12-11-21

**営業日の変更のお知らせ**

●明日(12日・土曜日)は
 臨時休業致します。
(13日・日曜日は定休日です)

14日・月曜日は振り替えて
 営業いたします(11〜16時)。


12-11-13

洗いは全て終わって
品出し前の蕎麦猪口。

半分は山水柄ですが、
(でもリーズナブルに!)

20数客、入りました。


12-11-8

可愛いサイズ。


12-11-7

気泡入りの酒器。

口元のエッジの処理は
ギザギザ。

古いガラスの魅力が満載。


12-11-20

派手目なぐい飲みは、
ハレの日に。


12-11-19

蒔絵の小箱。


12-11-18

個人的には、
これで一献。


12-11-14

入りたての猪口で
居合わせたお客様と
お茶の時間を。

カフェオレが旨い。


12-11-15

細やかな筆致。


12-11-16

裏を見ると
うず福の印。

上手のお皿でした。


12-11-17

洗い上がった漆器の
お椀が、桶に入っている。

それだけなのに、
なんて可愛らしい。


12-11-5

洗いから配置作業まで
色々お願いしていた

助っ人さんはこの日が
お仕事最終日でした。

彼女の仕事は、
とても丁寧で素敵だった。


12-11-3

三時休憩にお茶を出したら、

店内から朱塗りの
お膳を持ってきて、

こんなしつらいを
楽しんでる。

ふふふ。
新しいお仕事も
どうぞ、楽しんで!


12-11-2

4月までは、また元通り
一人での作業になる予定。

冬はそれで、ちょうどいい。


12-11-4

印判の富士山!

年末はこのモチーフに
心惹かれる。

お茶碗ひとつに、
わくわくします。


12-11-11

和紙を買って下さった
お客様が、

一日1枚書くんです
と。

お願いして見せていただいた
文字たち、素敵でした。


12-11-10

どこかに発表するでなく、
誰かに師事したわけで無く、

篆刻も自ら彫って、

ただ我流に楽しんでいる
書の時間。


12-11-12

何枚か、いただきました。

私が一番好きだと感じた
一文字。

日中、今日はこの字を書こう
と決めると、

どうやってかこうか、
夜まであれこれ
考えるのだそうです。


12-11-9

レジ脇に飾りました、
温故知新の文字。

発表する、出荷する為に
栽培されなくても、

自ずと咲く花がある。

表現の発露は、
本当に美しい。

色んな人が色んな形で
頼まれなくても、

やってしまう事って
多種多様。

自分の中で
芽吹くのを待っていた
種の形。


12-11-6

また別の日。

にわかに
ストーブ脇が、

タロットリーディングの
場になりました。

お客様のおひとりが
持参していたカード。

懐疑的な気分もありつつ
でも、やってほしい
私も居て(めんどくさい自分だ)。

旅には三人で行くと良い、

今は孤立した場所で
本を読んでいる、
(内面は満足している)

発現したいことが多層的に、
枝分かれしながらあるから、
それぞれについて書くと良い、

直近には旅の気配は無さそう、

でも仕事に絡めなくても
稼いだお金で
ただ、旅に出ればいい、

狭いコミュニティの中で
言葉を紡いでみたら、

…などなど。

私にしか、分からない
ごく個人的なメッセージばかり。

なかなか、面白かった。

今は東京の先生の元で
学んでいらっしゃるそうで、

そのうち、
南魚沼を拠点に
サロンが開かれるかも?


12-11-1

カウントをひとつ
間違えていて、

まだ1歳9ヶ月だった…娘。

13日で、
1歳10ヶ月になります。

ぬいぐるみたちに
ご飯をあげるのに忙しい
彼女を連れて

家族三人、
明日から木造三階建ての
湯屋がひしめく、

温泉街へ旅してきますー