6-28-10

明日(29日)は、

12時半開店と
させていただきます。

ご不便おかけします…
申し訳ありません。

※本日は通常通り、
11時から営業します!

6-28-17

買い出し、
続いています。

現場においてきた
シリーズ。

これは仕方ない。

漆器類、
割れやすいですね。

6-28-16

これもパス、

でも写真だけでも
と、

結局引き上げた
のっぺ汁入れの
蓋だけ。

ネズミの齧り跡
少々。

いつか、使い道を
思いつくかしら。

6-28-18

これも
漆の剥落が多くて
諦めました。

美しい。

6-28-6

店頭に
戦後の器が
多くなってきたので、

今回はパスした
ごはん茶碗。

出会いと
タイミング…

6-28-13

江戸期の角皿。

うずくまっているのは
うさぎ??

6-28-12

直しありますが、

だからこそ
惜しげなく、
日常に使いたい。

6-28-11

少し前の買い出しで
出てきた、

昭和の有田。

普段使いすると
便利な小鉢。

6-28-5

本場の
さくらんぼ農家さんの
宝石たちを、

立て続けに
いただける機会が。

古いお皿に果物は、
よく合います。

6-28-7

掃除も、
品出しも続く。

帯紐の良品、
増えましたね。

未使用の手組みでも、
1200円までで
出しています。

6-28-8

また追って記事を
書こうと思いますが、

お茶会に
ご参加いただいた皆さま、
ありがとうございました。

6-28-9

あ、私、
水屋係か!と

当日に
自覚するほどの
手探り感…

6-28-14

中のガラスを
割ってしまって、

会期中は
花を生けられなかった
カゴに

終了後、お花が
入りました。

どう使うんだろう?
と思っていた

ミョウガの葉っぱが
爽やか。

6-28-15

早速、
翌日のお店でも
使ってみました。

学びを
次に活かします…

やってみる、
恥をかく連続が
しばらく続きそう。

6-28-2

昨夜の銭渕公園。

6-28-1

自然体験学校の
子供達が
「ほ・ほ・ホータルこい♬」と
合唱しながら、

数十人歩いて行く。

その中を、
飛び交うホタル。

(夫は「怖いわ!」
確かに、異世界…)

6-28-4

大月のホタルの里は
広範囲に少しずつの
群れでしたが、

川沿いに集中して
明滅する姿は
とても美しい。

6-28-3

銭渕公園のホタル、
8時前後が見頃です。

(ピークは30分ほどだそう)

同じ感覚で光る
そのリズム。

今日も自然の中に
生きながら、

帰宅したら
藍染め木綿の布団と、
格闘しようと思います。

(屋外で綿を抜かないと
大変なことに)