入荷商品のご案内から。

11-22-8

名古屋帯。


11-22-7

色とりどりの美しい残糸で
織られています。


11-22-6

日本もアジア文化圏…。


11-22-5

詰め放題コーナーには
時折、着物やハギレを追加中。


11-22-4

帯も増えてます。

一袋みっちり詰めて
1,000円です。

着物だけで、
4ー5着はいりますよ。


11-22-3

昔タンスから、
買い出したてほやほや。


11-22-2

このところは、
古い浴衣が豊作です。


11-22-1

手ぬぐいの意匠にも
ぐっと来る。

袋物の内側にチラリと
どうぞ。

密かに人気のある
麻の葉柄のオシメ(未使用)も
反物で出てきました。

こちらは洗濯中。


11-22-11

連休に買い出してきた
中型家具類が数点あるのですが、

雪と雨の合間をぬって
掃除&店内へ運び込みます。

写真は、
持ち主の方が緑色に塗り込めてから
そこそこの年数を経ていて面白い、

100年ほど前の
小さめな和箪笥。
(掃除前)


11-22-20

母親学級後期に参加。

病院の3階は眺めがよさそう。

ここに5日間ほど、
入院するのかぁ…。

見学会では分娩室と陣痛室にも
入ることが出来て、

今まさに、
陣痛のまっただ中の
妊婦さんの声が、

カーテンの向こう側から。

…現実的になってきたなぁ。


11-22-23

同じクラスで久々に
再開したひとは、
私と同じ頃に妊娠、そして出産予定。

さらに、旦那さんとの
年齢差も同じだった。

だけど、違うのは
産後にモーリタニアへ
引っ越すこと。


11-22-24

六日町駅西口方面にある
美味しいケーキ屋 Vichyさん。

記憶の中ではベビーカーに
乗っていた娘さん、
どんどん大きくなって…


11-22-22

くまシフォン美味!

キャラクターものには期待しない…
という、観念を払拭される。

7、8年後、トルコかヌアクショットで
子連れ再会しましょ〜と語られる
現時点では夢のような約束も、

いつか、ひっくり返るのかも。

そこに至るまでの年月は、
問わず。ならば。


11-22-12

産前最後の
訪問になるかもしれない場所へ
ちょっとずつ。

十日町、I (アイ)の巣。


11-22-13

里山の一軒家。


11-22-14

階段箪笥から、

自家製味噌入りの
大きな瓶がでてきたり、

3歳になった
もっこちゃんの綿入れは、
相変わらず可愛い。


11-22-18

惜しげなく使われている
取り皿がいちいちヨシ…


11-22-19

竹をくべる。

いろりを囲む。


11-22-15

持ちよりご飯。

意味の込められた1品以外は、
見事に全てが菜食料理だった。


11-22-16

生まれて半年のワンコ、
タビが仲間入りしてる。

これから始まるね。
楽しみだね。


11-22-17

欲張って、あれもこれも。

ストーブで玄米餅を焼き、
お豆豊富なミネストローネスープで
あったまる。


11-20-9

ベジタリアンだけれど、
今は魚を食べる生活。

野菜に関しては、
根っこから引き抜いて、

自分で命をいただける。

葉っぱを食べる虫も、
気持ちよくはないけれど、
殺生できる。


11-22-10

(また別のお宅で人なつこく
遊んでくれた、
おはぎという名前の猫)

命の価値とは換算できない、

殺生の際に必要な力には
ヒエラルキーがある。

私に鶏は、まだ殺せない。

飢えたら本能で、
ちゃんといけると思うけど。


11-22-21

大好きな甘いものは
柿を干したりして、
そこから砂糖をとれるかな…

自給自足の生活になったら、
ミルクは今ほど飲めなくなるだろう。

今のところ、
口にする物はそんな基準。

だけど、ほんとは
お米を育てられない…

知識が無いから。


11-20-8

同じ場所に人に活動に、
重心を置き続けていると、
頭や心が苦しくなる。

離れた場所へ出かけると
肉体的には疲れても、

ずいぶん楽になります。


11-22-9

予報では明朝、雪。

晴れた日の虫たち。

儚さに悲しくなったところで、
自分だってそうだからなぁ。

せっかく飛べるなら、
笑えるなら、
優しくできるなら、

それを今やれるなら。

惜しげ無く。


11-22-25

*追伸

雪見市2014開催への
協賛金のご協力、
ありがとうございました!

この数日で、更に7件ほど
集まったようです。

24日までのお申し出で、
フルカラーチラシに
お名前が入れられます。
(入稿ギリギリですが…)

宣伝効果は高いはず!

もちろん、これから本番まで
協賛募集は続けられます。

一個人としてのお心付けも
本日いただいて、

これで屋外に数時間居なくてはならない
スタッフさんに、
少しお礼ができるかな…??

と、用途は果てしない。

だけど、壮大な予算を組んでいたら
始められなかったことも確か。

感謝します<(_ _)>