6-9-1

直前のお知らせですいません。

明日(6月10日)は、
14時くらいから
開店します。


6-9-8

*蛇イチゴ狩りに
 余念なし。

14〜16時までわずか
2時間の営業ですが
朝から娘の保育園行事です。

昨夜は、急にカーンと
40度近くの熱を出して
今朝は平熱。

念のため、本日は
自宅保育でした。


6-9-4

*裏庭でグミ狩りが
 朝夕の日課。


6-9-19

お客様が一番多い
ピークタイムの2時間、

実家から母が来てくれて、
事無きを得ました(綱渡り?)。


6-9-5

*実家はジューンベリーが
 当たり年。娘は大喜びで
 何十粒も頬張り続ける。

明日は1人保育&営業で、
ややバタバタしますが、
ご了承くださいー


6-9-7

*池のカエル、
 後ろ足が出てきてからの
 展開が早い!


6-9-12

買い付け先にて、
90代のおばあちゃん、

畑のつるなしインゲンが
たくさんとれたから作ったー

というお茶請けが、
とても美味しかった。


6-9-11

全体を買い付けできないけれど、
いつも見とれるもの
シリーズ。

空き缶を使ったお針箱。

持ち主はさらに
一世代上のおばあちゃん。


6-9-32

買い出しから戻って
直後の車の荷台。

布(上等な麻織物など)や
家具が入っています。


6-9-31

器がいろいろ。
これからお掃除です。


6-9-28

ガラス酒器が
揃って発掘される。

おじいちゃんの
思い出話とともに。


6-9-29

光沢の美しい
明治後期〜大正の漆器。

掃除前でも、
すぐに幾つかお嫁にゆきました。

やっぱり肌で感じる、
漆の人気復興かしら?


6-9-10

お客様との話で
思い出した裏庭の山椒の木。

美味しそうな青い実が。

6-9-9

栗の花も満開。


6-9-13

咲き始めた紫陽花や
ウドの葉っぱなど、

庭から集めた花材で
夫がいけてくれました。

彼は、池の坊流の
お花教室で
習い始めて1年ほど。


6-9-15

休日、
十日町の美佐伝さんへ
基本の茶道具を買いに。

気にいった生地の
袱紗挟みが
見つかってよかった。

似た雰囲気で楊枝入れも。

『道』のつくものを習うこと、

もう本当に、ゆっくり長くよ、
それが楽しいよ、と
続けている人は一様に言う。


6-9-18

十日町ついでに、
夫と映画館。

シネマパラダイスさん。

年配のお客様方と
声をあげて笑いながら見る
『家族はつらいよ』

それが最高!


6-9-17

ランチは、ビストロ
ジュウゼンさん。

一人だけでも
また来たい雰囲気でした。


6-9-14

1時間だけ会議で
会社に戻った夫に

上の原にある
お松の池で降ろしてもらい、

池のほとりでのんびり読書。


6-9-16

お散歩、いい気持ち。

睡蓮が今頃は見頃です。


6-9-22

実家のお庭。

バラの花も、
そこかしこで満開ですね。

うちだけのお気に入りの
バラの景色、を
持つ方も多いのでしょう。


6-9-30

買い付け荷物を
外で掃除中、

チューチューと
高音が聞こえて、
足元にトガリネズミ。


6-9-20

ブランコ!

窮屈だし雨の日には
履けないし、

と、避けていた
革のスニーカーが
最近はしっくりと馴染みます。

一歩一歩を、
踏みしめる感覚。


6-9-3

越後上布を作る際の
古い道具たちを
並べて、

お客様方が楽しそう。


6-9-2

年に1度の
大きな展示会を終えられ、

すぐにまた次回の
構想を練っている。

日々の積み重ねを
間近に見る。


6-9-23

また別の休日、

八海山尊神社の
奥にある、

お蕎麦の宮野屋さんへ。

やっぱり美味しい。
雰囲気も最高。


6-9-24

そのまま鳥居をくぐって
神域へ。


6-9-21

滝打ち場。


6-9-25

森の中。


6-9-26

最近の買い付けで、

この辺では大正期に流行した
御岳教の信徒さんが
残した修業着(藍染め)が
たくさん出ました。

ゆかりの地。


6-9-27

ユキノシタの花。


6-9-6

我が家の裏庭にも。

季節が巡ります。