IMG_6574

昨晩の出張査定で
譲っていただいた、

「おばあちゃんが
使っていた」という
引き出し小箱。

可愛い、可愛い!

IMG_6573

その前々日に
買取した小引き出しが
まだ車内に残っていて、
(写真中央)

積み込みの際に
依頼主様が、

「え?言っちゃ悪いけど、
こんなものがいいの?」

はい、そうなんです…

IMG_6572

このズレが
悲劇も生むし、

だからこそ
出会えた時の
喜びは、ひとしお。

IMG_6579

昨日の買い出しでは
60くらい廊下に
並べていてくださった
着物や帯の中から、

どれもこれも
新しくて悩みながら、

時代はひとまず忘れて、
10数点を選びました。

IMG_6581

藤は時期外れでも
松が可愛い。

お正月ムードに
そっと混ぜ込み、
飾れるかもしれない。

IMG_6582

東京の美容室で
いつも着物を
見立ててもらうほど
オシャレだったという

叔母様から譲られた
羽織などは
やっぱり可愛い。

IMG_6575

古いものは
無かったなぁ…と
査定を終えかけていた時、

部屋の隅っこに
あった布の塊。

あ!古いのあった!

IMG_6576

「それはおばあちゃんの
長持ちの中に入ってた布で、

みんな汚かったから
他のは捨てたけど。

それもゴミだらけで。
無理しなくていいのよ」

こっちです、
うちの買い付け品目…( ; ; )

IMG_6577

更に、捨てる候補の
紙袋に入ってた襦袢!

「そんなの化繊系の、
良いものじゃないから…」

いえ、大正後期の
縮緬です…

IMG_6571

こちらも、別の現場で
私がピックアップ
していたら、

「おい、
そんな器でもいいのか。

そっけんがぁ、みんな
ほーりなげたて!」

(そんなのみんな放り投げたよ)

IMG_6578

※また別の現場から出た布

…数時間前には
同時代のあれこれが、

まだたらふく
残っていたらしい…

IMG_6590

本当にこんな悲劇が
日常茶飯事ですが、

例えば15年前、

まだ会社員だった
私が見たら、

同じように
価値もなく感じて、
捨てたでしょう。

IMG_6614

大正襦袢。

これも「捨ててはアカン」
やつです。

IMG_6599

少しずつ視点が
ズレて、ズレて、

世界の見え方が
変わりました。

IMG_6610

✴︎鳥ものに弱い…

捨てる神あれば、
拾う神あり。

どちらもいなくては、
世界は廻りません。

皆んなが同じ
趣味嗜好だったら、

なかなか隅々まで
何事も行き渡りません。

IMG_6616

色あせた風呂敷でも、
柄によっては、

欲しい人がいる、
活かせる人がいる。

売れなくても洗って
古道具を包むのに使うと、

外国の方には特に
とても喜ばれます。

IMG_6615

同じ土地に
住みながら、

様々な価値観が
共存しているから、

私もここに
居場所があります。

IMG_6617

「こちら側」にズレながら、
「そちら側」の感覚も
分かる。

貴重な古いものが
捨てられる前に助け出す。

そうして手渡す。

微力でもずっと
古いもの達の通訳者、

仲介者で
あり続けたいです。