入荷商品のご案内から。

11-15-33

お食い初めの時に
作ったんだったかなぁ…という
割と新しめの女児晴れ着ですが、

11-15-32

鶴が童顔で、かわいい。


11-15-31

男物、
木綿のアンサンブルは
少し珍しいような。

こちらは羽織。

着物の方は、
一部にカビ浮きがあったので、
(まだ白カビなので、洗えば問題なし)

ほぐし始めました。


11-15-30

しぼりの三尺。


11-15-29

この2本は、
微妙に染め色が異なりますが、

双方、総絞りで、すばらしい。


11-15-28

伸ばせば浮き上がる
鹿の子模様。


11-15-27

こけしと雪ウサギが
かわいい布。


11-15-25

ちょっと大きめな片口。


11-15-26

サラダボールなどに。


11-15-24

底に入っているヒビは

釉薬部分だけの浅いもので、
底まで貫通はしていません。


11-15-23

なかなか数がたまらない
雪ん子絣のほぐし布…


11-15-22

身長170センチちょっとの男性が
毎年お正月に着ていたアンサンブル。


11-15-21

襦袢はこちらでした。


11-15-20

角帯も、織りの良い物が。


11-15-19

ほっこり小さな米袋と巾着。


11-15-34

11月17日、18日、十日町で
本格的な折り体験ワークショップ。

織り込みたい布を持ち込めば、
裂き織りもできるそうですよ。


11-15-18

五十沢集落の冬の朝。

電線が凍える。
部屋の中はあったかい。


11-15-17

mog 2 さんの、
ジンジャーココア。

寒くなってからが
美味しい飲み物や食べ物。

土鍋を出してきて、
順番に作り始める。

冬って楽しい!


11-15-6

イチョウのストライプ。


11-15-7

初雪ながらよく積もりました。

峠越えは、夜には気温0度に。


11-15-8

人の子の成長は早い、って
言うけれど、

(1歳超えた子供たちが
のきなみ喋り始めてる…)


11-15-34

自分のお腹も早い。

(95%女の子ですねーと
言われながら見たエコーの画面、
…丸いふたつはどこにも見当たらない)


11-15-1

妊娠8ヶ月目に入りました。

体も問題なく動いて、
仕事できるのがありがたい。

無理は禁物だけれど。

買い出しに伺った先で
《あらー古道具屋を呼んだら、妊婦が来たー》
という顔を見るのが、ちょっと楽しい…


11-15-14

休日に峠を越えて、
素敵な場所へ。


11-15-16

立派な調度品。


11-15-12

いろり端で、
抹茶をたてていただき、


11-15-13

甘ーい抹茶ラテと、
手作りカボチャプリンも。


11-15-11

国道沿いに面しているとは
思えない静寂。


11-15-10

お手洗いの窓は、
ステンドグラス…。


11-15-9

この空間に、主のギターが
不思議と似合います。

期間限定のカフェを画策中。
この場所に現れるかも。

夢が形になる様子を
眺めるのが好き。

形になってからも勿論。


11-15-15

十日町シネマで、
ゆっくり映画鑑賞。

それだけで、いい休日…

産まれてしばらくは
行けなそうな場所が
多いなぁ。

でも、スイッチが切り替わって
違う世界が始まって、
行けなかった場所へ
入れるようになる。


11-15-3

十日町本町のZIKKAさん。


11-15-2

ラフな内装あしらいがかっこいい。


11-15-4

地元の建築士さん5人ユニットが
耐震補強のアドバイスをしたという
構造がデザイン的で、また、よい〜。


11-15-5

750円のお魚ランチ。

求人に《60歳以上のお母さん》という項目が。

そんな地元のお母たちが作る、
まっとうな田舎料理。

美味しいです。もちろん。

だけど、若い娘さんや
そのお母さん(より多分、上)世代が
たまたま居合わせて、

そのまま同席しちゃったり、
コミュニティとして機能していました。

それが、すごいなぁ。と。

この次の日にも、
再び十日町へ行ったのですが
それはまた次回の更新にて。