4-5-13

【営業時間変更のお知らせ】

(当日のお知らせで
すみません!)

本日、朝イチで
買い付けのため、

開店時間が
11時半頃になります。

→12時半位になりました。
申し訳ありません🙇‍♀️

*写真は、娘の仕業。
 気がつくと、そこらじゅうに
 オモチャのお店や病院が。

4-5-11

昨日は、
暖かい1日でした。

裏の小川に
行けるようになったので、

古道具の掃除を
していました。

40年以上経て
ホコリや米ヌカで
真っ白に。

4-5-9

蘇ったーーー

Before、afterに
立ち会えるのが、

楽しい醍醐味。

4-5-12

こんな色になると
思っていたよーー

貫禄のある
大きなこね鉢。

4-5-10

ティーカップ
ありますか?と時折
聞かれますが、

蔵からは
ほとんど出ません…

4-5-7

おそらく
仕舞い込まれることなく
母屋で使われ、

さらに和の食器より
華やかな分だけ

形見分けなどで
貰われやすく、

残らないのでしょう。

4-5-8

久々に深さのある
蒸し器の枠が
出ました。

置くだけで即、
飾り台の出来上がり!

4-5-3

江戸の器。

4-5-2

縁の飾りも
美しい。

4-5-1

貫入(焼きの甘さで入った
釉薬層のヒビ)も育って、

良い景色に。

4-5-6

数のあるものを
一つだけ、自家用に。

早速コーヒー入れて。

あー。
江戸の器で飲める幸せ。

4-5-14

頂き物のコブシの蕾が
いつの間にか
白い花になり。

春ですね。春ですよ♪
(娘が入園式で歌っていた歌)

4-5-5

1年ぶり?かに
再会した

コドモ画伯たちの
絵が玄関を彩る。

本当に、
うまいなぁ…

4-5-15

県外から市外から
昨日も遠方からの
お客様が多くて、

そして交わされる、
「大切にしますね」
「来た甲斐がありました」
「引き継ぎます」

ありがたい言葉たち。

4-5-17

私は物語の途中に
居るだけなのだなぁ、と
しみじみ。

雪で折れた枝を
山から引き上げた人がいて、

手渡された場所で
花が咲くように、

自分の関わった事の
行方全て見ることは
できなくても、

大きな流れの
一部を担っていると
自覚するだけで、

小さな自分が
広がって感じられます。

4-5-16

今ある場所で
やれるだけの小さな仕事を、
今日も。

4-5-18

この雪のトンネルは、
かぐら三俣にある、

山小屋リノべカフェの
エントランスです。

gaiA(ガイア)

雪が溶ける前に!と
急いで行ってきたけれど、
まだ大丈夫みたい。

トンネルが
消えないうちに、
ぜひとも。

4-5-19

書きたいことが
溜まっていますが、

またおいおいと。
(日々が早い!)