10-17-19

先週から始まった、
ヤストモクマ展。

74匹中、63匹のヤストモクマが
刈り取られて行きました。


10-17-8

初日のクマ乱獲を
三重県の安友さんに連絡して、

急遽、つくっていただけた
追加の豆クマ。


10-17-7

全て手縫いの一点もの、
他所での個展と同時進行だった
ということを考えると、

10匹…貴重です。


10-17-6

届きました。
ありがとうございます!


10-17-22

数は減ったけれど
それはそれで、

作り手さんの世界に
コンタクトするには、
好都合。


10-17-23

今回の個展で
初リリースされた、
スーパーヤストモ。


10-17-17

型紙なしで感覚が頼り。

似たような人形を
見たこと無いなぁー
って、
すごいことだ。


10-17-20

10年経っても飽きずに
飾っておけるでしょう。


10-17-18

狙っていたスーパーが
お嫁に行ったので、

(ギフトとのこと。いいな…)


10-17-24

また改めて、
面談中。

…うちにくる?


10-17-21

作品を買うことで、
作品たちに新しい命を
吹き込めます。

作り手さんに送る力。


10-17-16

ずっと続きますようにと。


10-17-27

スーパーヤストモの台座は、
はずすこともできます。

小さなあの子の
身近なお友達として。


10-17-9

休日の買い付け荷。

ちょっとずつ掃除しますが、
ピンと来たものは
その場でお買い上げOK!


10-17-25

木の箱がたくさん。


10-17-14

籐の椅子。


10-17-4

買い取れなかったけれど…

現場で感じる
道具たちの息づかい。


10-17-5

100年以上続く
小屋や家屋に入ると、

ひっそりとして
穏やかな空気や、

きれいな光が巡っていることが
多いようです。


10-17-3

とうてい持っては
来れないような、

魅力的な木のものの、
集積で空間が出来てる。

外置きの物置ひとつ
とっても、こんな雰囲気。



10-17-15

手描きの絵付け、
シンプルでかわいい
梅柄のなます皿。

いろいろ、入荷しています。
買い付けの予定も続きます。



10-17-26

津南町でも
長野県よりにあるという
手焼きせんべいの工房。

仕事も品物も
長く続いていることは
とても目出たい。

そんな品たちに
触れられて、嬉しい。


10-17-1

色んな味と日々、
初めましてを続けています。


10-17-2

おいしーーーーー!顔。


10-17-12

そんな子供たちが
集まる場所。

まつえんどんさんの
二階に出来たそうです。

和室が可愛いことに!

→『子育て工房』

(月)(水)(金)
10〜15時解放中。

ご予約不要、一歳半くらいまでの
お子さん連れのお母さんたちが
よく来るそうです。


10-17-11

喋りに行くだけでOK!

町の支援施設は、
すでに派閥があって
行きにくいんだわーと、
おっしゃっていた方も。

気軽に子連れで立ち寄れる場所、
ありがたいです。