定休日等変更お知らせ

4月から、定休日と
営業時間を変更します。


2-18-1

本日は、週イチで始まった

穹さんを一時保育へ
お願いする日です。

2回目は8時間の
長丁場、頑張れー!

両胸が張ってきている…
母乳を少し搾らねば。

すごいです、母体の仕組み。

自分の血液を子供の
食物にできるなんて…


2-18-3

確定申告準備と平行して、
遺品整理サポートの骨格作りも
進みました。

いっきに数人がかり、
数時間だけ作業して
終わらせるサービスは、

一部屋5万円ほど、
一軒屋ならば数十万円で、

多様なサポートを選択して
受けられるようになっています。

私がお手伝い出来るのは、
1日で終わらせ【ない】
故人の思い出整理のお手伝い。


2-18-5

捨ててしまう前に、
写真に残してフォトブック化すること、

供養してから処分場へ
持って行くこと、

思い出の着物や洋服を
形見分けとして小物にリメイクして
後日、お届けすること、
(作家さんと打ち合わせもできる)

価値がある筈なので、
ネットオークションに出品してほしい、

骨董市で代理出品してみてほしい、

買い取りしてほしい、

価値は無いと思うが、
貰い手探しをしてほしい、

解体前に写真に撮って
本にまとめた後に
他県に住む親戚にも
データやフォトブックを届けたい、

などなど、

本当はたくさんの希望が
眠っている筈です。

…12年古物商として、
数百軒の現場に入り、

その場で、
必要になるであろうものと
販売出来るものの判断を
続けてきました。

この仕事を始めてから
これまでで一番、
感謝されることが多かったのは、

【あぁ、これで心置きなく
あとは全部捨てられるよ】と
おっしゃっていただける、

捨てる、残す、の
ジャッジをした後でした。

こればかりは、
私でなければ出来ないことで、

必要な方に、
喜んでいただけることだと
思いました。


2-18-4

大好きな古道具店という
仕事を続けながら、

これがあるから続けられる!と
思うくらいに好きなのが、

買い出しの現場です。

故人の想い出をお聴きしながら、
モノたちと語り合い、

廃屋のような場所や、

数十年閉ざされていた蔵の中へ、
やはり初めて入ると言う
お客様と足を踏み入れてきました。

猫の巣になって久しい空き家、

何故か玄関から
カビに覆われていた
きれいなマンションの最上階、

きれいな現場も、
時間の経過に洗われ
飲み込まれつつある現場でも、

どの場所においても
仕舞われていたのは、

かつて誰かが暮らし、
生きておられた
確かな息づかいです。

1日で終わらせず、
ゆっくり向き合いながら
片付けてみたい。

そんな方のサポートを
一緒に作業することで、
叶えられたらと考えています。


2-18-2

*Flower(フラワー)
  想い出整理サポート*


今春、始まります。

どうぞ、よろしくお願い致します。

*もちろん、
 生前整理サポートとしても
 ご利用いただけます!


坊主と喋ろう2月

こちらの場も、どうぞ
お気軽にご利用下さい〜<(_ _)>

生きてるうちには、
生きた言葉を溜め込まずに
出してしまいましょう。