7-23-30

更新頻度が落ちていて
申し訳ありません…


7-23-28

1日の密度が上がっているのか、

それともゆっくりした時間が
仕事を押してしまうのか、

目まぐるしい日々を
過ごしていました。


7-23-27

自宅前、朝6時頃。

入荷も多くて、越後上布や
ちびビクター犬とか、
(例によって写真に残らない)

入ってきては出て行く。

吸って吐くように。


7-23-2

だけど、売れるものというのは
掃除すらしないで
放っといても、売れる…

呼吸に例えるなら、

少し深めに吐き出さないと
滞留したまま動きにくい、

だけどとっても素晴らしい
古道具や布もあるから、

一手間加えたり
道具に張り付いた重さを
少しでも軽くしてから、

お届けしたいと思います。


7-23-1

日陰に避けてる
掃除待ちの買い出し荷たち。

まずは、
ホコリやゴミを落として
きれいにする所から。


7-23-3

20代の中頃まで、

有り余る時間に
潰されそうだった日々から、

時間を借りてくることは
できないし、

いつかの未来に
身体が今ほど動かなくなったら、

鍛えておけば良かった、
もっと動けば良かったーと、
きっと後悔する。


7-23-5

ほぐし&掃除に
協力して下さっている
方々にも助けられながら、

少しだけ、買い付けの幅を
広げ始めています。


7-23-4

かわいいネズミ、
肉筆画。


7-23-6

手を出さないと決めていた、
書画や軸物などですが、

今回は珍しく、
屏風を仕入れました。

背丈がとても
低いのです。

生活の中に
取り入れやすい。


7-23-11

そして、絵が可愛かった。


7-23-10

こんな雰囲気ならば、
飽きないでしょう。

空間を和らげてくれそう。


7-23-9

この一双(しかし真ん中でぶった切られてる…)は、

…タバコのパッケージで
修繕しているのが面白い。

チープ!


7-23-8

こちらは印刷ながら、

更に丈が低い上に状態が良いので、
用途が広がります。

(その下の茶箪笥は
掃除前ですーーー)


7-23-7

きちんと表装されていますし。

お店さんのディスプレイ用に
おススメです。

日本酒瓶を、ドンドンと
手前に並べる等。


7-23-13

こちらも、あまり
古くはないけれど。

アンティークではなく
ヴィンテージ伊万里の大皿。


7-23-12

輸出用で、壁掛け紐を
通す穴が。


7-23-15

重くて大きな、
楕円形の皿。


7-23-14

派手さが逆に、
新鮮に見えました。

飾り皿ながら、
あえて実用で豪快に
使って頂ければ!


7-23-39

可愛い油差し。


7-23-41

お膳は数が多く出ますが、

高さのあるものは
すぐに売り切れます。

こちら、久々に
明治頃のもの。

サイズ2種類。
(二の膳というやつですが、
バラ売りします)


7-23-40

掃除して、
乾くのを待っている
明治くらいの木箱。

でも、おそらくは江戸期。


7-23-38

こちらも、これから
お洗濯するウキウキの
魅力的な古布たち。



7-23-34

過日、お店の取材を
受けました。


7-23-33

女性カメラマンさんが
細腕なのに、キビキビ。

かっこよかった!

ディレクターさんも、
頭脳なめらかきれきれと。


7-23-35

そしてレポーターのお二人と、

(台本なしなのに、
掛け合いスピードは、さすが)

顔出しで、
新潟一番ポーズ!

8月4日(火)の
TENY新潟一番にて、

我が家は16時前後に
放送されるみたいです。

平日のワークタイムですが、

タイミング合えば、
見てみて下さい♪



7-23-37

夏雲が…

連日、夕焼け頃の空が
奇麗でしたね。

日常のスナップ記録、
数日前までを、駆け足で。


7-23-19

少し前にオープンした、
大月集落のお豆腐屋さん。


7-23-16

笛木さんのお店。

月曜〜土曜日
10〜18時営業
日曜日・定休

お話を聴くと、

昨年、1日限りの
単発英会話教室開催の折りに、

参加して下さっていた方でした。


7-23-17

昨今、新規で開業する
お豆腐屋さんって、珍しい。

ご自分で豆から育てている、
農家のお豆腐屋さん。

勿論、美味しかったです!!


7-23-18

右端の小屋が店鋪。

…大月集落まで行けたら、
誰かに聞いてください。

(私も人づてでした)

雲洞庵さんも、すぐ近くに。


7-23-26

夫が助っ人参加している
ソフトボールチームの
応援に十日町市へ。

…あっつい日でした。


7-23-25

その足で、山麓ターミナルにて
開催されたアジア雑貨市。


7-23-23

初遭遇の
ウインドスピナーに
大興奮して、引っこ抜き
持ち歩く娘…

(アジダマさん、すみません(-ω-; )


7-23-24

アロイなっちゃんの
パッタイも久々でした。


7-23-22

さらにハシゴして、

我が家の水道の
源を見る、小さな旅へ。

はやかわ店鋪から
車で10分かからない、

藤原地区の神社。

ここでも、
水は汲めますが、


7-23-21

そこから100メートルほど
上へ行くと、


7-23-20

車止めがあって、
さらに徒歩で。


7-23-32

ここが、名水として有名な
雷電様の清水。

やっと、来られました。

現在、住んでいる地域には
八海醸造の
仕込み蔵がある都合で、

こちらの水が
各家庭まで繋がれ、
利用されています。


7-23-42

だけど、

水道ひねって出てくる
その美味しい水より、

源流はまた、違う味わい。

見上げるほどの岩肌から
吹き出すように流れる、

豊富な雪解けの水。

その傍らには不動尊の
古い石彫があり、

修験者の方が
置いていかれたのか、
鷹の羽が揺れている。

特別な空気に
満ちていました。


7-23-43

場所は…とても、
分かりにくいので、

周辺までたどり着いたら、
地元の方に聞いてみて下さい。

《雷電様の水》で検索すると、
行かれた方のレポート等を
見ることが出来ます。


7-23-36

表現の自由を
感じるいただきもの
クッキー。

新潟市内のカフェだそうです。

自由なアイシング。


7-23-31

おさがり服をいただきに
行く前に、

手持ち土産は
こますやさんのケーキ。


7-23-29

田んぼの中に、
鴨が居るよ!

1週間ほど前は
玄関先まで夫を追いかけ、

見失った姿を探して
《パパー!パパー!!!》
と、何度も呼んでいました。

(旦那と二人、感動で震える、笑う)

私のことも、ママーで
だいたい定着した模様。

父、母、と呼ばせようとした
1年5ヶ月、

そのプランは延期しました…



長々、読んで頂き
ありがとうございます!

また、追って更新します。