5-20-16

来週の水曜日、25日から
おかげさまでこのお店は、
13年目を始められます。

たくさんのお客様に
支えていただいたおかげです。


5-20-14

そしてご縁が途切れずに、
地元の蔵出しや買いとりだけで、
ここまで続けてこられました。

いっぱしの古物商だよ
と名乗るには、

年月と関係なく、
さらに勉強と経験が必要です。


5-20-15

学ぶことに事欠かない、

そんな世界に携われるのは
ありがたいことです。

どんな仕事も、本当は
同じようにキリのないこと。


5-20-21

けれど、学びたい好奇心が
持続する仕事に
つけたことは幸運。

恩返しできますように…


5-20-18

12年間、
ありがとうございました。


5-20-20

コンディションの
それほど良くない木皿。

ソーサーにしたら、
想像以上に味がありました。


5-20-19

高さの低い、宴会用の
エキストラテーブル。

お膳を並べて使ったもの。

いっぱい子供が集まる家だから、
これ欲しいなぁ…と、
千葉からのお客様。

長いので、車に積み込む際には
ちょっと大変ですが

拭き漆が美しい
1枚板の美品。


5-20-17

冷やし中華にスイカで
お昼ご飯。
ウドのキムチも乗せて。

外で洗い作業をしていると、
風は涼しくても
汗がワッと浮いてきます。


5-20-13

黒漆の湯桶(ゆとう)は、
一輪挿しに。


5-20-12

大正くらいの印刷、
神様仏様の素朴さが好きです。


5-20-10

朝の光で撮りました。


5-20-22

久々に買った、
基本のレンズ。

安いわ軽いわ早いわで
ビックリしています。

機械は数年で進化するなぁ!

そろそろ一眼生活にも
復帰できるかしら。

折々で楽しむ程度に。


5-20-9

写真では写しにくいタイプの
素晴らしい織り。

大正期、龍と富士山。


5-20-6

朝日がとまるよ。


5-20-4

小さな手作りボタン。

陶器の質感が暖かい。


5-20-5

足の低い小さめな
お盆が充実してきました。


5-20-7

昔の教科書。


5-20-8

終戦から8年経った
暮らしの姿。


5-20-25

お酒の友。


5-20-23

週の始めも
蔵の中にいました。

階段を下りる時、
引っかかって広がった経文、

蔵を通り抜けた風が
読んでくれたでしょうか。


5-20-26

久々に紙ものもチェック。

玄関に積んでおいたら、
同業者さんがまとめて
買って行かれました。

かわいいな、

長野の絵葉書だから善光寺、
牛に引かれるデザイン。


5-20-27

先週末に入荷した
これまた久々の絵絣(しかも麻!)など、

コレクターさんと、
機屋さんの元へ分散して、
一網打尽。

しかるべき場所へ
収まるものだけれど、

もうちょっと
手元にいてくれてもいいのにさ。


5-20-24

蔵の柱から、
神様や仏様が見てる。

そうそう。
私の所有物ではなかった。

お渡しする役目が
果たされる時の嬉しさったら。


5-20-11

夏着物の端切れつなぎ、
何メートルもあります。


5-20-3

来週も娘の体調次第では
お店を閉める日も
あるかもしれませんが、

来てくださった方へ
ささやかなハギレの
プレゼントなどを考えています。


5-20-2

ポンポンと手を叩いて
お参りしている、

(神様仏様も、隔てなく)

朝の空気が心地いい。

熱が引いてきた娘は
今は、ぐっすり眠っています。


5-20-1

25日に特別な
値引きセールなどは
しませんが

(同業者さんが仕入れにくる
程度には安いので…)、

休眠中なネットショップに、
13点ほど、
アップする準備中です。

13年目もどうぞ、
よろしくお願いいたします。