10-20-29

*臨時休業のお知らせ*

11月2日(水)14時前後に閉店します。

その他の日は、
通常営業の予定です。


10-29-16

〒949-7112
  新潟県南魚沼市長森1135−1
  (欅苑様と、千年こうじや本店様の
   真ん中あたりの一軒家です)

はやかわAntique & Crafts
   日曜・月曜定休
   11時〜16時オープン


10-29-17

寒くなってきましたが、
店内はストーブで暖かです。


10-29-19

見込みが星型。


10-29-20

一輪が映える花器。


10-29-21

残念ながら…
蓋が見つからなかった

古い急須。


10-29-22

お花をいけたら
きっと素敵。


10-29-18

手書きの素朴なお皿。


10-29-45

藍染の格子模様。


10-29-46

大好きな、
この色。


10-29-44

お洗濯済み、
未使用の風呂敷。

大きい方から
売れてゆきます。


10-29-40

以前ご紹介したものとは
また別の
藍染木綿布のかたまり、

一枚ずつ値付けしました。


10-29-43

納品前の食器棚の、

ガラスに貼ってあった
シール剥がし。

▶️まず市販のスプレー溶剤を試す

▶️シールをふやかして、
 メラミンスポンジでこする

▶️それでも落ちないものには
 食器用洗剤をかけてラップパック。

2時間半でもすべては
落としきれず。

特に写真のシール!
なんて頑丈なんだ…

(絵や紙の部分は落とせました)


10-29-37

入れ子のお盆。


10-29-36

大きな方に
裏庭の柿を乗せて。

脚立なし、
手の届く範囲だけで
さわしました。

(そうこうしてたら、
実家から大家さんから、
20個以上の柿が…)


10-29-35

古いお皿です。


10-29-34

裏はこんな感じ。
いい味。

たまに出てくるのですが、
何に使ったのでしょうね。


10-29-33

柿模様の器に
モナカを乗せて。


10-29-31

鉄の鎹(かすがい)。


10-29-27

桐の模様の、
タバコ盆。


10-29-30

国内の高級洋食器メーカー
第2位(一位はノリタケ)、

鳴海製陶の初期の頃。

カップ持ち手の
繊細さにうっとり。


10-29-29

お渡し前の家具を梱包。

ガラス窓の引き戸つきの、
小さな食器棚。

下段にお酒、
上段にショットグラスを
入れられるそうで、

以前に比べると
男性のお客様が増えていますが、
みなさんオシャレ。


10-29-28

乗られていた車も
面白かった。

ハスラーに、
古いスズキのエンブレムを
後付けしたそうです。

かわいい!


10-29-32

こちらの男性のお客様も
いつも素敵で、
この日はイタリアの古着。

カフェのギャルソンさんが
着ていたもの、でしたっけ。

「みんな、好きなものを
着たらいいんですよー」と。


10-29-8

お客様スナップ続きます。

後ろ姿。

なんていい藍染の
手織り木綿!

かなり古そうです。

縫製はオーダーして
作ってもらい、
ポケットの刺し子はご自分で。


10-29-7

この日はこちらがフロント。

どちらを前にしても
着られるそう。

布が美しい、
個性が美しい。


10-29-3

また別の方。

作家さんの持ち物には、
つい目がいきます。

こんなチョークバック
欲しい…

東北地方の刺し子布だとか。


10-29-4

お連れ様は、
琉球絣の木綿シャツです。

そしてお母様が、
帽子から足元まで
完璧(私個人の趣味ですが)な
ファッションだったのに、

お写真お願いし忘れました…
またの機会があれば是非。


10-29-39

以前、ほんの数枚、

シルクのスカーフが
店頭に並んだことが。
(出処は蔵の中)

素敵に使われている姿にも
再会できました。

お客様がたの自由な装いと
その表情には、

個が持つ華や光が
確かにあります。


10-29-5

玄関のお地蔵様の足元に、
お賽銭…

栗もいつの間にか
置いてありました。


10-29-6

今日も時間旅行。


10-29-23

表紙の可愛さで
ジャケ買いの、美術年鑑。

昨年ものです。
(最新版はプレミアがついて
一万円前後だった)

早速、工芸の器が来たので
ページをめくりました。


10-29-2

秋が深まってきて、

雪国暮らしには
長い長い冬の時期が、

ひたひた、ひたひた。



10-29-24

お茶を一服たてる、

その前後にあることの、
一つ一つは完結しています。

お菓子をいただく時は、
お菓子だけ。

お茶を飲むときには
お茶だけを。


10-29-25

家で飲む際には
お菓子、お茶、お菓子、お茶、と

交互に楽しめるから
いいな、とやってみたら、

どちらの輪郭も
ボヤけてしまった。

何もかもが
(追われてもいないのに)
勝手に急いだ流れ作業で、

ひとつひとつを
意識することもなく、
まとめてやっつけていた。


10-29-26

楽しいことの質が
日々の中に、

様々に
混じり合うことなく、

その時々で
完結していたらいい。

娘と遊びながら、

メールきたぞ返信だ、
とiPhone見始めると、

彼女の機嫌は
とても悪くなる。


10-29-42

子育てだけでなく、

気持ちや行動を
それぞれ完結させずに
混ぜてしまうと、

うまくいかなかったり、
不調和が生まれる。


10-29-41

イ・ヒロッシェさんで
娘と夕ご飯。


10-29-38

窯焼きタルトタタンも
美味しい。

ご飯を食べる時は、
ご飯だけ。幸せ。


10-29-1

秋の花を見ながら、

秋には秋の時間を過ごす。

冬が来てからの心配を
混ぜ込んでしまうと、

見逃してしまうことが
あるかもしれない。