IMG_2847

本日、快晴!

facebookに、
店内の動画】を
アップしました。

IMG_2850

常日頃、
置きっ放しで、

お客様が掘り起こして
くださるのに、
甘えっぱなし。

IMG_2804

もう少し
見るポイントを絞り、

古いものに
光を当てます。

IMG_2803

松葉の模様がついた
ごくありきたりな
漆器。

高台を削いで
作られたお皿は、

どんな用途に
用いたのでしょうね。

IMG_2791

こうして一つ一つ
味わえるのが、
写真の良いところ。

IMG_2788

点数がたくさんあっても、

店内の品物が一つずつ、
笑っているお店に。

IMG_2787

いっきには
変わらないので、

一ヶ所ずつ
整えて、

また途中経過を
動画でお届けいたします。

IMG_2799

昨日の大雪の中を
いらしたお客様から、

十日町の季節細工、
ちんころをいただきました。

着色された
餅米で作ります。

本来は犬、
こちらは猫🐱

鯛をしっかり
押さえる姿がかわいい。

下に敷いたのは、

儀式で使われた
素焼きのお皿。


IMG_2828

二日間の大雪中、
発動していた豪雪割り。

適用できてよかった(笑)
つまり、訪れる方が。

ありがとうございます。

IMG_2781

昨日のお稽古の
お茶の友は、

もっちりお餅。

甘いものだけで
口の中を満たすことにも、
慣れました。

IMG_2784

帰り道には青空が
一瞬覗いたものの、

あまりの大雪で、
先生が1時間遅れる。

他の生徒さんと、
お点前復習。

外は吹雪、
鉄瓶に沸くお湯の音‥

こんな日には、

どんなお花を飾り
どんなお菓子が
似合うんだろう。

IMG_2805

お稽古のおかげで、

出来ない姿をさらす事に
耐性ができた気がします。

始めないと
上手くもならない。

IMG_2807

元来の素材の
模様を生かした、
容れ物。

IMG_2808

タバコ盆の中の
パーツを抜き出して、
一輪挿しに。

IMG_2819

こちらもタバコ盆の
箱だけ。

IMG_2820

内側と底に、ベンガラ?で
着色してあります。

IMG_2818

古道具ありのままでは、
現代の生活に
そぐわない。

解体した途端に
使い道が広がる。

見立てて、自由に。

とはいえ、

千歯こきを本来の用途で
買われる方も。

ケースバイケース。

IMG_2817

色の良い木箱。

IMG_2815

お人形が
収まるところ。

IMG_2813

木箱を買われる方で
多い使い道は、

IMG_2811

台所周りにて、
活躍しているようです。

プラスチック容器も
決して悪くはないけれど。

木の箱は愛おしい。


IMG_2822

まだ募集しておりますが、

こんなものが欲しい、
心惹かれる!のメッセージ、

様々に色とりどりに、
ありがとうございました。

手ぬぐいはこんなものが
届きます(๑ت๑)ノ

しばし、
お待ちください。

IMG_2824

昨日も雪掘り三昧。

急に大雪が降って
油断したまま
埋もれさせてしまった、

井戸水を流す、
サニーホースの末端を
掘り起こしました。

IMG_2831

雪中貯蔵の野菜を
掘るってこんな気持ち??

これで水を回せる面積が
2倍になった…やれやれ。

IMG_2845

素敵なカール。

IMG_2850

店舗前の参道をお散歩。

いつも以上に 、
色彩のコントラストが
高い!

この強弱を、
店舗の中にも
持ち込みたいのです。

IMG_2848

最近読んだ
福岡伸一氏の著書、

【動的平衡】の中の一文。

→私たちが今、

この目で見ている世界は
ありのままの自然ではなく、

加工され、
デフォルメされて
いるものなのだ。

デフォルメしているのは
脳の特殊な操作である。

実は、
これは何も視覚だけに
限ったことでは無い。

私たちは、
本当は無関係な
事柄の多くに

因果関係を
付与しがちである。

なぜだろうか。

ことさら差異を強調し、
わざと不足を補って
観察することが、

あるいは、
ランダムに推移する
自然現象を

無理にでも
関係づけることが、

長い進化の途上、
生き残る上で
有利だったからだ。

世界を図式化し、
単純化できるから。



よく、私たちは、
脳のほんのわずかしか
使っていない
などと言われるが、

実は、
それは世界の有りようを

『ごく直感的にしか
見ていない』と
言うことと同義語だ。

世界は私たちの
気がつかない部分で、

依然として驚きと
美しさに満ちている。

このことから、
私たちは重要な箴言を
引き出すことができる。

【直感に頼るな】という
ことである。

つまり私たちは、

直感が導きやすい
誤謬を見直すために、

あるいは直感が
把握しづらい現象へ

イマジネーションを
届かせるためにこそ、
勉強を続けるべきなのである。

それが私たちを
自由にするのだ。

◉引用終わり

IMG_2389

なぜ、勉強をするの?という
疑問に対する答えとして、

著書が書いたもの。

直感を信じよう!
心の声を聞こう!

そんな呼びかけに
慣れ親しんでいたから、
少し驚いた。

文化や時代に寄り添い
(洗脳とも似ている)、

見えなくなっている、
考えを止めている場面が
確かにたくさんある。

それは自由なようでいて、
思考の檻の中に
柔らかく
閉じ込められているみたい。

勉強することで、
少し引いた視点を得たら、

私たちは、より自由に
なれるだろうか。

少しずつ少しずつ、
学ぼうと思います。