に纏われた
お洋服も、

普段着物から
リメイク。

5-11-21

ナイキの赤いパンツと
黒いビートルが
かっこよかった
お客様。

購入された
木綿の野良着を
そのまま下に重ねて。

緩いよろけ縞が
現代のお洋服にぴったり!

5-11-27

麻からつくられた
お洋服、
涼やかで素敵だなぁ…

静岡からの
リピーター様。

5-11-29

美味しい新茶を
いただきました。

5-11-25

ゴールデンウィーク期間中は
毎日、別の預け先へ
娘を送り出しました。

お友達親子と
出かけた日のお土産。

5-11-31

娘が摘んでくれた
お花を見ながら、
お茶を。

5-11-32

動物と触れ合いたくて
お迎えの後、

生き物沢山な
友達の家へ。

世界の中で
何かを渡して、
また受け取れる。

補い合う日々です。