11-26-18

現在、店鋪前の道路が
補修工事中で、
片側交互通行となっています。

工事が増えるのも、
年末行事…ですねぇ。


11-26-1

山の高いところには
もう何度か、雪が降りました。

明け方は
今朝も冷え込んで、

厚着のパジャマを着ても、
熱くない、汗をかかない。


11-26-21

長岡市あたりから
いらっしゃるお客樣から、

【そろそろ、良いお年を、かしら】
と、お声がけ頂く事が
増えてきました。

関東からのお客様だと、
もう少し前から、
【また春にね】と。


11-26-6

↑玄関先の柊に…花だ〜

十数回、店頭で繰り返してきた
年末の挨拶を、

今年もかわしていることに、
ありがたさを感じます。

思うよりもずっと早く、
いつの間にか
長い長い冬は去ってゆくから、

【あけましておめでとう、
もう春だけれどね!】って、

そんな場面も思い描けます。


11-26-2

↑今朝の八海山。

雪降りしきる真冬が
丸々3ヶ月(12月中旬〜3月中旬)、
長逗留する、この雪国。

真冬も、ストーブを付けて
我が家は営業しています。

(*交通障害が起こるような
 豪雪予報の日だけは、

 こちらで事前告知後、
 臨時休業させて頂きます)


あの時計の進み方が
やけにゆったりとした

シンと静かな時間も、
良いものです。


11-26-4

助っ人さんがモリモリ、
お膳を全て
掃除して下さいました。

台所中に積み上がる…
旅館みたい。


11-26-3

重厚なお重も
揃ってますよ。


11-26-17

こちらは、
小さめで共箱付き。

お重は道具箱としても、
買われる方が多いです。


11-26-16

似た雰囲気のものが
まとめて出ることの多い、

なます皿も
現在は豊富に揃っています。

深さがあるから、
とっても使いやすい。


11-26-15

袖の木綿がきれいな
襦袢。


11-26-14

すそ周りは、
絹です。

メリンスは虫食い…
ありますが、発色が美しい。


11-26-13

古い絞り染め。


11-26-12

袖だけ気合いを入れて、
美しい生地を。

取り外して、
袖だけ保管している事も
多々あり。

他の襦袢に、
付け替えたのかな。


11-26-10

久しぶりに、
絣のモンペ!


11-26-9

切り売りの、本麻反物。

300〜400円/m


11-26-11

さらさら上質な
美しい綸子の反物、

こちらも切り売り
300円/m

上質な未使用素材でも、

時代が新しいと
我が家では、比較的安価です。

どうぞ、ご利用下さい。


11-26-8

手作りの服。


11-26-7

インドでは、こんな雰囲気の
服を着ているおじいちゃんを、
よく見かけました。

カディ(手紡ぎ手織り布)を
使って、家族の尊敬を集める
家長の男性が
纏っていたようです。


11-26-31

こちらも手作りの
ワンピース。


11-26-30

袖口のタックの取り方も
…独創的だなぁ。

当時は、
こんなだったのかなぁ。


11-26-25

年末年始に
大活躍しそうな
酒杯、色々入りました。


11-26-27

絵付けが細かい。


11-26-26

細部にわたり、
美しいです。

こんな盃で、
ゆったり日本酒を
飲むお正月…

よいですねぇ。


11-26-28

めでためでた!

リーズナブルにひとつずつから、
販売しています。


11-26-23

すぐ売れてしまったけれど…
おかめ。


11-26-24

で、盃をあおぐと、
オニ!です。

佐渡の無名異焼の
逸品でした。


11-26-29

れんしゅうかんたい…

戦中ものはたくさんの
盃が出てきますが、
これはシンプルで良い。


11-26-20

いい小引き出しだなぁ…
と思ったら、
24時間滞在せず、足はやし。

見込みに2種類の
木を使ってお洒落。


11-26-19

こちらも、すぐに
お嫁に行きました。

個人的にも、
欲しいのですが

小引き出しは、
なかなか残りません…


11-26-22

合間合間に、本を。

貸してもらった本と、
借りてきた本。

言葉の力って、
確固たるものが、ある。

数ページ読んで、
ぅぉぉぉぉ!と仕事したくなって、
日々の着火材になりました。

完熟しすぎたバナナを、
レシピのバターを菜種油に
全量置き換えて作った

もっちりパンケーキ、
ドーン!

こちらをお供にしたり、

未だに夜は2回は起きて
授乳するので、

添い乳の体勢のまま、
明け方の仄暗さの中で、
ページを開いて。

読書は、いつでも
どこでも出来るのが良いな。


11-26-5

こんなイベントも。

電車の中でマルシェ&パン屋さん。
楽しそうです。

先日、お知らせした
池田記念美術館さんでの
真冬のクラフトマーケット、
雪見展開催中、

同時開催で、

一箱古本市も
行なわれるそうです。

我が家にも
参加申込書が届いてます。

駅前のアトモスカフェさんで
受付して頂けるので、
直接、そちらに行かれても。

ひと箱の中に、
自分だけの本屋さんを作る。

それは、本読みさんならば、
きっとわくわくする時間に
なると思いますよ。