11-20-5

【臨時営業のお知らせ】

23日(月・祝)は
定休日ですが、

11時〜16時まで
通常オープンすることにしました。


11-20-3

起き抜け…

例によって、娘連れです!
(*実家ステイになりました)


11-20-32

いろいろ入荷しています。

お洗濯中のものたち。
(右はじの反物の黄色は
照明の色です)


11-20-9

発掘された器たち。


11-20-10

沢山洗いました。


11-20-33

素朴な山水はお安く。

でも、縁取りが凝っていたり
なかなか良いもの多し。


11-20-34

最高に心がときめく1枚!

お正月にもぴったりな
明治時代の深さのある
印判のお皿。


11-20-35

和柄って、
めでためでた〜♪い
模様が多いですね。


11-20-29

すぐに売れてしまったけれど。
かわいいなぁ、ワンコ。


11-20-37

半襟や、
はぎれなど。


11-20-36

時代の新しいものは
特に大特価です。


11-20-38

リメイクしたら
素敵だろうなぁと

思えるものだけ、
厳選しています。

味のある男物の紬。


11-20-40

あわい色の縮緬。


11-20-39

まん丸い琳派風の
鶴がたまらぬ1枚。


11-20-42

華やかなお腰です。

明治生まれのお婆ちゃんの
若かりし日々の。


11-20-41

今年も素晴らしい
古布たちに沢山出会えました。

まだ総括するには
早いですけれど、
買い出しは当たり年でした。


11-20-8

そして助っ人さんの
ありがたさもしみじみと。

来年も古道具や布たちに、
光を当ててゆきたいです。

(そんな抱負を言うのも、まだ早いか)



11-20-12

来年の手帳カバーは
ちょっと奮発して。

アンリ・クイール、
色はボルドー。

3年も4年も迷い、
安価な類似品に逡巡し
やっぱり買って良かった。

ほぼ日手帳、
2年ぶりにウィークスから
文庫サイズに復帰です。

来年はきっと、書く年になる。


11-20-11

4年前にオーダーした
革のお財布も良い色に
育っていて、

奇しくも今回の
手帳の配色と似ていました。

(内側のボルドー色の革と
オレンジ色のステッチ)

10年くらいの歳月は
簡単に経過するし、

気兼ねなく経年変化を
楽しめる素材って、

やっぱり革が一番かも。

長く、大切に使おう。


11-20-31

夫のご両親の還暦お祝い。

60年の歳月、
そして、
二人ともお元気で。

飛び回る孫たちで
賑やかな割烹の室内…

これが、きっとそう。
幸せ なんだよなぁ…


11-20-30

初めて入った
割烹 渡松さん、

旨かった美しかった、
そしてリーズナブル。

個人的にまた来たいです。

同じ建物の中に、
店主さんの70代のお母様が

お好み焼きともんじゃの
お店もされていて、

そちらから焼きたてを
テイクアウトも出来ました。

お好みどんどん、
ここもまた名店!!


11-20-13

また別の日。

夫のお誕生日。

娘は保育園で毎月、
お誕生会をしているらしく、

絵本の中の
【おたんじょうび】の
キーワードに触れるたび、

いつも満面の笑みで
拍手してくれます。


11-20-16

彼女も、
1歳9ヶ月になりました。

人生初投げ込み。

主語+述語の2語で
よく喋るようになって、
会話出来るように。

意思の疎通が、
だいぶ楽になりました。

(こちらが読み取れない、
伝わらない時のもどかしさは
ひとしおみたいですが)


11-20-15

お花を乱暴に
振り回し始めたから、

しまいにはとうとう
少し大きな声を出して
やめさせました。

泣きじゃくって、
はなーーー!はなーーーー!と
叫び続ける娘。


11-20-6

…はた、と。

これが
売られている花でなく、

野原で同じ遊びをしていたら、
私は怒らないよな。
と気がつきました。


11-20-26

…結局、怒る時って、
こっちの都合なんだよな。

濡れるよ!

帰りの車内が
濡れちゃうよ!とか。


11-20-4

それからは、なるべく
自由に遊ばせる事にしました。

(もう花を振り回しは
しませんでしたが…)

写真は、実家でみかん狩り。

母親業もまだ、1年9ヶ月。


11-20-1

ある日の休日、
家族ドライブ。

浦佐に新しく出来た
産直施設は、大にぎわい。

ここでしか買えない
お弁当やお惣菜が
美味しすぎる!

私は初めて立ち寄りましたが、
これは流行るよなぁ…


11-20-2

途中のサービスエリアで
週末限定のカニラーメンを食し。

昔の宿場町みたいね。
人で賑わう、特産品が育つ。

SAだけ目当てに
ほうぼうを巡っても、
きっと楽しいんだろうなぁ。


11-20-17

着きました!

全国的にも珍しい
新しく再生・誕生した商店街
【沼垂(ぬったり)テラス】。


11-20-19

新潟駅から歩いて
17分の好立地ながら、

シャッター通りになっていた
長屋たちが蘇りました。


11-20-25

各お店のオーナーさんたちは
年若い印象、

そして自分たちの
スタイルがあって、お洒落です。


11-20-24

元からある景色と、


11-20-22

新しく加わったものとが
無理なく調和している。


11-20-18

店鋪通りになっている
長屋の後ろ手には、

魅惑的な路地裏が。


11-20-43

お寺さんも。


11-20-20

日曜日が定休の
お店が多くて、

加えて
臨時休業だったり、

朝イチで商品が完売して
昼過ぎながらすでに
営業終了していたり。

見られたのは全体の
3分の2くらいかな。

一番長居して買い物した
本屋さん。

狭さが楽しい。
セレクトも絶妙!


11-20-21

猫も多いし…いい雰囲気。

平日にまた、訪れたいです。


11-20-7

そして、日々の中に
たんたんと、

ゆっくり冬がやってきます。