10-30-1

**11月は(日)(月)以外、

  毎日営業予定です。**

(変更のある際は、
こちらで早めにおしらせします)

10-30-22

10月も残すところ、
明日だけ。

10-30-23

美しい赤だ…

1度の秋が
暮れてゆきます。

10-30-24

印判皿は同じ柄が
まとめて30枚くらい、
出てくることも。

10-30-8

絞りの羽織。

とても細かい。
根気のいる作業。

10-30-7

鏡のこちらと
あちら側。

10-30-6

竹カゴに
布は好相性。

10-30-5

着られる
コンディションの、
袷着物と襦袢。

10-30-4

未使用の付け下げ、

しつけ糸の端が
松葉模様!

洒落てますね。

10-30-3

柄ゆきも上品です。

10-30-21

絽の黒留。

10-30-34

古いものは
黒が美しい。

10-30-33

漆器椀の蓋です。

150年くらい前の
上質な漆器を、

気軽に使えるなんて。
(しかもリーズナブルに!)

古道具の贅沢を、
まずは
こんなところから。

10-30-32

お客様の装い。

最初、面と向かったときは
気がつきませんでした。

馴染みすぎていて…

10-30-31

後ろから見たら
わかります。

これ、絣の
袖なしだー!
(襟だけ付け替え、
あとは元のまま着用)

10-30-29

お客様の襟元を、
絞りの着物地が彩る。

昔の色って
暖かいです。

10-30-30

来夏は
3年に1度の

アートトリエンナーレ
大地の芸術祭。

作品の下地として
布たちが旅立ちました。

再会するときは、
もう別の顔…

10-30-18

綿の紅型染め帯。

10-30-17

大正の黒留。

10-30-16

戦前くらいの。

10-30-15

今見ると新鮮。

10-30-12

Facebookページのみの
告知でしたが、

定休日に数時間、
営業していました。

10-30-27

遠路はるばる、

山形から
片道3時間かけて(!)
来られた方が。

開けてよかったー…

10-30-26

素敵な装い。

可愛いバッグは
チクチクお手製、

絣の山袴は
出てきた状態のまま、
加工なしで。

(靴は茶色いDANSKO、

車は白のFIAT. 可愛い!
いちいちツボでした)

10-30-28

そんなタイミングで
嬉しい差し入れ、

あったか大判焼きで、
お茶一服。

10-30-13

帰り道で、
虹は見られましたか?

10-30-14

こちらは裏庭で、

良く似た光に
会えました。

10-30-9

来る人来る人に
お茶を出していた頃、

私にも
お客さん同士にも、

たくさんの出会いが
ありました。

10-30-20

物理的にそんな時間が
作れなくなって、

自ずと、人を繋ぐ役割も
終えた気がします。

10-30-10

この世界には
素晴らしいものが
たくさんあるけれど、

一度に味わえる数は
限られているから、

物事の盛衰が
うまいこと、

順番や巡りのリズムを
作り出しているような。

10-30-2

目の前には、

今、必要なことが
全て揃っている。

10-30-19

手の届かないような
ところにはなく、

いつでも
きちんと五感で
味わえる距離に。

10-30-25

今日はチャイを
お出しするはずが、

仕上げの
スパイスパウダーを
入れ忘れて、

ただのインド茶葉の
ミルクティーに…

10-30-11

雨降りのんびりと
いい1日でした。

明日もお部屋を温めて、
お待ちしております。