5-10-3

ギフトに買った
地元、高千代酒造さんの
蔵開き限定酒。

生酒…
美味しいんだろうな。

断乳したら、
お祝いの一献で
喉潤したい。


5-10-6

午前に出かけてきた
買い付け着物が、
ゆらゆら風に踊る。


5-10-9

奇麗な色の紬、
綿麻の型染め単衣、


5-10-11

華やかな中振り、


5-10-10

夏の色、
涼やかな布、


5-10-8

ささやかな絞りの入り方が
上品な羽織。


5-10-1

什器として引き取った
ちょっと壊れている箪笥を
掃除している間、

休日の父から、
穹を見ていてもらいました。


5-10-2

まだ若々しい父だけれど、
こんな場面では、

おじいちゃんと、
その孫。

いい景色だね。


5-10-7

この場所には、
本当に良い空気が流れてる。

お店を開けてすぐ、
やってきた70代の元気な女性、

『子育てしているときが、
女の華ですよ。』

『いろんな商売して、
孫も二十歳(はたち)を過ぎて、

大人になるともう、
以前ほど会いにきてくれないわね。』

それはきっと、寂しくもあり、

独り立ちしていく姿を
見送るのは、
幸せなことでもあり。


5-10-5

ひまわりの種、
たくさんいただきました。

ご自由にどうぞ。

夏に向けて、
黄色い光を咲かせる準備。


5-10-4

鹿児島の軽羹まんじゅう、
美味しかった。


5-10-12

穹を見ていていただく間に、
ちょっと作業できたりもして…


5-10-14

1日早い、母の日。

ありがとうーー

友達から、
『初めて母になった母の日だね』
と、言われて

『そうか!』と気がつきました。

当事者になってみて
分かったこと。

何も要らないわ。
充分だわ。


5-10-13

やましろやさんの
オードブル。

味付けがちょうどいい、
色味もきれい!と両親大喜びの
晩餐となりました。

こんな時間を意識のどこかで、
覚えていてくれるかなー

覚えていられなくても、

根っこに優しく敷き詰める、
優しい羽になればいい。