6-9-10

美しい蔵の模様。

明治○年云々と
箱の裏に書いてあるような
道具の命たちに触れていると、

100年なんてあっという間だ。


6-9-1

奥のお神酒どっくりは
江戸のもの。


6-9-11

買い出しの帰り道。
松之山から津南へ抜けて。

この景色のどこかに、
おばあちゃんが居ます。
(豆粒大、大樹の木陰の山道に)


6-9-12

ズーム。

こんな風に暮らし使われた
道具たちが今、手元にあります。


6-9-2

ボロボロだって美しい。

手前の紙包みの中は…


6-9-3

ガラスものでは
一番好きかもしれません。

ハエ取りの道具とは
とても思えない美しさ。

カールした足もかわいい。


6-9-4

洗濯してすぐに
お嫁にいった刺し子の
大風呂敷も素敵だった。

本藍染めで手紡ぎ手織りの木綿地で。
明治位のものだったろうか。


6-9-5

買い出しが数回続いて、
洗濯したり磨いたり。

少しずつ。


6-9-6

梅雨の訪れとともに
夏の盛りまで、

魚沼市でカゴバックを
作られているDECO(星ヒデ子)さんの

かわいい作品たちが
いくつか並びました。


6-9-7

ヒデ子さんの装いは、
いつもかわいい…

洋服を作ったあまりギレに
綿を詰めてコサージュに。

指輪はガラス工芸作家さんの
パーツだけ買って、
自分で指輪に仕立てて。

(彫金はカゴ作りよりも早く
習い始めたのだそうな)


6-9-9

いろいろ。


6-9-8

小さめは6,500円〜6,800円。
大きいみだれ編みバッグでも18,000円。

皮の持ち手は自分で染めていたり、
こだわり随所に。

夏のお出かけに、
今年からずっと先まで
心地よいお供になってくれるでしょう。

100年後にはどんな顔。

一部の道具たちが残ります。
時間の流れは、あっというまだもの。