7-6-30

【現在の営業時間】

★育児中の為、
 12時半〜17時に
 短縮させていただいています。

★定休日は(水)(木)です。

★現在の店鋪での営業は
 7月22日(火)が最終日。

★8月1日(金)より
 新店舗で営業を再開する予定です。

*住所などは、また追って、
 こちらでお知らせします。


7-6-1

久々の更新。

穹さんは、
ブブブープププププーと
唇を震わせることが
多くなりました。

それを聞いた母が、
『歯が生える直前に
こういう音出すんだよねぇ』

今朝、
舌先を指で押し上げたら、

…生えてる!

小さな白いぽっちりとした
点が顔を出していました。


7-6-28

打ち合わせや買い出し中は
熟睡率が高くて、ありがたや。


7-6-31

両足が地面につくと
嬉しそうです。

成長する喜びに、
満ちている。

その様子を
見ているだけでも、
楽しいよ。


7-6-24

あと1週間で
生後5ヶ月。

大人が食べている姿を
いつもジーと観察していて、
食べたそうな表情も。

離乳食、
始めましょうかね。

皆さんに言われること。

『赤ちゃんで居る時期なんて
本当に短いんだから』

ほんとーに、
そうなんですね!

楽しむことにします。


7-6-18

さてさて、
入荷商品のご案内を。


7-6-17

螺鈿細工が美しい
昭和のお重箱。


7-6-5

昭和30年代の
プラスチック重箱も、

50年の歳月を経て
今、新鮮に見えます。


7-6-6

3段分を、入れ子収納に
してみたところ。

すっきり収まります。

素材に反して、
安っぽくないんですよねぇ…


7-6-16

こちらもプラ製お重。


7-6-15

茎は筆で手描き、
葉っぱの細かいところは
どうやら型を使って
描いているようです。


7-6-4

こちらも手描きの
プラ製お皿。

壷の絵柄がはやった時代。

手間がかかっているなぁと
感心しながらも、

古道具と呼ぶには
まだ新しいので、

このへんは、私個人の
趣味の品です。

(出し値もとってもチープフル。

けれど、
次世代の古道具の主役は、

きっとこれらの
品なのでしょう。)


7-6-12

14日巻きのSEIKOSHA製、
壁掛け時計。


7-6-11

動作確認済み。

うっとりするような、
素敵なお鈴の音で鳴ります。


7-6-7

昭和特集?

日本製の昔ボタンの
子びん詰め合わせ。


7-6-33

手織りの上等な
紬地の大風呂敷。

絞り染めも優しい色合い。


7-6-13

キッチンにおいて
根菜を入れたり、

乾物たちの
指定席にもよさそう。

リビングなら本を。


7-6-10

すっとした立ち姿、
美しい火鉢。


7-6-9

釉薬の色味、上品です。


7-6-8

欠品していたバリバティックの
リゾートパンツ、

沢山の色が追加されました。

インドネシアオリジナル素材の
ポリ混地は、2,400円、

履き込むと質感が
更に良くなる綿地は、
2,800円です。

プチプライスながら、
縫製はしっかりしています。

フリーサイズで男女共用。
3シーズン着用可能です。


7-6-14

手編みの小さなカゴ。

一部に飾り編みも
組み込まれていて、
お洒落。


7-6-3

いただきものの
手作り石けんとリップ。

(下のお皿は伊豆大島の旅土産、
やはり50年ほど前のもの。)

移転先には、12畳一間を
貸し出せるスペースとして
割く予定です。


7-6-29

現在の店鋪では
やれなかったことが、

ワークショップなどの
イベントやミニコンサート。

私がそれらを企画・運営するような
時間の使い方は
しばらくできないから、

楽しいこと、素敵なことを
お招きする側に
まわろうかと考えています。


7-6-2

そして、
築50年以上を経た
時間だけではなく、

細部に魅力の詰まった
八幡の小さな一軒家には、

新しい借り手さんが
どうやら無事に決まりそう。

お店ではないから、
中には入れなくなるけれど、

この場所へは、穹を連れて
たまにお散歩しに来たいです。


7-6-32

打ち合わせ中の一コマ。

写真をあげる前に、
お嫁に行った
浴衣スカートたちの

(活動が次へ繋がる〜、
ありがとうございました!)

その次の着物リメイク服を
画策中…

やってみたいこと、
たくさんあるけれど、

何にせよ、ひとつずつ。


7-6-26

話はあれこれ、飛びますが。

2年越しで欲しかった
無水鍋。

ある日、ポンとやってきました。

(アトモスカフェ店主さんに感謝)


7-6-20

何を作っても、
美味しくて驚嘆。

5分だけ火を通して
ほっといて作った

夏野菜のラタトゥイユ、
絶品でした。


7-6-34

毎食、ゆっくり作る時間は
とれないけれど、

図書館に行くと
必ずご飯ものの本を
1冊は借りてきます。

この本はツボだった!

久々に生地から作った
ニラ饅頭。

料理って簡単な手順と、
シンプルな材料でも、

美味しく作れるんだよね…
と、初心に返って楽しい。

今朝は、八海山の酒粕と
味噌で寝床を作って、
生銀鮭を漬け込みました。

夜に、焼いて
鮭フレークを作ろう。


7-6-23

美味しいもの。

といえば、
カフェ3時さんでランチ。


7-6-25

越後中里駅のすぐ目の前。

ペンションの奥の
素敵で整った空間。


7-6-22

この日は、自家製ミルクパンと
季節のラタトゥイユを。

同じくらいに生まれて、

少しずつ違う早さで、
でも似たような歩幅で、

育ってゆく子供たちを
一緒に伴って。


7-6-21

幸せなケーキ。

3時さんのスイーツは
それはもう、絶品…


7-6-19

湯沢のプールが目の前、

中央公園の足湯にも
浸かってきました。

友達から借りた
授乳ケープで、

ママ3人連続
野良おっぱい。

風が心地いい。


7-6-27

こちらは
打ち合わせの帰り道に。

寄り添う石塔。

いつか、
私もこの魚沼の地で
野を走る風になるんだなぁ。

ここは、本当に
住み暮らし育てるのに
良い場所です。


7-6-37

また別の日。


7-6-35

新しい家族が船出をして、
みんながそれを祝福した日。


7-6-38

星空と神話に詳しくて、
(でもフルマラソン完走する
アスリートでもある)

天体観測の会なども
主催する新郎らしい、

素敵なケーキプレート。


7-6-36

魚が踊る、
お花も散りばめられて、

おめでとう!


7-6-39

そんな私たちも、
明日で結婚一周年になります。

あっという間に、
1年たった。

雨の日に、お店を
幾人かのお客様に任せて(!)

日曜日の市役所の
宿直室に、
婚姻届を提出したのでした。

お店にかえったら、
来客が7人くらいに
増えていて、
拍手で迎えられたこと。

なんて早い。

そして、また1年後には、

穹はもう歩いて、
喋っているのでしょう。