12-28-1

雪降りつもるのちの、

12-28-2

快晴!

雪国に暮らしていて
よかったぁー!と思う
この青と白。


12-28-9

本日は、
2015年の最終営業日でした。


12-28-10

我が家の古道具でお正月の
しつらいをしてくださるお客様、

冬ごもりの手遊びとして
古布をお求めくださったお客様も、
ありがとうございました!


12-28-6

今年も無事に1年間の営業を
終えることができました。

新年は、3日(日)より
11〜16時まで営業いたします。

*通常は定休日ですが、
 初売り開店です。
 里帰りの際に、ぜひどうぞ。


12-28-12

新しいものだって
市場には選びきれないほど
溢れているのに、

なぜ、わざわざ
古道具なのでしょう。


12-28-11

それは決してマニアックな
趣向ではありません。

今では失われた技術や
機械でおられた1枚が、

この世界ではまだ、
生きているから。


12-28-7

古色は唯一無比。

現在の染料で
再現できない色がある。


12-28-8

金具の艶めきや、


12-28-13

どっしりと厚みのある
一枚板だって、
気軽に手に入ります。


12-28-5

ザクザクとした
藍染の木綿を、

アジアの国々へ探しに行くのも
素晴らしいこと。

だけれど、灯台下暗し。

日本の藍、日本の木綿って
こんなに美しい!


12-28-3

たまに出てくる
土もののアンカ。

太平洋沿いの
あったかい場所で庭師を
されている方は、

庭の一角に
花を生けて飾るのだと
教えてくださいました。


12-28-4

口元はやや
ザリザリしていますが。

昔のガラス特有の
ゴツゴツした魅力満載。


12-28-18

農具の鉄ものへも、
個人的に愛を感じます。

お花の先生が
釣り花の素材にして
活かしてくださっていました。

自然物との相性がいいのです。

12-28-19

来年の干支を
飾りました。

シンプルな軸物を
来年はもっと楽しみたい。


12-28-16

こんな色の重なり方は
現代布では見つかりにくい。


12-28-15

大正の青や紫も、独特です。


12-28-14

なんて細かい絵付けだろう。

わざわざ、古道具。ではなく、
だから。なのだ。

一つ一つを
手のひらの中に収めて、

ゆっくり対峙すると
しんしんと感じること。

そのマテリアル。
絞り寄り添って見えること。

来年のテーマです。



12-28-20

休日、カフェでまったりと
Mac OSを更新…

2年間くらい、
新しくするのをサボっていたら、
いろいろと不慣れです…。

頻繁に新しいものに
更新してゆけたら、

デジタルな浦島太郎には
ならないんだから、

一瞬は面倒でも、
実は楽できるのでしょう。


12-28-21

立ち寄ったアトモスカフェさん、
今日まで(閉店まであと2時間ですが(°_°))

無料の物々交換イベント、
されていました。

手放して、また手に入れて。

さぁ、今年を見送ろう。