IMG_1909

※洗濯の終わった白絣の着物

絣模様が大きめですが、
きちんと染めわけた糸で
織り出されています

メリークリスマス!

和な我が家、

クリスマスイブ…とは
関係なく?

様々なお客様に
お越しいただけて、
楽しかったです。


IMG_1905

実用に火鉢を
探しに来られた方や。


IMG_1908

お買い上げいただいたのは、

桐材のベースに
黒柿の淵のついた
素敵なものでしたが、

昔の木のもの、
作りが凝っています!


IMG_1906

サービスで
おつけすることもある
火箸など。

今回は灰を
現場に置いてかないで

入れっぱなしにしていました。
ふるって使っていただけそう。

捨てなくて良かった…

灰も貴重品になりましたね。


IMG_1910

写真に撮った後、
すぐにお嫁に行った籠は、

籠本来としての
用途で。

道具が道具として
使われる。

オブジェにしても
もちろん素敵なのですが、
嬉しいことです。


IMG_1911

古民家を移築&リノベした
素晴らしいお宅に
住んでいる方の

いつも持ってる
紙✖️革のトランクが
最高に可愛い!


IMG_1913

おすそ分けいただいた
カミメホウキ
(ホーリーバジル・トゥルシー)
のドライハーブ。

早速お茶にして
いただきました。

インドの風と
日本の暮らし。

しっくりくるんです…


IMG_1899

そうそう、
お礼が遅くなりました。

にいがた銀花さんでの
BORO市、

はるばる
お出かけくださった方も
いらしたそうで、

ありがとうございました!

野良着など、
縁あるものたちが旅立ちました。

この度、私自身は現地に
お邪魔出来なかったのですが、

春には越前浜のイベントで
お会い出来たら嬉しいです。


IMG_1900

搬出され戻ってきた布に
添えられていた、

嬉しい
ロシアチョコレート。

スタイルや佇まいだけでなく
振る舞いや文字など…

美しいなぁ、
素敵だなぁ!と思われる。

そんな方が
同じ時を生きている
素敵な世界。

憧れの姿に一つ一つ、
歩み近づく年にしよう。


IMG_1821

※雪に残る足跡を
追いかけている…

結局、娘は丸一週間の
自宅保育でした。

ひとまず、
発熱おさまって良かった。

今年も後わずか!

27、28日に再び扉をあけて
ポカポカのお部屋で
お待ちしております。