8-24-26

何十年ものの、
埃の積み重ね。


8-24-29

未使用の麻の蚊帳。

安く手に入るので、
来年の備えにも。


8-24-28

綺麗な銘仙の羽織。


8-24-27

幾つかの漆器がはけ、
新たな木箱のフタを開ける。

明治〜大正期の
上質な塗り。

今では叶いにくい、

国産漆を使うことが
当たり前だった時代です。


8-24-30

家具だって
合板じゃないよ。

昔の当たり前は、
現代の上質で最良。


8-24-25

十日町のお寺さんで
ジャズライブ。


8-24-24

古川麦さん。


8-24-23

叫ぶし走るし、

ごくごく当たり前の
子供の振る舞いゆえに、

出かける場所を
限定することが多い、

長い長い夕方の時間。

行けるイベントのあることが、
砂漠の中のオアシスみたい。


8-24-17

育児始まってから
二回目の、

夫に娘を預けての
夜の時間。

池のほとりの美味しいお店
(イ・ヒロッシェさん)へ。

玄米粉を使った
ノングルテンパスタ。

ビーガンの方にも
これは嬉しい。


8-24-16

予定は未定の連続に
頭は硬くなり、

交友関係が
ずいぶん狭まった。

いつの間にか、

ほとんどのオフの時間は
一人で行動する日々に
戻っています。


8-24-15

またみんなで何かやる、
あの熱気の中に
戻りたくもあり、

新しい時間の中で
練り上げてゆくような、

今の日々の貴重さも
感じています。


8-24-22

二ヶ月前の写真を見たら
もう今日と違う。

そんな娘と過ごせる時間は
きっとあっという間に
過ぎてゆく。


8-24-21

何か大きく拡大するより、
もっと閉じてどっしりとして、

風が吹いても
あまり揺るがない、
そんな硬さ。


8-24-19

私がそうして
日々を過ごす同じ時間、

周りの人の上にも
様々なことが起こり続けている。


8-24-20

ほんの数年、
違う時間の流れにいる。

また合流する縁も、
あるのでしょう。


8-24-18

ママ友さん経営の
隠れ家的美容室で髪を切る。

子供の話をする。
それが楽しい、今は。


8-24-9

お店に来られる方も、

たくさんの世界の断片を
臨場感たっぷりに語り、
私の元に運んで来てくださる。

ある人は言う。

「子育てって言いますけどね、
親が育ててもらってるんですからねぇ」

以前どこかで聞いた話でも、
やっと実感できて、
呑み込める。


8-24-7

残暑厳しい日にオススメな
三国川ダムの地下探検。


8-24-8

ダム水の放流の
迫力は子供の
トラウマになるレベル(笑)

けれど、子連れでなかったら
来なかっただろうな。

(大人お一人様にも
オススメしたい!)


8-24-14

買った靴が足に合わず
サイズ調整してもらいに、

謎だった駅前の
靴屋さんに初めて入ったり、

ローカルな探検。


8-24-13

十日町のアウトランド。

素晴らしい木造コテージが建ち並ぶ
キャンプ場です。

セルフビルド…というのが
信じられない規模の。


8-24-12

誘ってくださる人がいて、
ホットサンドの
楽しさを知れる。


8-24-11

これは娘二人だったら
来なかったなぁ。


8-24-10

雨でも、子供は
いつでも楽しんでいる。


8-24-5

真夜中2回、
合計4時間も
元気はつらつに起きだして
遊んでいた娘…

富士登山へ出かける
早朝の夫のお見送りが
できたという幸運…


8-24-3

私自身二歳半くらいから
記憶があるので、

今の彼女の日々のどこかを、
未来で思い返すこともあるはず。

笑っている瞬間が
多いといいな。


8-24-4

これから幾つかの
お祭りが続くので、

好みの渋い古着に
子供らしい?刺繍を少しだけ。


8-24-2

田植え枠を
ランプに作り変えた
お客様の作品。


8-24-1

明治時代の伊勢型紙を、
使っていただけました。

素敵です。


8-24-6

以前の八幡のお店に

確か最後から二番目に
来店された、

90歳ほどの
おばあちゃんのセリフを
思い出す。

「子育ては女の花よ」

人生にはいろんな花が
咲くのでしょう。

一つの花の時代を、
生きている。