7-26-9

*営業時間変更のお知らせ*

●8月3日(水)は
15時までの営業となります。
(1時間閉店が早まります)


7-26-36

ある日の
買い付け後の荷台。


7-26-37

家具は、少し拭う程度の
お掃除に留めて、

店内にどんどん
運び込んでいます。

扉が横開きの書庫と、
レザー×アイアンスツール。


7-26-39

器もそのまま。


7-26-38

複数の現場から、
モノたちが
入荷し続けております。


7-26-51

深いブルー。


7-26-40

幕末〜明治くらいのツボと
大理石のわんこ。


7-26-43

書き込みが綺麗。


7-26-41

文字をしたためるための机。
(上に銭箱がドンと乗ってますが)


7-26-42

どっしり碁盤。


7-26-45

下にある
長い長い和裁机は、
引き出し二つ付き。


7-26-44

味があるけれど、

プラスチックの持ち手は
廃棄して、
真鍮パーツに付け替え。

天板も良い雰囲気です。


7-26-50

しみじみ好きな器。


7-26-47

漆器も黙々と
入荷し続けています。

すぐ売り切れる
ツボ(漆の器)も、
今なら在庫が。

お土産で頂いた
フランスのクッキー、
美味でした。


7-26-46

さらりと敷いた帯、
単体で見ると
こんなに素晴らしい。


7-26-49

蓋付茶碗の有用性。


7-26-48

カーム、カーム(静けさ)。

古い模様は、
心を落ち着かせます。


7-26-35

昭和のぐい飲みも
全部違うと楽しいな。

安いです。
より取り見取り。


7-26-33

雨降りの日の買い出し。

二階の窓から緑を覗く。


7-26-34

田んぼの中を走る
電車の可愛さ。


7-26-32

ある日のこと。

幾つかの箪笥の修理を
職人さんにお願いしました。


7-26-31

ありがちだし、
この状態のまま
販売されていることも多い、
引き出しのロック。

出っ張りが邪魔して、
引き出しが奥まで
仕舞えません。


7-26-28

釘を一つ一つ外して
金具を取り出し、
鍵を引っ込めます。


7-26-32

こちらは、振動で鍵が
かかってしまい、
開かなかった引き出し。

こちらも解錠していただき、

またロックされないように、
機構を破壊してもらいました。

(箪笥の鍵、現代の生活では
もう使わないでしょうから。

鍵本体が、既に無いですし)


7-26-29

作りの良い明治箪笥。

この形の箪笥が
作られるようになったのは、
江戸も後半。

庶民がお嫁入りに
タンスを持たせるように
なってからだそうです。

見た目はモダンで
新しく感じられますが、

今の形になる前の
作り方ですね、と職人さん。


7-26-30

江戸時代は当たり前だった、
(明治にもまだ残っていた)

和釘が使われていました。

一つ一つ、打ち出して作った
小さな芸術作品。


7-26-27

「時代が新しい
箪笥になるほど、

見えないところには
手をかけないんですけど、

これはきちんとしてますね」と。

木の隙間を、砥の粉などで
塞いでいます。

確かに、この一手間は
よく見かける。

古い箪笥ならば。

さらに、板の接着は
炊いたご飯を練り潰して作った
糊(のり)のみ。

「これで数百年、
持つんですからね…」


7-26-26

(すごい顔してますが、う○こ中…
腕はログハウスで蚊に刺され(^◇^;))

古い家具には
見所がたくさんあって、

プロの職人さんに見せると、
それを教えてもらえる。

生きた知識の宝庫です。


7-26-11

ここがすごいんだよ、
それを語るとき、
キラキラした目をされて。

そんな瞬間に、
もっと立ち会いたいな…


7-26-12

お茶の稽古もそうですが、

お金がかかる!と
踏み出せなかったことが
沢山あります。

けれど、
案外そうでもなく。


7-26-13

*カラスウリの花

もちろん、
やり方次第。

それは職人さんも
おっしゃっていました。

見えないところまでやると
高額になるけれど、

見えるところだけならば、
ほんのワンポイントだけならば。

そこからでも、
始められる。


7-26-5

茶の湯の世界に
属することには、

あぁ、好きだなぁ…が
溢れていました。

アズマギク、ムクゲ、ヒオウギ。

お金を障害にして、
始めることを諦めなくて
本当に良かった。


7-26-7

盆略点前の
お稽古が始まって、

何と、これを覚えたら
とりあえず人様に
お茶をお出しできるんだ!
と知り、
ウキウキしているところです。


7-26-2

無知だからこその、

初めて知る
ワクワクもあります。


7-26-6

*綴れの帯

以前、着付けを
教えていただいていた先生が

「これから、
湿し灰(しめしばい)を作るの!

この暑いさなかでないとダメなの」

もう秋の炭点前の支度が
始まっているんだ…


7-26-4

*紬の帯

我が家のお客様の
お茶・お花稽古率は高いと
知ってはいましたが、

自分が知らないと、
そこには何も
生まれませんでした。


7-26-1

自らが浅いうちには
相手の浅い場所だけ、

深めれば
相手の深いものも
受け取れるようになる。


7-26-3

知らなければ、
その価値がわからない。


7-26-18

美しいリム。

手のとどく場所にある
豊かさを、

一つ一つ
受け取っていけば、

その総量で
大きく豊かになるかしら。


7-26-17

骨董を直しながら
使うこと。

これから少しずつ
仕事の中で取り入れて、

さらには生活の中へも
導きたい。

価値あるものを、
捨ててしまわないように。


7-26-19

買い付け後の一服。

美味しいコーヒーと
お菓子をいただきました。

大きいからという理由で、
また幾つかの
家具を置いてきました。

作りが良かった。
引き出しの配置も
面白かった。

だけど…

もっと、力が欲しい。

一人では限界があります。


7-26-15

打ち上げ花火。


7-26-16

祭りの後。

屋台の片付け、
どこか懐かしい風景。

なんでだろう。


7-26-14

どこに住んでいても、
夏になると
野菜がどっさり届きます。

買い付け先でも
持ってくかーと聞かれます。


7-26-20

机の下に入って、

何か食べたり、
作業するのが好き。

彼女だけの、秘密基地。

夏、と、秘密基地という言葉は
相性がいい。


7-26-25

三国川ダムの
しゃくなげ湖祭りへ。


7-26-23

昔ながらの
やすき節がきちんと
見られることも豊かさ。

…いい絣だな(笑)


7-26-24

光と風が、
裏方さんの姿を
浮かび上がらせていました。

ステージの上の魔法、

どんなジャンルでも、
舞台っていいもんです。


7-26-21

魚のつかみ取り。


7-26-22

子供が喜ぶ場所へ
連れて行っているようで、

私が子供に
連れて行ってもらってます。


7-26-8

ふと見たら、
絵本に食べ物が置いてある。

「食べさせてあげた。
そらちゃんと半分こ!」

笑ってしまう。


7-26-10

発売中のキャレル最新号。

また行きたいな、
渋も軽井沢へも。

連載コラムも
先日、最終回を校了しました。

最後は、豊かさについて。

古道具の世界は、
本当に豊潤な世界だと、

やっと心から
気づきつつあります。