6-22-24

また少し更新に
隙間があきましたが、

いつも見に来ていただいて、
ありがとうございますm(_ _)m

梅雨らしいお天気の日も
晴れた日も、
営業しています。


6-22-4

写真は、嬉しい差し入れ、
季節素材のお弁当。


6-22-2

こちらもいただいた
トムヤムクンスープ味の
甘いクレープ焼き菓子。

…からい、うまい、夏だーー


6-22-31

大雨の中、雨合羽で
田んぼに入ってるお年寄りを
方々で見かけました。

働き者!という一語で
片付けたら簡単だけれど、
感謝。


6-22-21

プランター植えの
ルピナス周辺だけ何故か、
キノコの国になっていた…


6-22-20

日々目に見えるほど、
丈が伸びてく
ヒマワリ。

鉢、ちっちゃかったか…

*着用してる
バリバティックのタイパンツ、
フリーサイズで男女共用、

2,580円で販売中です。

バリのいいものやさん
オリジナル商品。

ダブルステッチの
丁寧な仕事なのに、
リーズナブル!


6-22-27

バリのマーケットから直輸入の
パサールバッグも好評です。

ザブザブ洗えて、
持ち手は二重仕様。

かなり大きな
Lサイズが1,890円。
Mサイズは1,600円。

Sサイズ1,380円は現在、
品切れ中。


6-22-28

アスチルベと三角フラスコ、

持ち手と蓋がついた箱は、
昔、お豆腐を買いにいく際に
使ったものです。


6-22-26

ホタルブクロ。

そろそろ、
蛍見物にいい頃合い。


6-22-25

小さく見えますが。

(全高60cmあります)


6-22-30

夏帯や袋帯など
新たに入荷しています。


6-22-29

上記2枚の写真の帯は、
状態良好で3,000円前後。


6-22-22

店舗の庭先で
スクスク杉の子。


6-22-23

若々しさと
冬を越えた風格と。


6-22-19

八海醸造さん発行の
季刊情報誌『魚沼へ』

最新号が届きました。

今号は友人知人特集だった…


6-22-6

二人三脚の集団ツアー
みたいに、

みんな一緒に
歩んでるような。

それぞれの歩幅で
だけれど、
同じ場所で同じ時代に。


マルシェポスター

うおぬマルシェ出店枠、
もう少しあります!

7月から告知と露出も
多くなってゆきますよー

山裾の公園で夏のイベント、
一緒に楽しみましょう☆

→詳細は〈公式ホームページ〉へ。


6-22-15

休日のお出かけ。

浦佐の美味しいジェラート屋、
ヤミーと同じ通りに
入り口があります、

すずカフェ・エイブル


6-22-16

大きなガラス窓の外には
八色の森公園の緑。

最高の立地、
最高の隠れ家!

4月20日にオープンしました。


6-22-32

越後杉をふんだんに使った
気持ちのいい空間。

(パンは14時過ぎに行ったら
ほぼ売り切れだったー)


6-22-18

国産果実の良質な
100%ジュースが
一杯250円だったり、

シフォンケーキと
ブレンド珈琲を一緒に頼んで
400円…

キッズスペースや
木のおもちゃ、絵本も。


6-22-17

次はランチで利用したい♪

現在は絵の個展も
館内で見られますよー。

日、月曜日がお休み、
11時~15時30分までの営業です。


6-22-3

雨の日。

六日町温泉の
御宿 龍言さんへ。


6-22-8

雪見市から、
季節が二つ巡りました。


6-22-12

かわいいクモの巣人形、
夏らしいな。


6-22-13

星が散っている、
睡蓮の池。


6-22-11

梅雨の空気。


6-22-7

この日は、
藍染め体験でした。

宿の奥の奥に、
秘密?の工房があります。


6-22-10

よく発酵している、
スクモで建てた藍。

酸化する前の一瞬、
最初に染まる色は、緑。


6-22-9

私は黄ばみが気になっていた
リネンの服を持参して、
青く。

少しだけ、
グラデーション。


6-22-14

タオルやハンカチ等も
染めた後に、

安穏亭さんでランチ。

公開ワークショップのご案内が
整い次第、リリースされる筈。

次は青いワンピースが
欲しくなったり、

先生から聞いた
松煙染めが気になったり。

古布でなら日常的に
触れている藍だけれど、

(とても一般的な
染めだったのですねー)

今、またその力を
身近に引き寄せるのは、

とても楽しくて有意義だと
思われました。

(布を強くするし、虫除けにも!)


6-22-5

割と誰にでもあるような
出来事がたくさん、

隣近所では
日々流れるように
溢れていて、

人生が進む。


6-22-1

それでも、

ひとりひとりには
スペシャルなのだ。

それは、忘れないでいよう。

毎日は思い出さなくても、
ずっと覚えていよう。