4-9-1

あ……っという間に、
日々は駆け足で過ぎ、

穹は自家計測で
59cmと、5.6キロになりました。


4-9-2

10センチ近くのびた身長、
2.5キロは増した体重。

そうして、あと1週間で
生後2ヶ月を迎えます。


4-9-3

頂きものの春の味覚、
雪下人参。

甘かったー
生で食べるのが一番!


4-9-9

いろんな方から
抱っこしてもらっています。


4-9-8

7ヶ月くらいお兄ちゃん。
ズリバイスイスイ、すごいなー

目が合うと、
ニコーーーーーーっと笑う。

ギフトの中身はスイマーバ。
(乳児用浮き輪)
夫の休みの日に使ってみよう♪

子供と一緒に楽しめる世界は、
どうやら無限大に
広がっているらしい。


4-9-4

熊本産ネーブルタワー。

産地直送の味は、
格別でした。


4-9-6

いただいたもの、
ありがとうございます。

着る服は70サイズに移行中、
紙おむつも新生児用から
Sサイズにアップして、
一袋余ってしまった。

私もどんどん、
次なるママたちへ手渡します。


4-9-7

これも譲っていただいた
搾乳機。

穹が飲む以上に、
お乳が製造されるようになって、

搾り出さないと、
胸が張って痛い時が。

完全母乳になったと
安心したのもつかの間、

今度は右のお乳を
泣きながら拒否するように。

哺乳瓶からだと飲むから、
味の違いでは無さそう。

授乳姿勢を横抱きにしたら
何とかクリア。

試行錯誤が続きます。


3-22-37

さてさて、
終わらない入院編。

保存する前に、
2回連続して書いた記事が
消えるという
凡ミスが重なり、

がっくりしつつも、
続き…これで完結です。


3-22-38

2014年2月17日の朝から。

目玉焼きが、うれしい。

けれども、朝イチで初めて
哺乳瓶に搾乳してみたら、

30分かけて
10cc も搾れなくて、

仕切りカーテンを閉めたまま
しばらく、
ぼたぼた泣いていました。

生まれたばかりの子を
飢えさせちゃったよ…

一生懸命、吸ってたのに、
これしか出てないなんてーと。


3-22-39

お昼は海老フライ!

揚げ物はごちそうです。

同室になった方は3人とも、
2人目、3人目の出産で
先輩ママさん。

その中でも一番若くて
だけどしっかりして
ムードメーカーだったママが
腫れた目の私に、

『私も1人目は、
泣いてばっかりだったな』と。

この一言で、かなり
楽になりました。


3-22-40

面会時間にやってきた夫が、
したためる命名紙。

病室にかすかな墨の香り。

夜の廊下徘徊後に
看護師さんが言ってた。

『子供にはお母さんが
居てくれたら大丈夫です。

それだけでちゃんと、
育ちますよ』

子供の成長する力だって信じよう。

私は逃げださずに、
お母さんでいよう。


3-22-41

豪華絢爛、

退院前日の夜のご飯は
祝い膳でした。

前もって、三種のごはんと
三種の主菜からチョイス。

私はちらし寿司と海老フライを。

赤飯と迷ったけれど、

『餅米を食べると胸が張って
とんでもないことになる!』と
思っていました…

頼めば良かったなー


3-22-42

翌朝も雪。
退院の日の朝です。


3-22-43

病院で食べる朝ご飯は
これで最後。

感慨深い。


3-22-44

早朝の恒例フルーツと、
検温の記入も。

前日の日中、
授乳記録シートをチェックした
助産師さんから、

『ミルクが続いてますけど、
母乳はあきらめるんですか?』と
聞かれました。

…実際、もうダメなんだわ、と
挫けていたのです。

その後、
初めてマンツーマンで
授乳指導をしてもらって、

血がにじむ乳首が痺れて
苦行でしかなかったのが、

姿勢ひとつでだいぶ緩和されて、
楽になりました。

『お乳、ちゃんと作られていますよ。
きっと、これまで何時間も与えていたことも
無駄にはなっていないと思います』

嬉しかったなぁ…

この指導が無かったら、
私は帰宅してから迷わず、

完全ミルク育児に
移行していたでしょう。


3-22-45

病院で食べる
最後のお昼ご飯は、

学校給食でも大好物だった
麺類!

天ぷらうどん、美味しい〜

退院に伴い、母子ともに
検診を受けました。

穹は聴力検査などを。

私の検査中、主治医の先生が

『若井さんは、俺、
絶対帝王切開になると思って、
支度してたんだけど、

赤ちゃんがね、

こう…奇跡的に頭を尖らしながら
するするっと降りてきたんですよ。

スポーツで言ったら、
新体操の技みたいだったな。

見事に。』

ありがとう…と、また少し
泣きそうになる。

そして、この病院で産んで
良かったなぁと思いました。


3-22-46

会社の中休みに、
穹を見に来た夫。

病院で過ごす時間も
あと僅か…

産後の5日間はとても濃密な、
育児ブートキャンプだった!

逃げ出したくなる、
新入社員の合宿みたい。


3-22-47

いつの間にか、雪がやんで
光が射しています。


3-22-48

母が迎えにきてくれて、

さぁ、穹さん。

外の世界へ、行こう!


3-22-49

実家に戻り、

夫が夜に買ってきてくれた
お祝いのイカゲソサラダ入り
すし詰め。

私の大好物だもんね…ありがとう。


4-9-10

ここから更に、
1ヶ月半以上の日々が
重なる中にも、

様々な泣き笑いが
ありました。

小さな命の記録を
時おり覗いていただけたら
幸いです。

(仕事を再開したら、
入荷商品の話題なども!)