*写真がとても
(60枚)多いです。

ざーっとどうぞm(_ _)m

11-15-4

里に、
初雪が降りました。


11-15-1

このところ、
よく食べるのは菊の花。


11-15-2

ゆがいて
甘酢でいただきます。

観賞用との違いは
農薬の量らしい。

おおむね、
美味しいそうな。


11-15-3

始まったこと。

南魚沼市初?の
クラフトマーケットを
立ち上げます。

作り手さんの市、
というだけでもなく。

町歩きマップからの流れが、
密やかに。

【エキシビジョン】
表現の展示。

来春1月20日(日)
その日を目指して。


11-15-5

休日もよう。

十日町キナーレ内にある、
信濃川バルでご飯。


11-15-6

白みそのカルボナーラを
お肉抜きで。


11-15-7

デザート3種盛り。

津南ニンジンのケーキなど、
地元素材が満載です。

本格的な
エスプレッソを
お供に。


11-15-8

食後に
本が読みたくて、

キャラメルマキアートを
おかわり…

個性的な棚の蔵書たち、
デザートとコーヒーと
音楽と座り心地の良い椅子。


11-15-10

天井のまん丸、
風で動いているのだと
思い込んでいました。

じーーーと見たら、
電動だった。


11-15-9

分かりにくいですが、

葉っぱや花びら、
ほおずき等、

拾い集めた宝物を
繊細なクリップでとめる

アクセサリーたちに
一目惚れ。

金色のペンダントを
買いました。

丸めた紙とか
小さなハギレを
ペンダントトップに。

…最高だ!

包装紙も可愛い。

バルのスタッフさんたちは
とても楽しそうに仕事をされている。

ディスプレイやお花の飾り方、
気遣いとか。

現れている物ごとが、
心地いい。


11-15-11

この日の目的地は、
温泉。

その前に、

竜が棲まうという
聖域(龍ヶ窪:りゅうがくぼ)へ。


11-15-12

青空だったのに。

この場所に居る時だけ
徐々に雨雲。

そうだ、水の神様…。


11-15-13

素晴らしい透明度。

この場所の湧き水は、

日本の名水100選に
数えられています。


11-15-14

ほんの近くの温泉施設へ
辿り着いたときには、

再び青空…


11-15-15

塩っぱくて成分の濃い
良いお湯でした。

売店も、
地元野菜や加工品が
充実していて、たのしい。


11-15-31

また別の日の
休日もよう。

高速バスで新潟市へ。
(六日町から2時間弱、1740円)

…川沿いの作業小屋って、
ほんと、たまらない…


11-15-32

久しぶりだね、
レインボータワー!

出掛けの曇天が、
回復の兆し。


11-15-33

朱鷺メッセ最上階、

360度を見渡せる
展望台。


11-15-34

第一の目的地。

現代アートの作品展


11-15-35

…多種多様な表現が。

【ジパング展
  沸騰する日本の現代アート】

新潟県立万代島美術館
12月2日まで。


11-15-36

外にでたら、
おーーー

晴れてる♪

前方に朱鷺メッセ、

右側は第二の目的地。

水と土の芸術祭
メイン会場です。

最近まで使われていた
万代島旧水揚場を、
丸ごと再利用しているそうな。

こちらの会期は、
12月24日(月・祝)まで。


11-15-37

ここは新潟港。

海鳥がカラスより多いなーー


11-15-38

チケット売り場は
巨大水槽。


11-15-39

会場案内図。

右にある
フライヤー入れも
ボロボロで素敵だ。


11-15-41

売店は元購買部。


11-15-42

狭かったり広かったり、

空間の使い方が
楽しくてうまい。


11-15-43

参加型の作品も。


11-15-40

この中に
紛れ込んでます。

お魚パズル。


11-15-44

作品よりも…

作業中のお父さんが
絵になってるよ。

うん。

この感じは、
大地の芸術祭と同じだわ。

生活の気配や人が
そこにあってこそ。


11-15-45

結構な古布が
ぶら下がってます…


11-15-46

写真作品。


11-15-47

繋がる扉。


11-15-48

切り抜かれた壁は、

あえてこの状態で
仕上げをしなかった…?


11-15-49

長い食卓です。
とても。


11-15-50

この棚の容量だけで、
商売したい。

まず、何を入れましょう。


11-15-51

再生。

生まれ変わった姿は
多分に実用的ではないけれど。

美しい。


11-15-52

汲み上げられた海水が
雨のように落ちて、

また地面を伝い、
そのまま海へかえってゆく作品。


11-15-53

黒い油が満たされた水槽に
映る、天井のあかり。


11-15-54

破壊のあとに
降り注ぐものは…。

ひとが居なくなったら、

語られることも無い。


11-15-55

別の建物。

こちらには、明るさが。


11-15-56

建物内に土盛り、
緑化。大賛成!


11-15-57

迷路のような。

かがんで探検。

本気で住みつきたい
部屋も、ありました。


11-15-58

船に乗りたかった。

水上クルーズ。
45分間の船旅へ。

夕焼け空は
見られなかったけれど。

エビせんを買って
待機したものの、

ねぐらに帰った
カモメたちにも
ふられたけど。


11-15-59

音楽が気持ちよくて、

帰り道はほとんど、
うたたね。


11-15-60

この日のオチは、

高速バスの乗り場を
見つけられず、

鈍行電車でゆっくり帰宅。
(2時間半、2050円。案外早くて安い)

雨が降っていたから、
六日町駅からインターまで
タクシー利用。

【旅】感あふれる、1日に。



最後に、はやかわ入荷情報。


11-15-16

リサイクルウール、
アクリル、やわらかウール、

大判のラグマット、
入りました。
(140×210cm前後)

これ1枚で、足元ポカポカ。

全てインド製で、
2,940〜3,200円です。

*フローリングでご利用の際は、
滑り止めを間に挟んで下さい。


次回は12月初旬ごろ、
再入荷の予定です。


11-15-17

買い出しがいくつか続き…
どさどさ…

この状態よりは、
片付きました。

どんどんお掃除して
品だし中。


11-15-18

ムシロかゴザを
編む為の道具。

かっこいいです。

大判の本を立てたら、
というご意見が。

なるほど。


11-15-19

買い付けの際は、
厳選しています。

そんな着物たちの一部。


11-15-20

拡大するとこんな風。
素敵な紬。

昔の着物たちは
サイズが小さいため、

生地としての
ご利用が前提。

その分、とても
チープフルプライス。


11-15-21

この着物生地は
きっとかわいい洋服になる…


11-15-22

戦前〜大正時代の羽織裏。


11-15-23

あえて顔を見せない
描き方がオシャレ。


11-15-24

帯もいろいろと。


11-15-27

ハギレも。


11-15-28

可愛い生地の
補修には、

やっぱり
めんこい布が。


11-15-26

御所車の大行進。


11-15-25

ビル街?が
描かれているのに、

沖合いには帆船。

昭和20-30年頃の
布でしょうか。


11-15-29

鮮やかな、錦紗縮緬。


11-15-30

頂き物の花材を、
お裾分けしています。

お客様の庭仕事の、
副産物。

いろんな差し入れに
感謝 m(_ _)m



週末のお出かけが、
楽しいものになりますように♪