3-22-25

松代(松之山だったかも…)で
使われていたという
能登の輪島塗り。

会席膳一式。

3-22-26

お膳はひび割れ、
欠け目立つので
廃棄かな…

というところで
行き先が決まってよかった。

残りのお椀達は
しっかり売りますよー

大正くらい。

こっくりとした
朱色の漆が綺麗です。

3-22-16

直径約一尺。

少し人が集まった時に
程よい、
明治の印判大皿。

3-22-14

こちらも明治初めの
掛け軸。

3-22-12

過去2回、
表装し直し。

大切に
飾られてきたのですね。

3-22-11

幸せな気持ちに
なれるお顔です。

福々。

3-22-13

実用的な竹のザル。

国産が貴重に
なってきましたね。

3-22-5

菱形の染付皿。

3-22-7

枝から落ちそうよ!

猛禽類の眼光鋭く。

けれど、どこか
ユーモラスです。

3-22-4

描いてるモチーフが
バラバラ(笑)

こんな大らかさが
いいなぁと思うのです。

3-22-9

娘達には、
華やかな可愛らしさを。

3-22-8

色鮮やかな僧衣。

3-22-10

贅沢な総ちりめん。
美しい赤です。

3-22-6

見覚えある名前…

あ、現在の浦佐にある
セレクトショップ、

U.Bストアさん!
(ウシキ バーバーが
店名の由来)

3-22-15

均一でないことが、
宝ものですよ。

1枚ごとに異なる
育ち方をした建具。

3-22-3

ガラス×障子の
組み合わせ。

3-22-2

一昔前の
当たり前な建具も、

徐々に残存数を
減らしています。

3-22-24

子供綿入れ。

3-22-23

美しい
縮緬地です。

3-22-1

時折、実用向けに
探している方も来られる、

コンパクトな
和裁の裁ち板。

3-22-18

お客様(作家さん)が
里帰りですよー


お持ちくださった
作品達。

見覚えのある布が
すっかり見違えて。

3-22-17

真ん中のちりめんは
我が家のものでないですが、

この、
色の褪せたラインが
たまらないです。

むしろこれこそが
良いです。

3-22-19

ノートカバー、
真ん中の隠れる場所に
ちらっと紬生地。

3-22-20

色合わせが楽しい。

3-22-22

十日町紬が
生き直し。

生まれ変わった!

3-22-21

なんでこの順番で
布を継いだのかしら。

そんな会話をした
ハギレもそのままの
姿で。

まっすぐも
斜めも、どちらも素敵。

活かされる場所へ
モノたちがたどり着く、

本当にご縁が
ありがたいです!