11-28-17

入荷商品のご案内。


11-28-16

てりてりツヤツヤに
使い込まれた
持ち手つきの籠。

(穴等の欠損はありません)


11-28-15

触りごこちにうっとり。
少し昔の縮緬です。


11-28-14

喫煙道具や矢立てなど。

シンプル。


11-28-13

必要な方へ。

着物と着付け道具一式を
コンパクトに持ち運びできます。


11-28-12

紬の生地がおしゃれ。


11-28-11

大島も男物のアンサンブルが
数点入っています。

(バラ売りしているので、
着物だけ残っていたりします…)


11-28-10

すぐに活躍しそうな、
帯やコート。


11-28-9

はなやか襦袢。


11-28-8

紬の羽織。


11-28-7

上手の紬着物も。


11-28-4

品薄だった正絹ハギレも
追加で入荷しています。


11-28-22

ストーブでリンゴ煮。

スライスして適当に塩をふり、
じわっと出てきた水分で
ことこと。毎冬の楽しみ。


11-28-21

物々交換でいただいた
手作り石けん。

海洋深層水とか、
インドの香木とか、
カロチンとか。中身にもワクワク。

自分のところで作れるものを
他の人が作れるものと、交換してく。

小さな生活サイズなら、
半分くらいのことは
そんな風にして賄えるのかも。


11-28-20

自家製のサツマイモに寒天、牛乳。
甘い芋ようかん。ごちそうさまー!


11-28-19

美しい大学芋。

私が作るとタレがカチカチ、
べっこう飴になりがち…

玄米の米飴で、
久々にやってみよう。

こちらも頂き物な
ルイボスチャイが、
感動的に美味しかった。

オーガニックスパイス使用。

皆さん、いいものを知ってるなぁ…。

普段の生活の圏外を、
ちょこっと垣間見る。


11-28-23

本を読むことに似てる。

疑似体験できるのは、
自分以外の誰かが、
そのポジションを生きているから。

この場所では
当たり前の日常を、

誰かに手渡すと
特別になる。


11-28-6

雪見市ミーティング5回目。

みんなと同じ職場に居なくても、
仕事ぶりは想像にかたくない。

デキるデキないよりも、
(最初はやれなくて当たり前…)

適材適所の度合いと
本気さの加減で、

姿勢は大きく変わるのかも。


11-28-5

怠けて楽して、
誰かに仕事を任せたから
身に付かなかったことが、

こんなに沢山あるのかー…と、

みんなの動きを見ていると、
思い知らされる。

逃げないで、やってきたから
身に付けてきたんだろうな。


11-28-1

親業もこれから。

両親学級で、相変わらず
旦那さんの動きは的確。

(姪っ子経験のスキル分だけ)


11-28-3

一緒に出席した他のおうちも、
女の子が生まれる予定だった。

(今、お腹の中でこんなかな?の想像図)


11-28-2

雪囲いも私よりも
3倍は早く終わっちゃう…

体力や体格差や、そもそも
苦手なことだとしたら、

私の得意なことで、
何が交換できるかなぁ…

今は、貰うばかりでも
卑屈にならないこと。

生まれながらにいただいてる
ギフトを早く見つけること。

自分にも、もう少ししたら
会える娘にも、
そんなスタンス。

一緒に育っていこう。
いくつからでも、大丈夫。


11-28-18

奏くん4ヶ月。

ぎゅーーーーと握られる指先。

生きてる意味?

そんなの。

生まれてきたことだけで、
クリア出来てる。

生きてく喜びは、
何を渡してゆけるのか。

生まれてきた世界へ、
ギフトを贈りかえす。