10-21-44

1週間後にせまった
2日だけのヤストモ展。

メインイベントは
クマ入れですが、
*前回の記事を参照

事前に店頭での
お申し込みも、
受け付けることにしました。

本日から先着20クマ
(1クマ500円)です。

シャツ・トートバッグ・ハンカチなど
ご希望の品(綿製品)をご持参ください。

※薄い生地の場合、
塗料が裏側に染みることがあります。

事前お申し込みの場合、
インク色は選べません。
(希望の色味だけお聞きします)

図案も完全に
お任せになりますが、

そこが逆に面白い?!!

量販店で買ったけれど、
ポイントに乏しいパーカーなど、

お手持ちのお洋服が、
可愛らしい一点ものになります。

お子様の服や、スタイにも!

どうぞ、クマ入れにご参加下さい。

*クマ入れ代500円は前払いです。

*店頭でのお受け取りは、
 11月21日位までに、お願い致します。


10-27-20

物販もありますが
今回は会期が僅かな為、

はやかわAntique & Craftsの、
Facebookページにて、

画面上お見合い、
立ち上げ予定です。

クマ写真をアップしますので、
ピンと来たらコメント欄にて
お取り置きご注文下さい。

(こちらも、店頭受け取りは
11月21日まで。)

なるべくリアルタイムで
取り置き致しますが、
お店へ直接来られた方が
優先となります。

ご了承下さい。


10-27-3

父のこだわり新米も
おかげさまで、
たいへん好評です。

2kgサイズで
気に入って頂けましたら、

よりお得な半俵(30kg)
での発送・お渡しも可能です。

他、10kgなど
個別対応出来ますので、
ご来店前にどうぞ、
ご一報ください。

今日はこれから実家へ
追加販売のお米を取りにいきます。

ご要望の多かった
5kgサイズ追加予定です。

おかずなし、
まんまだけでも
美味しいですよー!


10-21-35

日本を旅して
古道具を買い付けて、

アメリカで売っている
素敵なバイヤーさん来訪。

いただいた
京都土産の和菓子を、

娘はりんご模様の服で
喜んで食べていました。

年に1〜2回の再会。


10-27-5

こちらの旅熱も
高まるばかりながら、

遺品整理士としての
仕事も動き始めていて、

それは、計らずとも?
古道具屋としての
これまでと、

これからへの道筋が
素直に結ばれているようです。


10-27-9

ご著書を拝見して
ぉぉーーぉぉ!と
一方的に憧れていた
遠藤ケイ先生来店。

本棚から持ってきた
著作にサインをお願いして

(すいません、
ミーハーそのもの…)

書くことについても、
改めて想いを馳せる。

バンダナの額に
刺繍されていたトンボ、
素敵だったなぁ。


10-27-8

店内が、
スッキリとしました。

監修は、
アトリエ・ソレイユさん。


10-27-10

…見やすい!

模様替えは
まだ途中ですが、

これなら整理整頓を
持続出来そう。


10-27-4

玄関周り。


10-27-2

業務用ストーブも稼働しました。

…あっっったかい〜
昨年が寒すぎて。

畳数に見合った
サイズにしてよかった(泣)


10-27-1

ハギレも、
どんどんほぐしてもらい、

新たな1枚が
仕上がっております。


10-27-7

右端の帯は、
地紋が実は宝尽くしで。

…英語でなんて言うんだろう。

とお客様と話していたら、
英語の得意なソレイユY女史が、

『小槌はハンマーかな』

『そしたら、打ち出の小槌は
ハッピーハンマーかぁ』

高まる旅熱の昇華は、

まず身近な文化を
英訳することから
始めてみよう。


10-27-11

試作品&販売するために
作って頂いている
着物リメイク服も、

一部実際に着用実験。

コーディネイトが
難しそうだった
紬のガウチョパンツ。

履いてみると、
うん、大丈夫みたい。

衣擦れのおとが
シルクらしく、
シャリシャリ楽しい。


10-27-6

鮮やかな1枚。


10-27-14

よくある?模様ながら、

プリントで絽を表す、
その工夫が楽しい。


10-27-12

持ち込み買い取りで、
竹の行李ごと。

可愛い箱と
内側の紙。


10-27-16

買い取り品をさっそく
お洗濯しました。


10-27-15

良い藍の色ーー


10-27-18

沢山、生地がとれます。


10-27-17

藍の型染めですが、
ちょっとシャリシャリ、
面白い素材。


10-27-19

袖無し綿入れ、
裏側の布合わせが
魅力的。

素晴らしいものが、
この地域には、
たくさん眠っています。

遠くへ旅して
その場所にしかない光を
目の奥に届けることも
私には必要だけれど、

時間をまたいでの
旅も又、今は楽しいのでした。

そう。これも、

今しか、ここでしか
出来ないことです。