3-23-20

4月中旬からスタート予定の
遺品整理・生前整理サポート。

それに伴って、
少しずつご案内する予定なのが、

《想い出を残す》ための、
各種サービス。


3-23-13

現場では、一眼レフを使って
想い出のあるものを
捨ててしまう前に、

きれいに撮影して
後日、フォトブックにまとめたり、

(撮影だけでしたら、基本料金内で
無料サービスにて行なえます)

骨董業者しか入れない競り市に
品物を代行して出品して、

モノたちの生きる場所を
次に繋げたり。

(モノによっては、通常通り、
我が家で買い取り・販売も致します)


3-23-2

…片付け方やモノの活かし方は
多様で、多種に渡りますが、

そのうちの一つが
リメイクサービス。

素晴らしい着物が
箪笥に眠ったままになっている
時代は、きっと今だけ。

20年後にはおそらく、
全く見られない、

現代だけの現象です。


3-23-1

昔の帯は、
織りが素晴らしいのですが
重かったり短くて、
現代には使いづらいもの。

そこでご提案。

かわいいペンケースに
リメイクしてみませんか。

仕立てをお願いしている方が
試作品を作って下さったのですが、
一目惚れする可愛さでした。

想い出のある帯地の一部で、
普段使いできる小物を作れたなら。

仕舞いっぱなしにするよりも、
布たちも喜ぶ筈!

*写真の作例は、紬との組み合わせ。
 内側は八掛の正絹地です。


3-23-4

帯クッションも可愛い♪

数ヶ月ごとに、
選べるものをかえながら、

ご提案出来たらと
考えています。

ちょっとずつ、布地を切り離して
少しずつ、生活の中で使っていく。

そんなワクワクが、
片付けの新たな楽しみに
なりますように。


3-23-12

洋服のオーダーも始まります。

着物から作るからこそ、
百貨店の高級服のコーナーにも
ありそうな上質感を持ちつつ、

普段着としてまとえる
ラフなお洋服が作れます。


着物リメイク受注

良い生地を気軽に
纏っていただきたくて、
価格設定は、押さえ目。

その分、
納期は少し長目ですが、
春の虫干しの機会に、是非どうぞ!

*ちりめん地のリメイクは、
 ご家庭のお洒落着洗いで
 最初に2割程度、縮みます。

 ゆったりサイズの服ばかりですが、
 ご了承下さい。


3-23-11

穹にワンピースを作りたくて、
ほぐしている浴衣。

少しシミの出ていた
そでをそのまま、看板代わりに。

一ヶ月後にはツバメも、
渡ってくるなぁ…


3-23-9

現在、店頭に10枚以上
在庫のある器を選んで、
果物を盛りつけてみました。

印判のお皿。


3-23-21

中国の景色が描かれた
なます皿。


3-23-8

よそゆきの顔で、
普段使いに。


3-23-15

漆は油が苦手ですが、

1枚葉っぱを挟んだり、
油取りの紙を敷いて
使っていただけます。

…今年のイワシは安いですね。
久々に調理して食べました。


3-23-6

オイリーでなければ、
もちろん濡れたまま
汁ごとポンと。

禁忌事項は、
食洗機にいれること。

恐れず、日常の中で
お使い下さい。

いつものご飯が
とっておきになります。


3-23-7

お子様の器にも
良いと思いますよー

明治時代の美しい塗りを
身近に体験できます。


3-23-18

お彼岸に、八幡の
やしろ製菓さんへ。

おばあちゃん、
いつも肌がもちもちうるうる。
おじいちゃんも、かっこいい。


3-23-17

ご先祖様になむなむ。


3-23-14

剪定した桜の枝を
貰ってきました。

いつ咲くかな。楽しみだな。

3-23-19

父は田んぼの準備を
進めていました。

こだわりの塩沢コシヒカリ作り。

スジと呼ばれるお米の種に
24時間酸素を送り続けて、
水中で発芽させる作業。

熱を加えない手法で、
これもこだわりの一つ。

早くも秋が楽しみです。


3-23-5

お蕎麦もぐもぐ。

…つゆに浸したら
とたんに食べなくなる。


3-23-10

おにぎりってね、
海苔も一緒に食べるんだよ。

丁寧に、お米一粒一粒を
外しながら口に運ぶ(泣)。


3-23-16

ヨーグルト美味し!

下手に何か味を加えると
とたんに食べなくなる。

白米のママ、味付け拒否!

お弁当、どうしたら
いいんだろ(´・ω・`)=з


3-23-3

こもったりたまったら、
ちょっと小出しに来て下さいな。

おしゃべり会、来週の夜です。