7-24-15

感慨深くなる隙が
あまりないまま、

引っ越し作業が
始まりました。


7-24-16

詰み込め、積み込め!


7-24-17

このお部屋、

モノが無いと
こんなに広かったんだね…


7-24-18

すごい姿勢で
寝付いていて、びっくり。

おつきあいありがとう、
穹(そら)さん。


7-24-14

八幡から運んだものが、
長森のお家を埋めていく。


7-24-12

台所はダイニングキッチン。

田舎の台所って、
妙に広いことが多いです。

*この場所は
通常、貸し出し不可。


7-24-13

首にタオルを巻いて、
休憩も取らずに

1人で荷下ろしし続けていた
夫に感謝…


7-24-8

さかのぼって、

最終営業日に
入荷したものから。


7-24-7

羽裏まで美しい
長羽織。


7-24-9

着用可能な
コンディションの
浴衣たち。


7-24-6

いろんな方が少しずつ
訪ねてきて下さって、


7-24-4

お茶を飲んだり、

砂時計の粒を
眺めるような時間。


7-24-3

巡ってきた恵みたちは
シェアします。

大黒様も、一緒に新居へ。


7-24-5

ゴッホのひまわり。

作業中に気分が
あがるから、

店内に分散して
飾らせていただきました。


7-24-2

一番最後のお客様は、

この八幡のお家に、
きっと最も縁の深い方。

(子供の頃に、この和室で
眠ったことがあるんだから!)

そして、新たな方へと
この場所を引き継ぎます。

家は、人を呼ぶのかも…と
今回の移動に際しては、
ふと思いました。


7-24-21

喫茶で
慰労会をしてみたら、

卒業式のあとみたいな、
万感の念にかられる。

一瞬だけ。

3年間終えたから、
次へ。次へ。

押し出されるように。


7-24-20

最初の自宅店鋪が
7年だったから、
それは小学校みたいなもの。

次は…いっきに大学まで
いっちゃえ、と言われたから、

高校3年+大学4年。

また7年くらい、
居られたら良いな。


7-24-19

カフェにビーツが…

んん、ピンク色のヨーグルトが
脳裏を染める。

(早く南インド料理、食べたい)


7-24-11

最寄りのスーパーは、
懐かしくて良い雰囲気でした。


7-24-10

私は初めてだったけれど、
昔のお肉屋さんなんかに
見られたという、

セルフサービスで重さを量り、
価格を自分で袋に書いて

レジに持っていく方法の
揚げ物売り場。


7-24-22

《ここを3人で出るんだね》
と、夫が言う。

最初、意味が
分からなかったけれど、

確かに、ここにお店を
移したときの私は、1人だった。

この場所が与えてくれたことの
ひとつは、家族でした。


7-24-1

新しい場所で、
出来ることは何だろう。

待っていることを、
受け止めにいく準備期間に
入っています。